MENU
ハイローのサイドバナー用
  • 口座開設で5,000円ボーナス!
  • 海外バイナリー業者人気No.1
  • クレジットカードで簡単入金!
サインツールでハイローを攻略!
幕末サインツールの画像

バイナリーオプション専用!幕末サインツールで安定して勝つ!

幕末ライン@で攻略情報をGET

幕末ライン@では、バイナリーオプションのツールや攻略情報を無料で発信中!

友達登録してトレーダー必見の情報を受け取ろう

【完全無料】バイナリーオプションのデモトレードを試す

バイナリーオプション2時間判定の攻略法【国内バイナリーの勝ち方】

\ 5,000円キャッシュバック開催中 /

バイナリーオプションと聞くと、10分以内の短期的な取引を連想する方が多いです。

しかし、国内で運営されているバイナリーオプション業者では、2時間の長期判定を提供している会社があります。

本記事では、バイナリーオプションの2時間判定攻略法について詳しく解説をしていきます。

目次

2時間判定のルール

海外バイナリーオプション業者では、2時間判定を提供している会社はありません。

バイナリーオプションの判定時間は以下の8種類です。
※2時間判定は国内業者のみ取り扱いがあります。

上のボタンを押せばそれぞれの攻略法を見ることができるぞ。

2時間判定を設けているのは、以下のような国内の証券会社になります。

  • IG証券
  • FXプライムbyGMO
  • 楽天証券
  • みんなのオプション
  • ヒロセ通商
  • オプトレ!

全ての会社で判定時間があらかじめ決まっており、2時間単位で設定されているというルールになります。

IG証券の判定時間を例に見てみましょう。

取引開始注文受付終了取引終了
1:00(0:00)2:58(1:58)3:00(2:00)
3:00(2:00)4:58(3:58)5:00(4:00)
5:00(4:00)6:58(5:58)7:00(6:00)
7:00(6:00)8:58(7:58)9:00(8:00)
9:00(8:00)10:58(9:58)11:00(10:00)
11:00(10:00)12:58(11:58)13:00(12:00)
13:00(12:00)14:58(13:58)15:00(14:00)
15:00(14:00)16:58(15:58)17:00(16:00)
17:00(16:00)18:58(17:58)19:00(18:00)
19:00(18:00)20:58(19:58)21:00(20:00)
21:00(20:00)22:58(21:58)23:00(22:00)
23:00(22:00)翌日0:58(23:58)翌日1:00(24:00)
2時間判定通貨ペア取引の場合
()内:夏時間

例えば、判定時間が23時00分の取引をする場合は、エントリー開始が21時からできるという仕組みです。

エントリーしたタイミングから逆算されるのではなく、常に終了時間が決められた取引と認識しておきましょう。

(例)23時判定の場合→21時から22時58分までエントリーが可能

注文受付終了時間は、判定時間までの2分前までです。(IG証券の場合)

また、国内バイナリーオプションと海外バイナリーオプションでは、利益の出し方が異なります。

海外バイナリーオプション
国内バイナリーオプション
  • 判定時間に少しでも思惑方向に相場が進んでいれば固定のペイアウトが付与
  • 判定時間に事前に設定した価格へ到達していれば利益(設定価格がエントリー時の価格よりも遠ければペイアウトも上がる)

国内バイナリーオプションでは、事前に目標価格(判定時間までにどの価格に達しているかの予想)を決める必要があります。

その目標価格から現在価格のレートが近いと、おのずとペイアウトも低くくなってしまうのです。

このような性質から、国内バイナリーオプションにて判定時間までの2分前ギリギリといったエントリーをしまっては、思うように値幅が抜けず利益を出すのは難しくなります。

そのため、国内バイナリーオプションで取引する際は、2時間という長い時間を満遍なく使って大きな値幅を狙う方が有効と言えるでしょう。

海外ルールも含めてバイナリーオプション攻略法は別ページにまとめているぞ。

2時間ルール攻略のポイント

判定時間が2時間と長ければ、様々な手法を駆使して取引ができます。
バイナリーオプション2時間判定を攻略する方法に正解はなく、自身に合った手法を身につける事が重要です。

次はそんな、2時間ルール攻略のポイントについて見ていきましょう。

逆張りを使うか順張りを使うか

バイナリーオプションの取引では、仮に負けたとしても損失額はエントリーした金額のみです。
判定時間までに思惑方向へ値幅がついていれば勝ちとなります。

短期判定の海外バイナリーオプションでは、値幅は関係なくペイアウト額が固定されている事から相場の天底を狙った逆張りが有効とされています。

しかし、2時間判定のある国内バイナリーオプションでは、目標価格に達していなければ利益にならないので、ある程度値幅への意識をもっておかなければいけません。

そのため、2時間判定のように長い取引スタイルでは、逆張りだけではなく順張りも有効と言えるでしょう。

逆張り
順張り
  • トレンド転換やレンジの反発を狙うので値幅が抜けにくい
  • トレンド方向に乗っかったエントリーをするので、値幅が抜けやすい

ただし、どちらを使うかは正解などないので、自身で使いやすい方を選択しましょう。

トレンド相場を狙うかレンジ相場を狙うか

先ほどの順張りか逆張りかと同じように、トレンド相場を狙うかレンジ相場を狙うかも攻略のポイントとなります。

トレンド相場
レンジ相場
  • 価格が一方方向に伸び続ける相場
  • 価格が一定水準の高安値を行き来する相場

為替相場ではトレンド相場が3割、レンジ相場が7割と言われており、レンジ相場の方が圧倒的に多いです。
しかしこれは、為替相場の時間帯にもよると言えるでしょう

深夜帯から日本時間の夕方15時くらいまでは、市場参加者が少なくレンジ相場を作りやすいです。

しかし、15時以降になるとロンドン市場がオープンして活発な相場変動をもたらします。
また、夜22時頃にはアメリカの市場が開場するという事もあり、さらにトレンドを作りやすくなるのです。

つまり、2時間判定を攻略するポイントは、自身がどの時間に取引をするかによります。

・日中しか取引できない人→レンジ相場の手法を極める
・夕方から夜しか取引できない人→トレンド相場の手法を極める

といったように、自身の生活スタイルに合わせて極めていくと良いでしょう。

取引をする銘柄

格社で提供しているバイナリーオプションのサービスには、様々な銘柄が提供されています。

国内人気No1のバイナリーサービスである、IG証券を例に見てみましょう。

通貨ペア(7種類)株式指数(11種類)貴金属(2種類)エネルギー(1種類)
USD/JPY
GBP/JPY
EUR/JPY
EUR/USD
AUD/JPY
GBP/USD
AUD/USD
日本225
ウォール街
英国FTSE®100
ドイツ40
フランス40
スペイン35
オーストラリア200
インド50先物
シンガポール優良株先物
香港HS
中国A50
NY金先物
NY銀先物
WTI原油先物
IG証券の銘柄一覧

通貨ペア以外は、各国の取引時間に基づいた時間制限があります。

株式指数に関しては、取引時間制限に加えてファンダメンタルでの要素で動く銘柄であると言えるでしょう。

ファンダメンタル

投資家心理に基づいて売買が行われる事。マーケットニュースやその時の国ごとの経済状況が顕著に表れる。

新型コロナウィルスやリーマンショックといったような、世界情勢を揺るがす出来事だけでなく、小さな指標などで売買動向が変わってくるのです。
また、エネルギー銘柄も同じで、原油価格の動向は市場のニュースや各国の経済状況に左右されやすくなります。

そのような事を考えると、狙うべきは通貨ペアでの2時間取引であると言えるでしょう。

通貨ペアの動向はテクニカル分析で取引をする方がほとんどです。

テク二カル分析
トレンドの強弱や相場の売られすぎ買われすぎ水準などを分析して、過去統計などをもとに価格変動の予想をする分析手法。

もちろん、相場状況によっては市場を揺るがすニュースによって大きな変動を招きますが、基本的にはテク二カル分析を極めて淡々とエントリーすれば期待値を追えます。

2時間判定を攻略するには、テクニカル分析で通貨ペアに絞る方が効率の良い取引ができるでしょう。

バイナリーオプション2時間ルール攻略法5選

次は、バイナリーオプションの2時間ルールで使える攻略法を5つ紹介します。

前述した、トレンド・レンジ・順張り・逆張り全ての攻略法を解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

レジサポラインの転換を狙った攻略法

2時間判定では、レジサポラインの転換を狙った攻略法が有効です。

  • レジスタンスライン→現在値から上にある抵抗線
  • サポートライン→現在値から下にある抵抗線

簡単に言うと、高値ラインがレジスタンス、安値ラインがサポートラインとなります。

為替相場では指値という予約型の注文方法があり、直近の高安値圏に水平線を引いて注文を入れる方が多いです。

それまでサポートラインとして機能していた線は、価格が下値にブレイクした際に高値の抵抗線に切り替わるケースがあります。

これをバイナリーオプションの2時間ルールで使うと効果的です。

  1. チャートを5分or15分で表示
  2. 直近の意識されている(反発回数が多い)高安値に水平線を引く
  3. 価格がラインを破ってきたところで、その方向に向けてエントリー

このような流れです。

下落をしてきた例に見ると、その後は仮に高値へ挑戦したとしても、その前に安値ラインとして機能していた価格が支えとなって下落を後押しする可能性が高まります。

その結果、上昇をすることなくエントリーしたポイントから下値の値で判定時間を迎えるのです。

30分や1時間といった時間足や1分足といった時間足は合わないので、5分か15分足を使う方が良いでしょう。
あくまでも、2時間後に思惑方向へブレイクしてくることが狙いです。

トレンドの初動を狙った攻略法

次は、トレンドの初動を狙った2時間取引攻略法を紹介します。

トレンドの初動を狙う際は、三角持ち合いというチャートパターンが有効です。

三角持ち合いとは、価格の平均値が徐々に小さくなって三角の形を作る事を指します。
この状況では、投資家たちが様子を伺っている状態と捉えられるのです。

投資家の心理に「次にブレイクした方向へエントリーしたい」という意識が生まれることから、次に大きく価格が動いた際にエントリーが集中します。

2時間判定でも有効な相場の波乗りと言えるでしょう。

  1. チャートを5分or15分で表示
  2. ローソク足が三角持ち合いを作っている事を確認
  3. 三角持ち合い後に2~3本のローソク足で大きくブレイクした方向へエントリー

このような流れになります。

ローソク足1本で大きくブレイクした場合は相場のだましに合いやすいです。

為替相場は急騰急落後に反発をする傾向にあるので、5分足や15分足でのブレイクでは特に信憑性も低くなってしまいます。
ローソク足2~3本で徐々に抜けてきたところを狙いましょう。

また、こちらも1分足では短く、30分や1時間足では2時間判定を狙うのに長すぎます。
5分足や15分足を活用して、トレンドの初動を狙いましょう。

上位足のレンジを狙った攻略法

次に紹介するのは、2時間判定逆張り手法となります。

逆張りをする際は前述した2つのバイナリーオプション攻略法とは違い、1時間足を使いましょう。

手順は以下の通りです。

  1. チャートを1時間足で表示
  2. チャートにRSIをデフォルト設定(期間14)で挿入
  3. 相場がレンジになっている事を確認
  4. 直近の高安値にラインを引く
  5. 相場がラインを超えたorRSIが反応したポイントで逆張りの2時間判定

このように狙います。
この時はローソク足のサイズが大きければ大きいほど良いです。

ラインに到達した箇所ではなく、ラインを大きく抜けたポイントで狙うようにしましょう。

2時間後の判定という事で、1時間足では2本分のローソク足を追う必要があります。

レンジ継続を見越した逆張りで時間足を長めで見るからこそ、2時間判定でも有効性が増すといった攻略法です。

攻略のポイントで解説したように、夕方から夜にかけてはそのままトレンドが続く可能性もあるので、基本的には日中のチャンスを待つようにしましょう。

トレンド転換を狙った攻略法

次は、トレンドの転換を狙った2時間判定攻略法です。
ここでは、2番底というパターンを使います。

2番底とは、下落トレンド発生後に安値圏で2回の反発をしてトレンド転換をするといったチャートパターンです。

狙う手順は以下の通りです。

  1. チャートを5分足で表示
  2. 下落トレンドの発生後、安値圏で2回の反発を確認
  3. 反発して直近の高値ラインを上抜けしてきたら順張りのハイエントリー

このような流れになります。

5分足で見るため15分足に比べるとだましが増えてしまいますが、ここで15分足での分析は危険です。

2番底からの上昇は急騰ではなく、徐々に上方向へ抜けていく傾向にあるので、15分での分析では2時間判定に間に合わないケースが生じます。

しかし、1分足ではさらにだましが増えてしまうので、中間の5分足で分析をするようにしましょう。

押し目買い戻り売りを狙った攻略法

最後に紹介する2時間判定攻略法は、押し目買いと戻り売りを狙った攻略法です。

為替相場でトレンドが発生する際は、一方方向に強く伸びる場合もありますが、たいていは波を作りながらトレンドを形成します。

上昇トレンド
下降トレンド
  • 小さな下落をしながら上昇
  • 小さな上昇をしながら下落

この現象を押し目買い戻り売りと言います。
押し目買い戻りはバイナリーオプションの2時間判定でも有効に活用できます。

  1. チャートを15分足で表示
  2. 移動平均線を期間45で挿入
  3. トレンドを作って一服後、45の移動平均線に到達したところで逆張りエントリー

このような流れになります。
移動平均線の値はあくまでも任意の期間であり、自身で分析しやすい期間があればそちらを選択すると良いでしょう。

また、波の頻発しているトレンドであれば、自身でトレンドラインを引いて、そのラインに到達したところで逆張りをする事も有効です。

2時間という判定の性質上、15分足がベストの時間足になります。

30分足でも問題はないですが、いくらトレンド過程といっても、逆張りで狙うという性質から値幅が抜けにくくなってしまうデメリットがあるので注意して下さい。


今すぐ無料で試してみよう♪↓↓
バイナリーオプションのでも取引はこちら

\\10秒で始められる!/

ハイロートレーダー待望のサインツールが完成!

ハイロー取引で勝てない、分析の仕方がわからない人も多いだろう。
朗報だ。
バイナリーオプション攻略の最終兵器【幕末サインツール】が販売中だ。

\ ハイロー取引完全対応 /

サインが出たタイミングでエントリーするだけ!
パソコンさえあれば導入も簡単よ。

数量限定で販売中よ!
是非試してみてね。

トレーダー必見!幕末ライン@提供開始

バイナリーオプショントレーダーに朗報です。

幕末バイナリーオプションでは、トレーダー攻略情報提供のため幕末ライン@を開設しました。

幕末ライン@では、バイナリーオプション攻略情報だけでなく、バイナリーオプション攻略ツールや業者のボーナスキャンペーン情報を不定期で発信しています。

友達になっておけば、攻略に役立つツールやお得なボーナスの情報をいち早く入手できるぞ。

私達と一緒にバイナリーオプションを攻略しましょう。
友だち登録よろしくね。

この記事を書いた人

会社員でありバイナリーオプショントレーダーでもあるマサヒラでござる。自分が得たバイナリーの知識をアウトプットするだけでなく、バイナリーオプションについてもっと知ってもらい、これから始める人の参考になればとても嬉しいでござるよ!
"小学生にもわかるように"をモットーに、楽しく記事を執筆しておる!

運営者情報を詳しく見る

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次