MENU
幕末ライン@で攻略情報をGET

幕末ライン@では、バイナリーオプションで使えるサインツールを無料プレゼント中!

デモ取引を試してみよう
ハイローのサイドバナー用
  • 口座開設で5,000円ボーナス!
  • 海外バイナリー業者人気No.1
  • クレジットカードで簡単入金!
LINE@で幕末サインツール無料プレゼント中

バイナリーオプション30秒取引のエントリーポイント見つけ方を解説

\ 5,000円キャッシュバック開催中 /

海外バイナリーオプションでは30秒判定といった超短期取引が可能です。
30秒取引は勝率こそ上げにくいですが、高いペイアウトにより資金効率の良い取引ができます。

本記事では、バイナリーオプション30秒判定のエントリーポイントの見つけ方について詳しく解説をしていきます。

関連する人気記事をチェック!
目次

30秒取引エントリーポイントを見つける事前準備

30秒取引のエントリーポイントを見つける前には、以下のようなことを行っておく必要があります。

事前にやるべきこと
  • MT4/MT5の時間足を1分足に表示
  • ローソク足にヒゲが頻発していないかを確認
  • 大まかな相場の方向性をチェック

それぞれを詳しく見ていきましょう。

MT4/MT5の時間足を1分足に表示

30秒判定のエントリーポイントを見つける際は、MT4/MT5の時間足を1分足に表示しておきましょう。

関連する人気記事をチェック!

分析ツールであるMT4/MT5で表示できる最短の時間足は、30秒ではなく1分足です。

今後30秒足が追加される可能性は充分にありますが、現時点では1分足での分析が必須となります。

3分足や5分足などの上位足ではエントリーの精度が落ちてしまうので注意しましょう。

1分足表示は、MT4/MT5画面の上部にある「M1」をクリックすると表示可能です。

ローソク足にヒゲが頻発していないかを確認

30秒判定のエントリーポイントを見つける前には、1分足チャートでローソク足にヒゲが頻発していないかを確認しておくことも重要です。

上チャート図のような、上下にヒゲが頻発している相場であれば、30秒判定を狙うチャンスです。
1分足で上下にヒゲが多く出現しているということは、短期間での反発が見込みやすいという判断ができます。

反対に、ヒゲのないローソク足が多い相場では1分足内での反発が見込みにくいので、逆張りを狙う際に有効ではありません。

トレンド相場であっても逆張りを狙うのであればヒゲが多い方が有利と言えるでしょう。

ヒゲの出現は、銘柄ではなく相場状況や時間帯によって変わるので細かくチェックをしておきましょう。

大まかな相場の方向性をチェック

30秒のエントリーポイントを見つける前には、大まかな相場の方向性をチェックしておきましょう。

狙いたい通貨はどちらの方向に進んでいるのかをチェックすることで、勝率を上げやすくなります。

5分や15分足といった1分足よりも長い時間足でMT4/MT5チャートを表示させましょう。
1分足よりも長い上位足で表示して、上昇トレンドが見られればハイエントリーが強いと仮定できます。

下降トレンド形成の場合も同じように、ローエントリーが強いと判断が可能です。

このように相場の方向性を事前に把握しておくだけで1つ根拠を付け加えることができるので、30秒取引においても勝率アップに繋がります。

【レンジ相場編】30秒取引エントリーポイントの発見方法

まずは、レンジ相場における30秒取引でエントリーポイントを見つける方法を解説していきます。

バイナリーオプションで30秒判定をレンジ内で狙う際は、順張りではなく逆張りが有効です。

レンジ相場での取引を中心に考えている方は、ぜひ下記を参考にしてみてください。

直近高安値を短時間で大きく更新

バイナリーオプションの30秒取引では、直近の高安値ラインを大きく更新してきたらエントリーポイントになりやすいです。

高安値がはっきりしたレンジ内にラインを引いておき、ラインを大きく更新してくればチャンスと言えるでしょう。
ラインを大きく更新してきた価格は、一時的に反発をする傾向にあります。

ラインを大きく更新して1分足が確定すれば、30秒判定での逆張りが有効となる仕組みです。

上図のようにラインを大きく更新するのではなく、ライン付近で停滞した上のような相場では反発が見込めません。

じわじわとラインを更新してトレンドが発生する可能性があるので、レンジを狙う際は短時間でラインを一気に更新したポイントを狙うと良いでしょう。

トレンドが一段落したあとのレンジ相場

バイナリーオプションの30秒取引を狙う際は、トレンドが一段落した後のレンジ相場を狙うと効果的です。

停滞しているレンジ相場や、レンジ相場が長く形成されている相場では、逆張りが見込めなくなってしまいます。

レンジ期間が長いとトレンドの前兆となってしまうので、逆張りを狙っても30秒判定では余計な負けを引いてしまう可能性があります。

しかし、トレンド後にすぐ形成されたレンジでは、反発がしやすくオシレーターなどの反発も見込めるのです。

上チャートを例にすると、赤い枠の箇所がトレンド後のレンジになります。

上のような相場でRSIやCCI、ストキャスティクスなどのオシレーターを入れて30秒逆張りを狙うと勝率もアップするでしょう。

【トレンド相場編】30秒取引エントリーポイントの発見方法

次に、トレンド相場で30秒取引のエントリーポイントを見つける方法を紹介していきます。

バイナリーオプションの30秒取引であれば、トレンド相場で順張り・逆張りの両方が狙いやすいです。

トレンド相場で狙いたい方は、以下の見つけ方を参考にしてみてください。

トレンドの転換点

まずは、トレンドの転換点の見つけ方です。
転換点を見つける方法は多くありますが、30秒判定で狙う際には以下のような相場が有効となります。

1分足チャートで表示した際に、まずはトレンドが発生していることをチェックしておきましょう。
その後、トレンド過程で急騰(下降トレンドの場合は急落)していればチャンスです。

上のチャート図では、3本のローソク足全てが陽線で上昇しており、最後のローソク足が大きくなっていることがわかります。

トレンド過程での最後の力を振り絞った相場になるケースが多く、30秒のような短期判定でも瞬時の反発が見込めるのです。

上のようなトレンド過程でコマ足が出現したポイントも転換点になりやすいですが、反発に時間がかかる可能性が高いので30秒判定ではなく10~15分判定でしか機能しません。

基本的にはトレンド過程での急騰急落を狙うと良いでしょう。

平均値の低いトレンドで順張りを狙う

バイナリーオプションの30秒判定は逆張りだけでなく、トレンド相場での順張りにも有効です。
上昇過程であれば、30秒判定でハイエントリーを入れ続けることで荒稼ぎできるといったケースもあります。

30秒判定でトレンドに沿った順張りのエントリーポイントを見つけるには、平均値の低いトレンド相場が有効です。

ローソク足の実体が小さく反発の少ない相場を狙うことで、トレンドに沿った順張りができます。

上昇トレンドでは小さな陽線が頻発、下降トレンドでは小さな陰線が頻発していないかをよくチェックしておきましょう。

反対に、ローソク足の実体が大きいトレンド相場では反発も多いので順張りをしても負けの回数が増える可能性もあります。
30秒でトレンドの順張りを狙う際は、平均値の小ささと波の少なさに注目をして狙うようにしましょう。

30秒判定のエントリーポイントを見つけるコツ

バイナリーオプションの30秒判定は、通常の5分や10分などの判定に比べてエントリーポイントを見つけるのが難しいです。

当然、取引自体も勝つのが難しい判定ですが、それ以上にエントリーポイントの精査が重要な取引とも言えるでしょう。

エントリーポイントを見つけるコツは3つ!
それぞれを詳しく見ていこう。

ポイント①価格の数値をチェック

30秒のエントリーポイントを見つける際は、価格の数値に慣れておくことが重要です。

価格の数値には直近相場での細かな値動きが示されているので、直近の価格さえある程度把握できていれば、数値を見て相場の状況が把握できます。

しかし、すべての数値を把握するのは難しいので、小数点のどこまでかを決めて、数値をチェックしておきましょう。

ビットコインやポンド通貨などの価格変動が大きい銘柄も同様です。数値の変化に敏感に反応できるように練習をしましょう。

ポイント②バイナリー会社のクセを見抜く

30秒取引は、提供している会社が少ないですが、どの会社で取引するにしても会社ごとのクセを見抜くことが重要です。

上画像は、左がハイロー、右がThe Optionの30秒取引画面です。
似た形に見えますが、表示される色やティックの動きは大きな違いがあります。

同様の通貨を表示しても、値動きの記載に違いがあるので、まずは取引する会社を選定できたら、デモで練習をしましょう。

エントリーチャンスが来てからすぐに切り替えられるかも重要になるので、値動きだけでなく操作性のクセも徹底して把握しておく必要があります。

関連する人気記事をチェック!

ポイント③チャートの小さい動きに敏感になる

通常、バイナリーオプションの取引では、値動きの状況を見てエントリーポイントを精査します。

しかし、30秒の場合はわずかな値動きのチェックも重要となるので、チェックしておいた方が良いと言えるでしょう。

ハイローオーストラリアでは、取引画面上に数値が色分けして表示されます。
緑は直近での上昇、赤は直近での下落を示しており、数値だけでなく色でも直近のわずかな相場変動がチェック可能です。

また、MT4を使う場合ではワンクリックトレードを見ると良いです。

ワンクリックトレードの画面には、SEL・BUYが赤と青で色分けされており、青の場合直近で下落、赤の場合は直近で上昇と判断することが可能です。

MT4には30秒の足が存在しないので、このように視覚的に直近の細かな動きを判断できるようにしておくと良いでしょう。

ハイロートレーダー待望のサインツールが完成!

ハイロー取引で勝てない、分析の仕方がわからない人も多いだろう。
朗報だ。
バイナリーオプション攻略の最終兵器【幕末サインツール】が販売中だ。

\ ハイロー取引完全対応 /

サインが出たタイミングでエントリーするだけ!
パソコンさえあれば導入も簡単よ。

数量限定で販売中よ!
是非試してみてね。

トレーダー必見!幕末ライン@提供開始

バイナリーオプショントレーダーに朗報です。

幕末バイナリーオプションでは、トレーダー攻略情報提供のため幕末ライン@を開設しました。

幕末ライン@では、バイナリーオプション攻略情報だけでなく、バイナリーオプション攻略ツールや業者のボーナスキャンペーン情報を不定期で発信しています。

友達になっておけば、攻略に役立つツールやお得なボーナスの情報をいち早く入手できるぞ。

私達と一緒にバイナリーオプションを攻略しましょう。
友だち登録よろしくね。

この記事を書いた人

会社員でありバイナリーオプショントレーダーでもあるマサヒラでござる。自分が得たバイナリーの知識をアウトプットするだけでなく、バイナリーオプションについてもっと知ってもらい、これから始める人の参考になればとても嬉しいでござるよ!
"小学生にもわかるように"をモットーに、楽しく記事を執筆しておる!

運営者情報を詳しく見る

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次