MENU
ハイローのサイドバナー用
  • 口座開設で5,000円ボーナス!
  • 海外バイナリー業者人気No.1
  • クレジットカードで簡単入金!
サインツールでハイローを攻略!
幕末サインツールの画像

バイナリーオプション専用!幕末サインツールで安定して勝つ!

幕末ライン@で攻略情報をGET

幕末ライン@では、バイナリーオプションのツールや攻略情報を無料で発信中!

友達登録してトレーダー必見の情報を受け取ろう

【完全無料】バイナリーオプションのデモトレードを試す

バイナリーオプションでAIツールはあり得る?機械学習でバイオプは勝てるのか

\ 5,000円キャッシュバック開催中 /

近年、IT技術の革新により人工知能であるAI・機械学習に大きな注目が集まっています。
株式投資やFXといった投資の業界でも注目されているようです。

そこで今回は、バイナリーオプションでAIツールや機械学習を使った取引はあり得るのかを詳しく解説していきます。

目次

バイナリーオプションにAIツールは存在しない?

AIや機械学習は、バイナリーオプションの世界でも注目されるようになっています。

FXや株式投資は、決済ポイントを自身の手で行う必要がありますが、細かな値幅調整などを自動売買ツールで行う事は難しいです。

そこで、AIでトレーダーの思考や取引スタイルを記憶させて、規定通りに売買を行う技術に期待がされているのです

実際に株式などでは、国内証券会社がサービスの一貫としてAIを使ったツールが提供されているでござるよ。

しかし、バイナリーオプションにはAI搭載ツールがほとんど出回っていないのが現状です。

稀に業者でAIを使ったインジゲーターが紹介されていますが、現状を見る限り信ぴょう性はかなり低いものと言えます。

バイナリーオプション業界が禁止をしている

各バイナリー業者は、自動売買ツールの利用を禁止しています。

そっかあ。AIを使うってなったら、それは自動売買ツールと何ら変わりないですもんね。

業者によってはAIを使ったツールと謳って提供しているところもあるが、それが自動売買システムであった場合凍結の対象になってしまうでござるな。

口座凍結をされると、その口座が完全に使えなくなったり利益没収をされるケースがあります。

そのため、現状ではAIを使ったバイナリーオプションツールを使うこと自体にリスクがあるものと認識しておきましょう。

AIを使ったツールかの判断を顧客ができない

「このバイナリーオプションツールはAIを搭載しています!」と謳ったツールがありますが、それが本当にAIで稼働しているかは、顧客によって確認のしようがありません。

当サイト独自で調査をした結果、AI搭載ツールを提供している業者には以下のような文言を並べているケースが多いです。

・相場の方向性を的確に判断する
・相場状況を見てエントリー判断をする

上記の内容は、通常のシグナルツールや自動売買システムでも同じ事が言えます。

バイナリーオプションのサインツールにAIはありえない。
騙されないように注意だ。

そもそもの裁量トレードと同じ認識であるため、何もAIを使って取引する必要はないと言えるでしょう。

顧客はAIであるかの判断ができないので、業者の信ぴょう性がないところから購入するのは、かなり無作為であると考えて良いです。

仮に機械学習を搭載しているツールであっても、エントリーポイントを見る限りは、通常のシグナルツールと何ら変わりないものであったというケースもあるくらいです。

AI・機械学習がバイナリー業界に介入する余地はある

やっぱりバイナリー業界にAIが参入する可能性はないんですか?

そんな事はない。参入するとすれば、シグナルツールの課題を解消するものが開発されていくのではないかと睨んでいるでござる。

バイナリーオプションでは、売買チャンスが来たらアラートと矢印で知らせてくれるシグナルツールを用いる方が多いです。

仮にバイナリーオプション取引にAIが介入をするとすれば、このようなシグナルツールの課題を解消するために開発されると見ていいでしょう。

ファンダメンタル分析への介入

シグナルツールでは、決められた売買条件をMQLという特殊なプログラミング言語を使ってコード化します。

あくまでも、コード上で表現できることしか搭載できないという課題があるのです。

以下のような売買条件が記載できるでござる。

・インジゲーターの反応地点
・時間の制御
・ローソク足の大きさ

上記のように、言葉で表現できるものはシグナルツールとして反映できます。

しかし、ファンダメンタルでの分析に関しては反映できない事が課題とされているのです。

ファンダメンタル分析
投資家心理を予測した分析手法

経済指標や大きなマーケットニュースに関しては、相場状況を言葉で表現ができません。

AI技術では、機械学習で過去相場を学習して思考・傾向等を搭載できると考えられているので、テクニカルだけでなくファンダへの反映もできるようになるでしょう。

なるほど!ファンダ対応のAIツールがあればぜひ使ってみたいですね!

相場の環境認識への介入

為替相場は、見る人によって見方が全く異なるものです。

下のチャート画像をご覧ください。

高値で2回の反発をしていますね。

いわゆるダブルトップというチャートパターンだな。この後は下落が強くなると言われている相場でござる。

しかし、このチャートでは「これはダブルトップとは言えない」と考える方もいます。

2回目の高値挑戦が低い位置にある点やローソク足のサイズなど、人によって見方が異なるのです。

一般的にチャートパターンと呼ばれるものは、シグナルツールでの表現ができません。

しかし、AIや機械学習であれば、決められた定義はなくとも過去相場からの傾向を読み取って反映できるでしょう。

AIがプロトレーダーをコピー

AIや機械学習では、プロのバイナリーオプショントレーダーの知識や思考を反映した、いわゆるコピーのようなものが介入してくると考えられます。

コピートレードとはまた別ものですか?

コピートレードは、トレーダーのエントリーが第三者の口座に反映されるシステムだな。

従来のコピートレードは、トレーダー自身がチャートに張り付いてエントリーをしないといけません。

当然、自動売買と同様に禁止されています。
今後AIが進歩すれば、強いトレーダーの思考がそのまま反映されたシグナルツールのようなものが開発されてもおかしくはないと言えるでしょう。

仮にそのようなツールが出てきた際は、実際に勝率の高いトレーダーなのか、または信ぴょう性についてしっかりとチェックしておく必要があります。

口先だけで誇大広告を出している悪質な業者からは購入をしないようにしましょう。

AIを使ったツールは詐欺ツールの可能性あり

生成AIの人気が増加したことで、直近ではAIを使ったツールが多く提供されています。

しかし、AIを活用しているというツールは詐欺の可能性があるので注意しましょう。

AIを謳ったツールでは、バイナリーオプションの界隈だと高額な単価で販売されているケースが多いです。
だいたい、10万円ほどで販売されています。

中には月額制で月に2万円の継続課金が必要となるAIツールも発見されました。

うーん。ツール代が高いと投資資金がなくなっちゃいますね。

それでも購入するものはいるからこの値段で提供しているんだろうな。

AIを搭載していると聞くと「なんだかすごそう!」と考えて、ついつい高額の単価でも購入してしまう方が一定数いると考えられます。

優秀なプロトレーダーでも、相場状況によっては負ける事があるので、高額なツールを買って負け越してしまうと元も子もありません。

出所の怪しいAIツールに関しては、購入を控えて甘い言葉に流されないようにすると良いでしょう。

関連する人気記事をチェック!

今すぐ無料で試してみよう♪↓↓
バイナリーオプションのでも取引はこちら

\\10秒で始められる!/

ハイロートレーダー待望のサインツールが完成!

ハイロー取引で勝てない、分析の仕方がわからない人も多いだろう。
朗報だ。
バイナリーオプション攻略の最終兵器【幕末サインツール】が販売中だ。

\ ハイロー取引完全対応 /

サインが出たタイミングでエントリーするだけ!
パソコンさえあれば導入も簡単よ。

数量限定で販売中よ!
是非試してみてね。

トレーダー必見!幕末ライン@提供開始

バイナリーオプショントレーダーに朗報です。

幕末バイナリーオプションでは、トレーダー攻略情報提供のため幕末ライン@を開設しました。

幕末ライン@では、バイナリーオプション攻略情報だけでなく、バイナリーオプション攻略ツールや業者のボーナスキャンペーン情報を不定期で発信しています。

友達になっておけば、攻略に役立つツールやお得なボーナスの情報をいち早く入手できるぞ。

私達と一緒にバイナリーオプションを攻略しましょう。
友だち登録よろしくね。

この記事を書いた人

会社員でありバイナリーオプショントレーダーでもあるマサヒラでござる。自分が得たバイナリーの知識をアウトプットするだけでなく、バイナリーオプションについてもっと知ってもらい、これから始める人の参考になればとても嬉しいでござるよ!
"小学生にもわかるように"をモットーに、楽しく記事を執筆しておる!

運営者情報を詳しく見る

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次