MENU
幕末ライン@で攻略情報をGET

幕末ライン@では、バイナリーオプションで使えるサインツールを無料プレゼント中!

デモ取引を試してみよう
ハイローのサイドバナー用
  • 口座開設で5,000円ボーナス!
  • 海外バイナリー業者人気No.1
  • クレジットカードで簡単入金!
LINE@で幕末サインツール無料プレゼント中

Bubinga (ブビンガ)バイナリーは違法業者?【ライセンス未取得】

\ 5,000円キャッシュバック開催中 /

海外バイナリーオプション業者は、安全性が低く違法性のある業者と噂される傾向にあります。

2022年9月より日本でサービス展開を始めたBubingaも噂をされている企業の1つです。

\ 当サイト限定入金不要ボーナスを受け取ろう /

本記事では、Bubingaの安全性や本当に違法性はあるのかを詳しく解説していきます。

目次

Bubingaは金融庁から認められた企業ではない

Bubingaは日本の金融庁から認められた企業ではありません。

日本国内で活動をする金融会社は、日本の金融庁の厳格な審査を通過して初めて日本でのサービス提供が認められます。

Bubingaはまだ日本でのサービス展開をして間もないということもあり、金融庁から警告が出されているわけではありませんが、今後警告を受けるのは時間の問題となるでしょう。

金融商品取引法の登録を受けずに金融商品取引業を行うことは違法です。無登録業者との取引にはご注意ください。

バイナリーオプション取引にあたってご注意ください!

金融庁の公式サイトには上記のような記載がありますが、金融庁から認められていない=違法な企業というわけではありません。

金融庁の警告について

金融庁が海外業者に出している警告は、「日本での大々的な広告宣伝を行うこと」や「明らかに日本人ユーザーを勧誘する行為」をさせないための警告です。

  • 日本での大々的な広告宣伝や勧誘をすると罰則対象
  • 日本人のユーザーが利用することは違法ではない
  • 今後、金融庁から警告の可能性はあるが、サービスごと停止になる可能性は低い

また、今後金融庁に警告を出されたとしても、罰則等が適用されるのはあくまで企業のみです。

悪質な取引や違法性のある取引をしていない限りは、利用者が罰則を受けることはありません。

ただし、Bubingaが金融庁より摘発されることや、会社自体が破綻する確率は0%ではないので、生活に必要な資金ではなく余剰資金で取引行う必要があります。

海外バイナリーオプションは金融庁から認めれない

そもそも、Bubingaに限らず日本人ユーザーの多い海外バイナリーオプションの会社全てが金融庁から認められていません。

日本人ユーザーの多い海外バイナリーオプション
  • ハイローオーストラリア
  • ザオプション
  • ファイブスターマーケッツ
    など

上記のような会社も金融庁に登録されていませんが、日本人ユーザーが問題なく取引を行っている傾向です。

あくまでも金融庁の定めるバイナリーオプションの定義に反するがための警告であるため、今後Bubingaが金融庁から認められる可能性は限りなく低いと考えて良いでしょう。

Bubingaを含む海外バイナリーでの取引を行う分には特に問題ありません。

Bubingaは金融ライセンスを取得していない

Bubingaは、金融ライセンスを取得していません。

サポートに問い合わせたところ「現在、Bubingaは金融ライセンス取得のために手続きを行っている段階」であるという回答が得られました。

海外のバイナリーオプション業者には、本社機能を置いている国で金融ライセンスを取得している会社も多くあります。

しかし、海外で取得したライセンスは金融庁の管轄外であるため、日本の制度のように厳格なものではない場合も多いです。

金融ライセンスは会社の安全性を担保する基準にはなりますが、Bubingaのように金融ライセンスを取得していないからといって、違法性のある会社というわけではありません。

Bubingaの海外での実績やユーザーからの評判を見ると、金融ライセンスを保有していなくても、健全な運営をしているバイナリーオプション業者であると言えるでしょう。

関連する人気記事をチェック!

Bubingaでは、顧客資産と会社の運営資金を分けて管理する分別管理が採用されています。
顧客資金はEUの主要銀行で管理されているので、一定の安全性は担保されている会社です。

Bubingaが違法と噂される理由

日本でサービスを展開して間もなく、Bubingaも他の海外バイナリーと同様に違法性があるのではないかという噂が立っています。

なぜそのような噂が立つのか、要因について見ていきましょう。

業者を利用した詐欺集団がいる

海外バイナリーオプション業者を利用した詐欺集団が多くいることが、Bubingaにも違法性があると言われる1つの要因です。

SNSなどでは、自動売買ツールやバイナリーのコンサル勧誘などが多く存在しています。

ツール購入やコンサルを受けたのに全く勝てずに終わったという方たちも多いです。

負けた人達は、詐欺集団に騙されたことで海外バイナリー=違法であると決めつけてしまう傾向にあります。

今後、Bubingaを利用した詐欺集団が続々と現れる可能性は充分あり得るので、甘い誘いには乗らないようにしましょう。

日本がバイナリーに対しての規制を強化している

日本では、バイナリーに対して規制を強化しています。

日本での主なバイナリー規制
  • 固定でのペイアウトは禁止
  • 短時間取引の禁止
  • 1日あたりの取引回数条件は12回まで
  • 判定時間までにポジションの解消ができない

金融庁登録のバイナリーオプション業者は、上記のルールを守っていないといけません。

Bubingaのルールは次の通りです。

Bubingaのルール
  • 固定でのペイアウト適用(最大1.90倍)
  • 短時間取引あり
  • 1日あたりの取引回数条件なし
  • 判定時間までのポジション決済可能

金融庁の定めるルールと全く異なることが分かります。

日本でのルールのもとで運営されていないため、上記のような取引条件で運営ができる仕組みです。

日本のルールが全く適用されていないことから、違法性を疑う人も多い傾向にあります。

しかし、前述したように大々的な勧誘をしていなければ、あくまでも警告レベルでサービスの提供がストップするわけではありません。

ギャンブル性が高い

Bubingaのような海外バイナリーは、ペイアウトの高さや短期取引が可能であるがゆえにギャンブル性の高い取引とも言われています。

結果負けてしまう人が多く、負けたことを「企業側が価格操作をしている」「意図的に負けさせられた」といったデマを流す傾向にあります。

Bubingaでは意図的な価格操作などは見られず、インターバンク市場の動向に基づいた価格動向が示されているので、悪質な運営をしているとは言えないでしょう。

Bubingaは違法性のあるバイナリーオプション業者ではない

Bubingaは、海外のバイナリーオプション業者ということで怪しいと噂されることがありますが、決して違法性のあるバイナリーオプション業者ではないと言えます。

その理由は次の通りです。

  • 問題なく出金ができる
  • 海外での長い実績がある

Bubingaが日本進出をしたのは2022年9月のことですが、それまでにヨーロッパを中心として展開をしてきました。

2012年から約10年の実績を誇るので、安心して利用できる会社と考えていいでしょう。

また、問題なく出金もできており、不正取引以外での出金拒否や悪質な口座凍結などは報告されていません。

出金に関する制限等は厳しめですが、ルールに乗っ取った取引をしていれば問題なく出金可能です。

ハイロートレーダー待望のサインツールが完成!

ハイロー取引で勝てない、分析の仕方がわからない人も多いだろう。
朗報だ。
バイナリーオプション攻略の最終兵器【幕末サインツール】が販売中だ。

\ ハイロー取引完全対応 /

サインが出たタイミングでエントリーするだけ!
パソコンさえあれば導入も簡単よ。

数量限定で販売中よ!
是非試してみてね。

トレーダー必見!幕末ライン@提供開始

バイナリーオプショントレーダーに朗報です。

幕末バイナリーオプションでは、トレーダー攻略情報提供のため幕末ライン@を開設しました。

幕末ライン@では、バイナリーオプション攻略情報だけでなく、バイナリーオプション攻略ツールや業者のボーナスキャンペーン情報を不定期で発信しています。

友達になっておけば、攻略に役立つツールやお得なボーナスの情報をいち早く入手できるぞ。

私達と一緒にバイナリーオプションを攻略しましょう。
友だち登録よろしくね。

この記事を書いた人

会社員でありバイナリーオプショントレーダーでもあるマサヒラでござる。自分が得たバイナリーの知識をアウトプットするだけでなく、バイナリーオプションについてもっと知ってもらい、これから始める人の参考になればとても嬉しいでござるよ!
"小学生にもわかるように"をモットーに、楽しく記事を執筆しておる!

運営者情報を詳しく見る

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次