MENU
ハイローのサイドバナー用
  • 口座開設で5,000円ボーナス!
  • 海外バイナリー業者人気No.1
  • クレジットカードで簡単入金!
サインツールでハイローを攻略!
幕末サインツールの画像

バイナリーオプション専用!幕末サインツールで安定して勝つ!

幕末ライン@で攻略情報をGET

幕末ライン@では、バイナリーオプションのツールや攻略情報を無料で発信中!

友達登録してトレーダー必見の情報を受け取ろう

【完全無料】バイナリーオプションのデモトレードを試す

閉鎖されたバイナリーオプション業者が多すぎる【詐欺業者多すぎ問題】

\ 5,000円キャッシュバック開催中 /

すぐに閉鎖、サービス終了するようなバイナリーオプション業者は信頼度が低く、詐欺まがいな行為の被害にあった人も多いです。

実際に多くのバイナリーオプション業者がここ数年で閉鎖や倒産しました。

この記事で解説する「閉鎖されたバイナリーオプション業者」を知れば、安全に長く運営されている閉鎖リスクの少ないバイナリーオプション業者を選ぶことができるようになりますよ。

現行で人気のあるハイローオーストラリアの閉鎖予測は別ページで解説しておるぞ。

目次

閉鎖・撤退したバイナリーオプション業者一覧

まずは、閉鎖されたと噂されるバイナリーオプション業者を一覧表にまとめてみました。

2024年にジェットオプション、ザ・バイナリー、エムトランザクションといった業者のサイトが表示されなくなりました。
バイナリーオプション業者の閉鎖は珍しくありません。

閉鎖済みサイト一覧
  • ソニックオプション
  • ザ・バイナリー
  • ジェットオプション
  • エムトランザクション
  • トレード200
  • binary option break
  • Option Bit
  • Option99
  • Option30
  • BitWin
  • MiracleOption
  • BO-ON-Line
  • 2selecitions
  • 88Option
  • A1Option
  • AⅡOption
  • Binary-60
  • Binary777
  • Binary Best
  • Binary Chart
  • Binary Trade
  • Binary30
  • BinaryFX
  • Binarymonster
  • Bi-op
  • Biz-option
  • BO Kingdom
  • BO Online
  • Bunny Trade
  • Byne
  • Crown Binary
  • Easy-Getter
  • EX-Option
  • Fast Binary
  • Fine Option
  • Go Bit
  • 24オプション
  • トレードラッシュ
  • DMMバイナリーオプション

調査すると、きりがないほど出てきてびっくりしました…。これ以上書くと、途方もないので詐欺被害が特に出ているものを最重要視しまとめています。

閉鎖されたバイナリーオプション業者の中でも、特に有名な3社をピックアップしてみました。

24オプション

撤退した海外バイナリーオプション業者と言えば、24オプション(24option.com)を思いだすトレードも多いはずです。

キプロス証券委員会の認証を受け、日本でも運営をされていた24オプションは、2015年から日本人トレーダーの新規口座開設をストップさせました。

バイナリーオプションの人気が上昇する前から業界をリードしてきた24オプションの日本撤退は、利用されていたトレーダーにとって衝撃のニュースだったはずです。

日本語にも対応していたことから、多くのトレーダーが利用をしていたのだ。

現在は日本の居住者は利用できませんが、他国で運営を続けているらしいです。

1位賞金1000万円という破格の賞金がキャッシュで受けとれるバイナリーコンペの開催など、大盤振る舞いのイメージが強かった24オプション、日本で人気を博しましたが撤退を余儀なくされた企業の一つです。

トレードラッシュ

2011年から2016年まで、日本でも口座開設できたトレードラッシュ(TRADERUSH)、世界初60秒取引を取り入れたこともでも有名な業者です。

もちろん日本語対応もされていたことから、多くの人が口座を取得しトレードをしていました。

60秒取引や、500円からエントリーできる点など、バイナリーオプションとしての魅力は十分でした。

最高エントリー金額はなんと400,000円、今では考えられない破格な金額ではないだろうか。

現在のように、バイナリーオプションに対する規制が厳しくなかった時代だからこそできた金額です。

取引プラットフォームでは、FXのような自動取引を装備、他のトレーダーをマネするミラートレードの利用も可能でした。
今では、ほとんどのバイナリーオプション業者が禁止をしています。

ボーナスも豊富で、初回入金時に最大で5,000ドルを得られることもありました。

当時は、初心者向けのバイナリーオプション業者で人気が高かったことを覚えているな。

DMMバイナリーオプション

いくつかの国内バイナリーオプション業者も、金融庁のバイナリーオプション規制を理由に撤退を行いましたが、DMMFXはちょっと他の国内業者とは違う撤退でした。

DMMは、日本の規制を受けずにサービスの提供を継続するため、オーストラリアに新会社を設立したのです。

まさに他の海外業者と同じ考え方をした日本企業のDMM、2013年の規制を受けいち早く行動を開始した業者でした。
超短期取引の魅力を剥がれるのは危険と感じたことによる行動かもしれません。

トレーダーが求めるサービスを提供するため、DMMが100%出資した会社がオーストラリアに設立され、2016年にはバイナリーオプション業界撤退をしています。
DMMが国内でもバイナリーオプションを提供していないのは、これが原因かもしれません。

DMMFXは、短期取引を実現するためにDMMFXオーストラリアを設立しましたが、3年ほどで撤退をしています。

閉鎖されたバイナリーオプション業者の特徴

閉鎖、サービス終了バイナリーオプション業者には、共通する特徴があったのでござる。

  • 閉鎖前から、悪い噂が絶えなかった
  • 業者閉鎖の報告ページが類似しているサイトが多い。

閉鎖前から悪い噂が絶えなかった!?

閉鎖してしまったバイナリーオプション業者の特徴の1つ目として、閉鎖する前から口コミで悪い噂が絶えなかったという共通点があります。

どういった口コミが多かったのか、調査した結果を抜粋し紹介します。

オプションビット(Option Bit)の悪い噂(Yahoo知恵袋より抜粋)

Yahoo!知恵袋より引用

オプションビットの口コミには次のような口コミがありました。

  • 会社の電話番号、メールアドレス不明
  • 経営者などの会社概要不明
  • 詐欺業者オプションXPと運営元が同じ

オプションビットはそこそこ名が知られている業者なので、知っている人も多いはず。

binary-60(バイナリー60)の悪い噂(知恵袋より抜粋)

yahoo!知恵袋 より引用

バイナリー60の口コミをまとめると以下のとおりです。

  • Binary60は、オプション99と同様の詐欺グループ業者
  • 出金依頼をするとあらゆる個人情報を求められる
  • 口コミで新たなカモを引き込むために、最初だけ出金できる可能性あり
  • 出金できないという悪質なトラブル被害報告が多い。

バイナリー60と同じく、オプション99も詐欺業者として有名でござる。

一覧に記載した他のバイナリーオプション業者も、やはり評判はかなり悪かったです。

特に多かった悪い噂は、以下の3点でした。

  • 出金できない
  • 問い合わせに応じてもらえない
  • 会社概要が不明

もう、詐欺業者確定ね…。

業者閉鎖の報告ページがかなり似ている

そして!調査している最中に、閉鎖ページの状況を調べていると驚くべき事実が発覚しました!

こちらは文章で説明するより見てもらった方がわかりやすいと思います。閉鎖ページの画像をスクリーンショットで集めてきました。

次は、Binary option breakのサイト閉鎖のお知らせ画面です。

Binary option breakのサイト閉鎖のお知らせ画面

続いて、MirecleOptionのサイト閉鎖のお知らせ画面…。

MirecleOptionのサイト閉鎖のお知らせ画面

そして、最後がBitwinのサイト閉鎖お知らせの画面……。

Bitwinのサイト閉鎖お知らせ画面

サイトの画像をみてもらうとわかると思いますが、

  • 文面もデザインも全く同じ
  • 日付だけを書き換えているだけ
  • 他サイトに掲載されている閉鎖前の画像をみると、プラットホームのデザインも同じ。

上記で説明したとおり、全て同じデザインの閉鎖画面となっております。

このようなバイナリーオプション業者の特徴を見ると、パッと現れては投資家の口座開設時の資金や個人情報を抜き取っては消えているようにしか思えません。

相当悪質なことがわかります。

閉鎖の可能性が低いバイナリーオプション業者

やっぱり、海外バイナリーオプション業者は詐欺業者が多いみたいね…。

安全に運営が長く続いている業者を選べば問題ないでござるよ。

閉鎖、終了したバイナリーオプション業者の特徴は”出金トラブルが多い”や”詐欺まがいな行為をしている”でしたね。

ただ、そう言ったバイナリー業者はバイナリーオプション業界では長く運営することができないというのが特徴です。
よって、運営歴=信頼度と判断していいのです。

安全に業者を選ぶための3つの基準は以下のとおりです。

  1. 出金などの詳細が明記してある
  2. メールアドレスだけでなく、電話番号なども記載してある
  3. 会社概要が明記していある

この基準をクリアしている業者が、ハイローオーストラリアという海外バイナリーオプション業者です。

閉鎖の可能性の低い安全性の高いバイナリーオプション業者は、バイナリーオプションおすすめランキングのページを参考にしてね。


今すぐ無料で試してみよう♪↓↓
バイナリーオプションのでも取引はこちら

\\10秒で始められる!/

ハイロートレーダー待望のサインツールが完成!

ハイロー取引で勝てない、分析の仕方がわからない人も多いだろう。
朗報だ。
バイナリーオプション攻略の最終兵器【幕末サインツール】が販売中だ。

\ ハイロー取引完全対応 /

サインが出たタイミングでエントリーするだけ!
パソコンさえあれば導入も簡単よ。

数量限定で販売中よ!
是非試してみてね。

トレーダー必見!幕末ライン@提供開始

バイナリーオプショントレーダーに朗報です。

幕末バイナリーオプションでは、トレーダー攻略情報提供のため幕末ライン@を開設しました。

幕末ライン@では、バイナリーオプション攻略情報だけでなく、バイナリーオプション攻略ツールや業者のボーナスキャンペーン情報を不定期で発信しています。

友達になっておけば、攻略に役立つツールやお得なボーナスの情報をいち早く入手できるぞ。

私達と一緒にバイナリーオプションを攻略しましょう。
友だち登録よろしくね。

この記事を書いた人

会社員でありバイナリーオプショントレーダーでもあるマサヒラでござる。自分が得たバイナリーの知識をアウトプットするだけでなく、バイナリーオプションについてもっと知ってもらい、これから始める人の参考になればとても嬉しいでござるよ!
"小学生にもわかるように"をモットーに、楽しく記事を執筆しておる!

運営者情報を詳しく見る

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次