MENU
幕末ライン@で攻略情報をGET

幕末ライン@では、バイナリーオプションで使えるサインツールを無料プレゼント中!

デモ取引を試してみよう
ハイローのサイドバナー用
  • 口座開設で5,000円ボーナス!
  • 海外バイナリー業者人気No.1
  • クレジットカードで簡単入金!
LINE@で幕末サインツール無料プレゼント中

バイナリーオプションの海外業者と国内業者の違いを分かりやすく解説

\ 5,000円キャッシュバック開催中 /

バイナリーオプションの取引をしたいと考えている方で、国内・海外どちらの業者を選択すれば良いか悩んでいる方は多いでしょう。

取引環境や利益の出しやすさから考えると、バイナリーオプションは国内よりも海外業者の方がおすすめです。

本記事では、バイナリーオプションの海外業者と国内業者の違いを解説します。

目次

バイナリーオプションの海外業者と国内業者の違い

以下は、海外・国内のバイナリーオプション業者の主な特徴を比較した表です。

比較項目海外業者国内業者
ボーナス多い少ない
取引回数の制限なし最大12回まで
判定時間の種類豊富少ない
取り扱い銘柄数豊富少ない
安全性低め高い
利益が出た場合の税率5%〜55%20.315%
バイナリーオプション海外業者国内業者の違い

国内バイナリーオプションは、日本金融庁に認可された会社のみがサービスを提供しています。

関連:金融庁【免許・許可・登録等を受けている業者一覧】

日本では、もともと規制の少ない環境でバイナリーオプションの取引ができましたが、2010年以降は徐々に規制が強まっています。

対して海外のバイナリーオプション業者は、所在地である海外のルールが適用されるので、日本の規制は影響しません。

国内業者と海外業者の具体的な違いについて見ていきましょう。

海外業者は豊富かつ高額なボーナスを提供している

国内のバイナリーオプション業者では、一部会社のみボーナスを提供しています。
しかし、ボーナスはキャッシュバックという枠組みであり、一定の取引条件をクリアした後に貰えるというケースが多いです。

対して海外のバイナリーオプション業者では、豊富かつ高額なボーナス制度が充実しています。

海外バイナリーオプション業者主なボーナス制度
ハイローオーストラリア新規口座開設ボーナス
ザオプション初回入金ボーナス
ブルベアハイロー初回入金ボーナス
Bi-Winning初回入金ボーナス
海外バイナリーオプション業者のボーナス

多くの会社で、取引ではなく新規口座開設や初回入金時でのボーナスが付与されます。

関連する人気記事をチェック!

国内ではボーナスを受け取るために積極的な取引をする必要がありますが、海外業者では取引をする前にボーナスが付与される傾向です。

ボーナスを活用して取引に勝てれば出金ができるようになります。(一部会社は取引量の条件あり)

低リスクでバイナリーオプションを始めたいという方は、海外業者一択と言えるでしょう。

国内業者は取引回数/1日の上限が決まっている

国内のバイナリーオプションでは、1日の取引回数が12回までと明確な上限が決まっています。
12回の上限は国内業者のすべてに共通するルールです。

関連リンク:バイナリーオプション取引ルールの概要

また、業者によっては12回以下の上限を設けている会社もあります。

バイナリーオプションは、投機的な取引と考えられており、取引回数の上限を決めて大損する人を出さないようにする金融庁の措置と言われています。

1日の取引回数が決まっているということは、低リスクの取引ができる一方で、高額な利益が見込めません。

一方で、海外のバイナリーオプション業者では、1日の取引回数の上限はなく何度でも取引が可能です。

チャンスが来ればどのタイミングでも取引ができるので、少額から始めた場合でも大きな利益を狙うことができます。

海外業者は判定時間の種類が多い

海外のバイナリーオプション業者は、国内のバイナリーオプション業者に比べて判定時間の種類が多いです。
そもそも、国内と海外業者ではバイナリーオプションにおける判定時間のルールに大きな違いがあります。

以下は、楽天証券が提供する(国内業者)の判定時間一覧です。

回号取引可能な時間(日本時間)判定時刻(日本時間)
第1回8:20 ~ 10:1810:20
第2回10:20 ~ 12:1812:20
第3回12:20 ~ 14:1814:20
第4回14:20 ~ 16:1816:20
第5回16:20 ~ 18:1818:20
第6回18:20 ~ 20:1820:20
第7回20:20 ~ 22:1822:20
第8回22:20 ~ 翌0:18翌0:20
第9回翌0:20 ~ 翌2:18翌2:20
第10回翌2:20 ~ 翌4:18翌4:20

らくオプでは、1日10回の判定時間が設けられており、判定時間の2分前までエントリーができる仕組みです。
2時間おきの判定時間しかないので、チャンスがない場合は取引回数が大幅に減る可能性があります。

以下は、海外業者で最も人気が高いハイローオーストラリアの判定時間をまとめたものです。

HighLow取引Turbo取引
・15分
・1時間
・24時間
・30秒
・1分
・3分
・5分

ハイローオーストラリアでは、15分~1日単位の取引に加え、30秒~5分の超短期取引ができます。

Turbo取引は、明確な判定時間が決まっておらず、エントリーしたタイミングから判定時間が逆算されます。

そのため、どんな時間帯にチャンスが来た場合でも、自身のスタイルに合った判定時間が選択可能です。
取引回数の制限もないので、海外業者の方がストレスなく取引ができます。

海外業者は取り扱い銘柄も豊富

バイナリーオプションは、海外と国内業者で取り扱っている銘柄数にも大きさ差があります。
以下は、主な国内業者のバイナリーオプションで取引できる銘柄数をまとめた表です。

業者名取り扱い銘柄数
GMOクリック証券5銘柄
IG証券7銘柄
GMO外貨8銘柄
楽天証券5銘柄

通貨ペアを中心に5~8程度の通貨ペア数となっています。
対して、主な海外バイナリーオプション業者の取り扱い銘柄数は以下の通りです。

業者名取り扱い銘柄数
ハイローオーストラリア32銘柄
ザオプション18銘柄
Bubinga50銘柄
ブルベアハイロー14銘柄
Bi-Winning95銘柄

国内業者と比較しても、圧倒的に海外業者の方が豊富な銘柄で取引できることが分かります。
また、海外業者で取引できる銘柄は、USD/JPY(ドル円)のような通貨ペアだけではありません。

GOLDなどの貴金属銘柄や仮想通貨、日経平均などの株価指数も取引できる業者が多いです。

取り扱い銘柄数が多いと、必然的にチャンスが増えます。

銘柄数が少なく、取引時間が限定されている国内業者では、積極的な取引はできないと言えるでしょう。

安全性は圧倒的に国内業者の方が高い

バイナリーオプションをするうえで重要なのが安全性についてです。
取引環境については、海外業者の方が圧倒的に良い水準ですが、安全性の面では国内業者の方が上回ります。

日本の金融庁は世界的に見ても厳格な規制を敷いています。国内で運営されている業者は金融庁の規制のもとでサービスを提供している仕組みです。

一方で、海外のバイナリーオプション業者は金融庁の認可にありません。
むしろ金融庁は無登録の業者として警告を出している傾向です。

金融庁が警告を出していない海外業者=安全というわけではありません。ユーザー数が少ない、設立が浅いなどの理由で金融庁側が把握していない可能性があります。

国内業者での取引をしていれば、万が一会社が破綻しても資金は補償されます。
海外業者では会社の破綻に伴う補償が不十分な会社も多いので注意しましょう。

国内と海外業者での税率の違い

国内業者と海外業者では、税率に大きな違いがあるので注意です。

国内業者では申告分離課税、海外業者では総合課税の税率が適用されます。

申告分離課税は、他の所得とは合算せずにバイナリーオプションのような投資のみで出た利益に税率がかかります。

申告分離課税の税率は20.315%で、100万円の利益を1年で出した場合は約20万円の税金を支払う流れです。

対して、海外のバイナリーオプションで出た利益は総合課税と言って、他の所得と合算して計算されます。
日本は累進課税制が採用されているため、所得が多ければ多いほど税率が上がる仕組みです。

総合課税では、所得に応じて5%〜55%の税金が発生します。

海外業者を使って多くの利益を出した場合は、その分支払う税金の税率が高くなると覚えておきましょう。

関連する人気記事をチェック!

国内業者より海外業者がおすすめ

当サイト管理人は、過去に国内のバイナリーオプションを行っていましたが、現在は完全に海外バイナリーオプションの方へ切り替えています。

利益を求めるなら、国内バイナリーオプション業者よりも海外バイナリーオプション業者がおすめです。

関連する人気記事をチェック!

国内バイナリーではあまり利益を出せませんでしたが、海外業者に移行してからは安定した利益が出せています。

国内と海外業者の両方を経験して感じた、海外業者の方がおすすめな理由を紹介します。

海外業者の方が取引の自由度が高い

海外業者の方が国内業者よりも自由度が高いため、ストレスフリーな取引ができます。

海外業者と国内業者の自由度について
  • 海外業者の方が銘柄数、判定時間が多い
  • 海外業者は取引回数の制限がない

上記のような理由から、取引の選択肢を増やせるのが海外業者のメリットです。
国内業者では、2時間おきの判定時間や取引回数の制限などが多く、充分な利益が見込めません。

むしろ、国内業者を使って大きな利益を狙うのは無謀であると言えるでしょう。

海外業者国内業者ともにバイナリーで勝つのは簡単なことではありませんが、制限が少ない分、自身の取引スタイルを自由に確率することができます。

海外業者によっては土日の取引にも対応している

一部の海外バイナリーオプション業者では、現在土日の取引に対応している会社もあります。
土日に取引できるのは、海外業者ならではのメリットと言えるでしょう。

業者名土日の対応
ハイローオーストラリア土曜のみ取引可
ザオプション土日の取引不可
Bubinga土日の取引可能
ブルベアハイロー土日の取引可能
Bi-Winning土日の取引可能

人気の海外バイナリーオプションの対応状況を見ても、土日に対応していない業者の方が少ないことが分かります。

海外バイナリーオプションの多くは、仮想通貨を扱っている傾向にあり、土日でも値動きが反映されることから取引できる業者が多いです。

一部の会社では、為替や株価指数のOTCを導入して土日も取引ができるようにしています。

国内業者の取り扱い銘柄に仮想通貨を採用している会社はないため、土日を活かして取引をするなら海外業者一択と言えます。

税制を考えても海外業者の方が見込める利益が大きい

海外業者と国内業者では、国内業者の方が税制面で優遇されていると断言できます。
しかし、税制面を考えても海外の業者の方が見込める利益額は大きいです。

海外業者では100万円~1000万円単位の高額を稼ぐトレーダーが多いです。

対して、国内業者の利用者で100万円以上の大金を安定して稼いでいるという方はほとんどいません。

前述した取引の自由度が大きく影響していますが、規制の多い国内業者では、どんなに分析能力に長けた方でも高額の利益を得るのは難しいと言えるでしょう。

今後も国内での規制は進む可能性がある

国内のバイナリー業界は、過去の規制により明らかに衰退したと言い切れます。
2010年以前はそれなりに利用者も多かった印象ですが、現在は国内業者を利用している方は少ないです。

国がバイナリーオプションを投機的でリスクの高い取引と認識していることが原因と言えるでしょう。

今後も国内バイナリーオプションの規制が進む可能性は決して0ではありません。
既に、バイナリー業界からの撤退をしている業者も多くあるため、今後も衰退していくと考えらえます。

一方で海外の場合は、衰退するどころか業者の数は年々増えている状況です。
将来性の面でも海外業者を選択して取引をした方が良いと言えるでしょう。

ハイロートレーダー待望のサインツールが完成!

ハイロー取引で勝てない、分析の仕方がわからない人も多いだろう。
朗報だ。
バイナリーオプション攻略の最終兵器【幕末サインツール】が販売中だ。

\ ハイロー取引完全対応 /

サインが出たタイミングでエントリーするだけ!
パソコンさえあれば導入も簡単よ。

数量限定で販売中よ!
是非試してみてね。

トレーダー必見!幕末ライン@提供開始

バイナリーオプショントレーダーに朗報です。

幕末バイナリーオプションでは、トレーダー攻略情報提供のため幕末ライン@を開設しました。

幕末ライン@では、バイナリーオプション攻略情報だけでなく、バイナリーオプション攻略ツールや業者のボーナスキャンペーン情報を不定期で発信しています。

友達になっておけば、攻略に役立つツールやお得なボーナスの情報をいち早く入手できるぞ。

私達と一緒にバイナリーオプションを攻略しましょう。
友だち登録よろしくね。

この記事を書いた人

会社員でありバイナリーオプショントレーダーでもあるマサヒラでござる。自分が得たバイナリーの知識をアウトプットするだけでなく、バイナリーオプションについてもっと知ってもらい、これから始める人の参考になればとても嬉しいでござるよ!
"小学生にもわかるように"をモットーに、楽しく記事を執筆しておる!

運営者情報を詳しく見る

目次