MENU
幕末ライン@で攻略情報をGET

幕末ライン@では、バイナリーオプションで使えるサインツールを無料プレゼント中!

デモ取引を試してみよう
ハイローのサイドバナー用
  • 口座開設で5,000円ボーナス!
  • 海外バイナリー業者人気No.1
  • クレジットカードで簡単入金!
LINE@で幕末サインツール無料プレゼント中

ダウ理論を使ったバイナリーオプション相場の見方と分析方法を解説

\ 5,000円キャッシュバック開催中 /

バイナリーオプションでは、短期のトレンド相場を狙うことで安定した勝率が見込めます。

トレンド相場の分析では、多くの方がダウ理論というパターンを用いている傾向です。

本記事では、ダウ理論の概要やバイナリーオプションでの活かし方について詳しく解説をしていきます。

目次

ダウ理論6つの原則とバイナリーオプションでの見方

ダウ理論とは、アメリカのジャーナリストであるチャールズ・ダウ氏が考案したチャートの理論です。
基本は株価の動向で使用されるものですが、先物や為替などの幅広い分野でも活かせます。

ダウ理論には、6つの原則や分析方法があり、短期売買のバイナリーオプションでも分析可能です。
6つの原則について、バイナリーオプションに置き換えながらチェックしてみましょう。

ダウ理論原則①平均株価はすべての事象を織り込む

一つ目の法則は、平均株価はすべての事象を織り込むというものです。
バイナリーオプションでは、為替や仮想通貨などの平均価格に置き換えられます。

この法則は、市場価格の形成に影響を与える要因は、平均価格に反映されるという考えです。

価格に影響を与える災害や金利、経済指標などの予測ができない現象も、すべては平均価格に反映されます。

バイナリーオプションで今後の値動きを予想する際も、すべての要因を織り込んだチャートを分析すれば良いという考えで、テクニカル分析での有効性が高いという意味です。

ダウ理論原則②3種類のトレンド相場

ダウ理論には、トレンド相場には3つの種類があるという考えがあります。

長期トレンド
(プライマリーサイクル)
上昇、下落の方向性が明確である
中期トレンド
(セカンダリーサイクル)
長期トレンドには逆行する調整局面
短期トレンド
(マイナーサイクル)
中期トレンドの短期的な調整局面

調整局面とは、トレンド過程で価格が一旦落ち着くことです。

長期間続くトレンドもあれば、短期間で反発するトレンドもあるという考えになります。
バイナリーオプションに置き換えると、取引スタイルによってトレンドの種類を分析することが重要です。

トレンドの逆張りを狙う場合は短期トレンド狙い、順張りを狙う際は長期・中期トレンドを狙う必要があります。

また、短期~長期のトレンドを分析しておくことで、エントリーの方向性を絞る環境認識にも活かせます。

ダウ理論原則③長期のトレンドは三段階で構成

ダウ理論において、長期トレンドは三段階で構成されるという原則があります。
三段階の構成は、参入する投資家に違いがあるという考えです。

トレンドは最初に、先行型投資家の売買で形成されます。
その後、トレンドの初動に乗り遅れた投資家達が追随する形で売買を行う流れです。

トレンドの最後には個人投資家の売買が過熱しますが、個人投資家が参入した時点でトレンドの終わりを迎えるという理論になります。

バイナリーオプションでは、逆張りの際に③のような転換ポイントを狙う必要があります。

順張りの場合は、①と②のような継続したトレンドが見込めるポイントを狙います。
ダウ理論では長期トレンドで上記三段階が提唱されていますが、1分足や5分足でも同様の分析が可能です。

原則④平均は相互に確認される

ダウ理論の原則には、平均は相互に確認されるという考えもあります。
簡単に言うと、複数の銘柄でトレンドを確認すべきという理論です。

以下のチャートをご覧ください。

上のチャートは、USD/JPY(ドル円)を青色、EUR/JPY(ユーロ円)をオレンジ色で示したものです。
どちら同じような上昇トレンドを形成していることが見てとれます。

ドルとユーロといった異なる通貨で構成されていますが、日本円でのペアということは共通しています。
つまり、一連の上昇は円での売りが強い相場と相関性が認識可能です。

続けて、EUR/USD(ユーロ米ドル)とGBP/USD(ポンド米ドル)のチャートを見てみましょう。

こちらは、上昇下落を繰り返すレンジ相場が形成されていることが分かります。
同じような値動きであるため、ドルの影響が強い相場です。

本来バラバラの動きを示すと考えられる価格は、上記のように相関性によって動くケースが珍しくないという理論です。

バイナリーオプションでの分析でも同様に、複数の銘柄を見て通貨ごとの売買強弱を把握する必要があります。

原則⑤トレンドは出来高で確認する

ダウ理論には、トレンドを出来高で確認するという考えもあります。

出来高とは、期間中に成立した売買の数量を指します。」

長期短期関わらず、上昇トレンドであれば出来高も上昇する仕組みです。
また、調整局面では必然的に出来高は減少します。

ただし、バイナリーオプションのような為替をメインとする取引では、明確な出来高の把握が難しいです。
株価指数等のバイナリー取引を行う際のみ重視すべきと言えるでしょう。

原則⑥トレンドは明確なサインが出るまで継続

ダウ理論の6つ目の原則は、トレンドは明確なサインが出るまで継続するとの考えです。
一時的な反発であっても、明確なサインではなければ転換点にはならないという理論になります。

高安値を切り上げている状態は上昇トレンド、反対に高安値を切り下げている状態は下降トレンドであると判断可能です。

上昇トレンド過程で、高安値の切り下げとなれば明確なサインとして定義されます。下降トレンド過程では高安値が切り上がったポイントが転換のサインです。

バイナリーオプションに置き換えると、相場の方向性を分析する際に明確なサインが発生しているかどうかを見る必要があります。

上昇トレンド発生時にハイエントリーを積極的に狙う場合、明確なサインが出るまでトレンド継続を見越してハイエントリーを狙い続ける流れです。

しかし、その後高安値の切り下げとなれば転換のシグナルとなるので、反対のローエントリーを積極的に狙うなど方針転換をする必要があります。

ダウ理論を使ったバイナリーオプションの分析方法

続いて、ダウ理論を使ったバイナリーオプションでの分析方法を紹介します。
ダウ理論の各原則は、短期売買がメインとなるバイナリーオプションでも活かすことが可能です。

具体的な活用方法について見ていきましょう。

3段階のトレンドを狙った逆張り

バイナリーオプションでダウ理論を活かす際は、原則②の3段階のトレンドを狙うと良いです。
前述したように、ダウ理論の原則では3段階での市場参加者の影響でトレンド形成が行われます。

市場参加者が変わるタイミングでは、一時的に価格が調整に入りやすいです。

バイナリーオプションでは、以下のような相場を狙っていきます。

まず注目すべきポイントが、トータルで3回の上昇を決めているかどうかです。
上昇が1回起こるたびに、黒枠のような調整をしているかどうかも重要になります。

そして、3回目の上昇を決めたところで逆張りのローエントリーを狙う流れです。
1分足チャートで見て10~15分程度の長期判定を狙っていきます。

短期足の場合は市場参加者に大きな違いが出ません。しかし、長期足と同様の現象は起こりやすいです。

上昇→一時的な調整を繰り返しているトレンド相場で強みを発揮します。
上昇だけではなく、下落局面でも同様の形ができたらチャンスです。

トレンド継続・転換を見越した順張り

ダウ理論は、トレンド継続や転換を見越した順張りでも活かすことが可能です。
原則⑥のトレンドは明確なサインが出るまで継続の考えをもとにすることで、取引チャンスが生まれます。

まずは、上チャートの矢印部分に注目です。
上昇過程で一時的な下落をしていますが、大きな下落ではありません。

その後の価格を見ても徐々に上昇しているので、明確な転換サインではないと判断できます。
上昇を続けたのちの黒い○のポイントで順張りを仕掛ける流れです。

黒い○のポイントは、直近の高値ライン(赤線)を更新しているポイントです。

まだ上昇トレンドの継続と判断できるので、価格が伸びて順張り向けの相場になります。

また、上チャートのように上昇トレンドの転換点でも狙えます。
黒い○のポイントで、これまで上昇トレンドが続いていたポイントから安値が切り下がり転換のサインが出ています。

転換を狙ってローエントリーをすることで、トレンド過程や転換点と2回のエントリーチャンスが生まれる流れです。

順張りを狙う際は、1分足分析で10~15分、5分足分析で30分程度と表示した時間足に対して長い判定を選択しましょう。

長期チャートで見る相場の環境認識

ダウ理論は、バイナリーオプションでの環境認識にも活かせます。
1分足や5分足で普段分析する方でも、取引前には1時間や日足のような長期足で相場を見てみましょう。

上昇トレンド継続サイン短期足でハイエントリー狙い
上昇トレンドの転換サイン短期足でローエントリー狙い
下降トレンド継続サイン短期足でローエントリー狙い
下降トレンド転換のサイン短期足でハイエントリー狙い

上記のような環境認識に活かせます。
大まかな相場方向を見ておくことで、取引で有利に活かすことが可能です。

ダウ理論をバイナリーオプションで使う時の注意点と対策

ダウ理論はトレンド分析において効果的な考えですが、決して万能ではありません。

特にバイナリーオプションの分野では、得意不得意がはっきりしているので、使い方には充分注意しましょう。

以下では、ダウ理論を活用する際の注意点と対策方法について解説します。

短期足ではだましが頻発するケースもある

ダウ理論を使ううえで注意したいのが、明確なエントリーの材料にはなりにくいという点です。
前述した順張りや逆張りの根拠にはなりますが、ダウ理論だけで取引するのは無謀と言えるでしょう。

ダウ理論は長期のトレンドで提唱された理論です。短期足の場合はだましの発生が多くなる可能性があります。

仮にダウ理論通りのチャートが形成されたとしても、1分足や5分足の分析では負けてしまうことも少なくありません。

対策としては、ダウ理論に加えてインジゲーターやローソク足での根拠を追加することが重要となるでしょう。

トレンド過程のレンジ(調整)時には活かせない

ダウ理論はトレンド相場に重きをおいた理論です。
レンジ相場では通用しないので、必然的にチャンスは少なくなります。

レンジ相場は単体で発生するだけでなく、上図のようにトレンド相場の過程で発生することも多いです。
レンジ相場の理論はなく、調整相場として表現されるだけなので、ダウ理論は活かせません。

バイナリーオプションではレンジ内の逆張りを狙うことで効率的に取引回数を増やせますが、レンジでは別の分析方法を用いる必要があります。

売買サインの発生が遅れる

ダウ理論の弱点は、売買サインが遅れる点にあります。

上昇トレンドで転換のサインを狙う場合は、ある程度相場が下落してから明確な転換と判断されます。

バイナリーオプションでは、相場の天底を狙う逆張り手法が主流です。
しかし、明確な転換やトレンド継続のサインを待っていると、有利な数値でエントリーができません。

取引チャンスを瞬時に狙う必要があるバイナリーオプションでは、ダウ理論特有の売買サインの遅さに注意しましょう。

逆張りで使用する方は、あくまでも環境認識として使う、または本記事で紹介した3段階の上昇後に起きる転換を狙うと良いです。

ハイロートレーダー待望のサインツールが完成!

ハイロー取引で勝てない、分析の仕方がわからない人も多いだろう。
朗報だ。
バイナリーオプション攻略の最終兵器【幕末サインツール】が販売中だ。

\ ハイロー取引完全対応 /

サインが出たタイミングでエントリーするだけ!
パソコンさえあれば導入も簡単よ。

数量限定で販売中よ!
是非試してみてね。

トレーダー必見!幕末ライン@提供開始

バイナリーオプショントレーダーに朗報です。

幕末バイナリーオプションでは、トレーダー攻略情報提供のため幕末ライン@を開設しました。

幕末ライン@では、バイナリーオプション攻略情報だけでなく、バイナリーオプション攻略ツールや業者のボーナスキャンペーン情報を不定期で発信しています。

友達になっておけば、攻略に役立つツールやお得なボーナスの情報をいち早く入手できるぞ。

私達と一緒にバイナリーオプションを攻略しましょう。
友だち登録よろしくね。

この記事を書いた人

会社員でありバイナリーオプショントレーダーでもあるマサヒラでござる。自分が得たバイナリーの知識をアウトプットするだけでなく、バイナリーオプションについてもっと知ってもらい、これから始める人の参考になればとても嬉しいでござるよ!
"小学生にもわかるように"をモットーに、楽しく記事を執筆しておる!

運営者情報を詳しく見る

目次