MENU
幕末ライン@で攻略情報をGET

幕末ライン@では、バイナリーオプションで使えるサインツールを無料プレゼント中!

デモ取引を試してみよう
ハイローのサイドバナー用
  • 口座開設で5,000円ボーナス!
  • 海外バイナリー業者人気No.1
  • クレジットカードで簡単入金!
LINE@で幕末サインツール無料プレゼント中

バイナリーオプションはユーロドルが狙い目です【攻略法を解説】

\ 5,000円キャッシュバック開催中 /

バイナリーオプションでは、様々な通貨から取引したい銘柄を選択できます。

本記事で紹介するのは、バイナリーオプションで狙い目と言われているユーロドル(EUR/USD)の攻略法についてです。

関連する人気記事をチェック!

ぜひ最後まで読んで、バイナリーオプションでユーロドル取引の際の参考にしてみてください。

目次

バイナリーオプションはユーロドルが狙い目

まずは、バイナリーオプションでユーロドルが狙い目な理由について紹介します。

バイナリーオプションでユーロドルの攻略をする際は、通貨の特徴を押さえておくことが重要です。

ユーロ単体で動いた時に反発をしやすい

ユーロドルは、EUの通貨ユーロとアメリカの米ドルで構成された通貨です。

そのため、価格動向を見る際にはUSD/JPY、EUR/JPYなどの関連通貨から相関性を分析する必要があります。

相場状況によって、どちらの通貨が基軸となって動いているかは異なります

米ドル起点で動いている時は逆張りが通用しにくいですが、ユーロ単体で動いている時は逆張りチャンスと言えるでしょう。

ユーロ単体で相場が動くと、反発をしやすいというデータが下降統計より示されている。

USD/JPYはレンジ気味に推移しているが、EUR/JPYでは活発な相場変動が起きているといったポイントがチャンスです。

ヒゲを引きにくい

価格動向を予想する際は、ローソク足での分析が一般的です。
ユーロドルは傾向として、ローソク足がヒゲを引きにくいという特徴があります。

ヒゲのないローソク足は坊主足とも呼ばれていますが、バイナリーオプションでの分析ではチャンスと捉えていいでしょう。

為替相場では、坊主足が出現すると短期的な反発をしやすいです。
逆張り手法の多いバイナリーオプションでは勝率アップが見込めます。

EUR/JPYのようなクロス円通貨ではヒゲを引きやすいのでチャンスは必然的に減りますが、ユーロドルであればチャンスも多いと考えていいでしょう。

日本時間でも活発な平均値になる

為替相場は、大きく動く時間とそうではない時間帯があります。

  • 深夜から夕方にかけて→平均値が小さい
  • 夕方から深夜にかけて→平均値が大きい

深夜から夕方にかけての時間帯は、比較的どの通貨でも動きが小さくなり、ロンドン市場の開場する夕方やニューヨーク市場開場の夜になると相場が活発に動き出します。

そのため、日中の時間を活かしてバイナリーオプションをしたいという方はある程度銘柄を絞らなければいけません。

ユーロドルは日本時間であっても、ある程度の価格変動が見込めます。

ポンドやスイスフランといった同じヨーロッパ系通貨では動きがかなり少なくても、ユーロドルだけは順調に動いているといったケースも少なくありません。

その理由は、ユーロと米ドルが為替相場における代表的な通貨であるからと言えます。

流通量第一位の米ドルと流通量第二位のユーロで構成されたユーロドルは、FXの世界において最も取引量が多い銘柄です。

オセアニアや日本市場が動いている時間であったとしても、ユーロドルへの売買は盛んに行われている。

夕方や夜の時間に取引ができないという方は、日中の時間を使ってユーロドルに絞った取引をしてみると良いでしょう。

ユーロドルのバイナリーオプション攻略方法

次は、バイナリーオプションのユーロドルの攻略方法について解説します。
前術した特徴を活かした方法や、具体的なユーロドル攻略戦略までを詳しく解説するのでぜひ参考にしてみてください。

坊主足の逆張りを狙う

まず紹介するのは、坊主足の逆張りを狙うユーロドル攻略方法です。
前述したように、ユーロドルはヒゲを引きにくく坊主足を作りやすい特徴があります。

ユーロドルの習性を活かして狙っていきましょう。

相場はトレンドではなく、レンジ相場であると高い反発確率が見込めます。

また、チャート上にはストキャスティクスなどの逆張り系オシレーターを挿入しておきましょう。

チャートを5分足で表示させて、ストキャスティクスの反応とユーロドルが坊主足を作ったところがチャンスです。
その後、5分後を判定時間に設定して逆張りをします。

ローソク足がヒゲを付けていない事が条件となるので、5分足が作られるギリギリまでチャートを見ておきましょう。

日中のトレンドを狙う

次に紹介するのは、日中のトレンドを狙うユーロドル攻略法です。

ユーロドルは、午前中や日中のような平均値が低い時間でも小さなトレンドを作る傾向にあります。
チャートを1分足で表示して分析をしましょう。

1分足で上画像のような、3回の波を付けたトレンドを形成してきたらチャンスです。

エントリー条件は以下のようなポイントになります。

・波を作ってトレンドを作っている
・波を2回作って3回目で伸びてきたら逆張りのエントリー
・判定時間は10分~15分

このような流れになります。
この時注意すべき点は、3回目の伸びで狙うというポイントです。

エリオット波動というチャートパターンに近いですが、トレンド形成後の3回目の伸びは逆張りが通用しやすくなります。

ユーロドルでは午前中の相場で出現する事が多いので、朝に取引できる方はぜひ活用して見てください。

また、夕方や夜にこの形を作っても強いですが、若干勝率は落ちます。

夕方から夜はユーロ単体ではなく、米ドルが起点となって相場が動く傾向にあるので、反発確率が下がってしまうのです。

日中で狙う際も、通貨の相関性を見てユーロ単体で動いたポイントを狙ってみましょう。

深夜帯のレンジブレイクを狙う

EUR/USDは、比較的深夜帯の時間でも大きく動く通貨です。
ロンドン市場が閉場した深夜1時以降は、為替相場で変動が少ない傾向ですが、EUR/USDでチャンスが来ればチャンスとなるでしょう。

あらかじめ、直近の高安値にはラインを引いておきます。
レンジ相場が形成されているのを確認して、矢印のポイントのようにラインを1本のローソク足で更新してきたらチャンスです。

表示する足は5分足で、判定時間は次足5分判定を狙うと良いでしょう。

深夜帯は夕方から夜に比べてチャンスが少ないですが、もしも動きがあると勝率の高いポイントです。

もしも、深夜帯に相場が見れるのであれば、積極的に狙ってみてください。

ユーロ指標を狙う

最後に紹介するのはユーロ指標を狙うという方法です。
経済指標ではその国の売買が活発になります。

参考:AIゴールド証券【ユーロ圏の経済指標カレンダー】

ユーロと米ドルで構成された通貨である以上、アメリカの指標でも大きく動きますが、ユーロ単体で動く時の方が狙い目であることからユーロ指標を中心に狙いましょう。

チャートを5分足で表示させて、ユーロ指標後に急騰急落をしたポイントがチャンスです。

ここでも、5分足でヒゲのない坊主足を作っていれば勝率は上がります。

・EU消費者物価指数発表
・EU圏のGDP発表
・ECB政策金利

主に、上記のような指標が狙い目です。

また、EUの主要国であるドイツやイタリアの指標なども狙ってみると良いでしょう。

夕方の18時頃に指標が集中する傾向にあるので、事前に経済指標をチェックしてチャンスが来たら狙えるように構えておくことがおすすめです。

ユーロドルのバイナリーオプションで取引する際のポイント

ユーロドルはバイナリーオプションにおいて効果的ですが、狙う際は意識すべき点があります。

・日中は動きが少ない
・ボラティリティは平均して低い
・長期トレンドを形成する場合もある

上記ポイントに注意して取引をしていきましょう。

日中は動きが少ない

ユーロドルはユーロと米ドルのペアであるため、日中は動きが少ない傾向にあります。

・ユーロ→夕方以降
・米ドル→夜以降

どちらも、夕方から夜にかけて市場が動きだすため、メジャー通貨とは言えども日中の売買には期待ができません。

ユーロドルを狙う際は、夕方から夜を積極的に狙うと良いでしょう。

関連する人気記事をチェック!

ボラティリティは平均して低い

ユーロドルは、メジャー通貨であるため売買が活発に行われる通貨です。
取引量が多いということは、その分値動きも小さくなる傾向にあります。

為替相場ではマイナー通貨やポンドのような通貨が大きな変動を見せますが、ユーロドルの場合は相場状況に関わらず大きな値動きに期待ができません。

スプレッド取引をする場合などは特に注意が必要だ。

値動きが小さいことで他の通貨に比べて同値負けのリスクも高いと言えるでしょう。

長期トレンドを形成する場合もある

ユーロドルはレンジ相場でなく長期でのトレンドを形成する場合もあるので注意です。

こちらは、2023年7月~9月までのユーロドルチャートです。
大幅な下落水準となっていますが、直近相場でこのような下落をすることは珍しくありません。

以前はレンジ形成をしやすい通貨でしたが、直近ではトレンド発生も増えているので注意しましょう。

・上位足で見て上昇トレンド→ハイエントリーに絞る
・上位足で見て下降トレンド→ローエントリーに絞る

このように、相場の方向性を確認してエントリーのポイントを模索すると良いです。

ユーロドル以外の通貨も取引しよう

ユーロドルはバイナリーオプションにおいておすすめの銘柄ですが、ユーロドルのみに絞って取引するのはおすすめできません。

複数通貨で分析した方が良い理由
  • 通貨の強弱(相関性)がわかる
  • 複数通貨で取引することで取引チャンスが増える
  • ユーロドルのみでは日によって手法が合わない可能性がある

相関性の分析やチャンスの増加を考えると、バイナリー会社で扱っている銘柄を複数取引した方が良いでしょう。

また、勝率の高い手法であったとしも、日によってはユーロドルに合わない可能性があります。
複数通貨で取引することで、リスクの分散が可能です。

ハイロートレーダー待望のサインツールが完成!

ハイロー取引で勝てない、分析の仕方がわからない人も多いだろう。
朗報だ。
バイナリーオプション攻略の最終兵器【幕末サインツール】が販売中だ。

\ ハイロー取引完全対応 /

サインが出たタイミングでエントリーするだけ!
パソコンさえあれば導入も簡単よ。

数量限定で販売中よ!
是非試してみてね。

トレーダー必見!幕末ライン@提供開始

バイナリーオプショントレーダーに朗報です。

幕末バイナリーオプションでは、トレーダー攻略情報提供のため幕末ライン@を開設しました。

幕末ライン@では、バイナリーオプション攻略情報だけでなく、バイナリーオプション攻略ツールや業者のボーナスキャンペーン情報を不定期で発信しています。

友達になっておけば、攻略に役立つツールやお得なボーナスの情報をいち早く入手できるぞ。

私達と一緒にバイナリーオプションを攻略しましょう。
友だち登録よろしくね。

この記事を書いた人

会社員でありバイナリーオプショントレーダーでもあるマサヒラでござる。自分が得たバイナリーの知識をアウトプットするだけでなく、バイナリーオプションについてもっと知ってもらい、これから始める人の参考になればとても嬉しいでござるよ!
"小学生にもわかるように"をモットーに、楽しく記事を執筆しておる!

運営者情報を詳しく見る

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次