MENU
幕末ライン@で攻略情報をGET

幕末ライン@では、バイナリーオプションで使えるサインツールを無料プレゼント中!

デモ取引を試してみよう
ハイローのサイドバナー用
  • 口座開設で5,000円ボーナス!
  • 海外バイナリー業者人気No.1
  • クレジットカードで簡単入金!
LINE@で幕末サインツール無料プレゼント中

バイナリーオプションはギャンブル性が高い!?【投資との違いは?】

\ 5,000円キャッシュバック開催中 /

バイナリーオプションはやり方によってはギャンブルにも投資にもなります。

国によってはバイナリーオプションはギャンブル性が高いとみなされ、取引自体を禁止しているところもありますが、日本では「投資」として認められています。

この記事では、バイナリーオプションがギャンブルと言われている理由と、ギャンブルのような取引にならないためのコツを3つ紹介します。

目次

バイナリーオプションはギャンブルではない

日本では、バイナリーオプションはギャンブルではなく「投資」として認められています。

バイナリー(binery)とは、「二進法」を意味します。
つまり「予測より上か下か」の二者一択の取引とは。

その意味の通り、ある条件を「満たすのか」「満たさないのか」が投資対象となります。

バイナリーオプションは、将来の為替レートより設定された目標レートをHigh(上回っている)かLow(下回っている)かを予測する金融商品です。

しかも、バイナリーオプションには購入金額以上の損失が発生しないという特徴もあるのでござる。

しかしそのシンプルさが故に、バイナリーオプションは短期的に利益を上げやすくギャンブル性が高いと判断され、「国によっては取引が禁止」というところもあるのが現状です。

実は先進国で取引が可能な国は、日本とアメリカだけです。
世界的に規制の流れは広がっているようだけど、日本では「投資」と認められています。

バイナリーオプション禁止国が増加しているのは、ギャンブル性の高さが要因なのよ。

そもそもギャンブルとはなにかを考えてみよう

ギャンブルとは、競技や遊戯にお金や物品を賭けて勝負を争うことを指します。

日本国内において、ギャンブルは一部を覗き賭博法によって禁止されています。

日本の公営ギャンブル
  • 競馬
  • 競輪
  • 競艇
  • オートレースなど

投資とギャンブルの違い

「お金が増えるか減るかわからない」という点において、投資とギャンブルの境界線を引くのは難しいのですが、それぞれ本質的な違いがあります。

  • 投資:偶然ではなく根拠をもって利益をねらう行為
  • ギャンブル:偶然の利益をねらう行為

上記のように、バイナリーオプションの取引をする際に、根拠もなく運任せな取引をしているのであれば、「ギャンブル」といえますし、運任せではない根拠のある取引をしているのであれば、「投資」といえます。

今、あなたがしている取引のやり方が投資なのか、ギャンブルなのかを考え、取引方法を考え直してみるといいかもしれません。

バイナリーオプションはギャンブル性が高い?

日本ではバイナリーオプションは「投資」とされていますが、以下の3点の取引ルールからギャンブル性が高いと判断され、一部の取引に規制がかかりました。

  • ルールがシンプルすぎるから
  • 判定時間が短いから
  • 短時間で何度も取引ができる

バイナリーオプションがギャンブル性が高いと判断された理由は上記の3つです。

ルールがシンプル

バイナリーオプションはHighかLowかを予測する取引です。

バイナリーオプションは、このシンプルなルールで人気を集めています。

バイナリーオプションの基礎ルール
  • 相場が上がると予測➡︎Highエントリー
  • 相場が下がると予測➡︎Lowエントリー

バイナリーオプションでは、長期的な取引ではなく30秒や1分という短期間でも利益を積み上げることができる取引です。

判定時間が短い

バイナリーオプションの判定時間は以下のとおりです。

  • 30秒
  • 1分
  • 3分
  • 5分
  • 15分
  • 1時間
  • 1日

例えば30秒判定なら30秒、3分判定なら3分で取引が終了します。

バイナリーオプションの30秒や1分取引は、特に値動きの乱高下が激しく、初心者は運任せで取引をしてしまいます。

30秒の短期取引をやってみたけど、こんなに激しく動く為替を予測するのはむずかしいわね。

短時間で何回も取引ができるから

短期取引と関係しているのですが、30秒や1分などの短時間で判定が出るため、ポチポチ何度も取引ができてしまいます。

なにも考えずに、短時間で運任せに取引を繰り返してしまうことは「ギャンブル性の高い取引」になるでしょう。

バイナリーオプションの依存症になってしまうトレーダーも少なくありません。

国内バイナリーオプションは投資扱い

ギャンブル性の高さから、国内のバイナリーオプションは大きな規制をかけられ、取引内容がガラリと変わりました。

金融庁:バイナリーオプション取引に注意

国内バイナリーオプションの規制内容
  • 短期取引の禁止
  • ペイアウト率の変動制
  • 総取りの規制
  • 価格提示の規制
  • 取引限度額の規制

上記のような規制により、本来のシンプルなバイナリーオプションの取引ルールではなくなってしまいました。

国内拠点のバイナリーは、短期の取引を禁止したってわけね…。

海外業者にながれる理由は、一目瞭然なのです。

海外バイナリー国内バイナリー
短期取引×
取引制限無制限1日12回
ペイアウト率固定変動

ある程度、ルールでガチガチで固められているからこそ、国内バイナリーオプションは投資として市民権を得ているという見方もできます。

バイナリーオプションがギャンブル取引にならないためには?

バイナリーオプションをギャンブルにしないために注意すべきことは以下の通りです。

根拠のある取引をするために練習と勉強

バイナリーオプションは、感情的にならず根拠のある取引をするために練習と勉強することも重要です。

広告やSNSなどではあたかも簡単に稼げるという情報が出回りがちですが、バイナリーオプションで勝つのは簡単なことではありません。

上級者こそ猛勉強をしている傾向にあり、大金を手にしています。
為替相場は常に変化するので、同じ手法を毎日使っていても勝てません。

常に情報をアップデートすることでギャンブル性の高い取引を避けることができ、長期的に安定した勝率に繋がります。

関連する人気記事をチェック!

デモ取引で勝率60%を目指そう

勉強したことを、デモ取引でアウトプット。デモ取引で勝率が60%で安定してきたら本番トレードへ

多くのバイナリーオプション業者には、デモ取引というお試し版があります。
まずはデモ口座で取引を体験してみましょう。

\ 登録&申請不要のお試し版 /

関連する人気記事をチェック!

どれだけ文面で勉強するよりも、実践する方が手っ取り早く覚えられます。

登録もなしで、デモで用意されている資金を使って本番と全く同じ環境で擬似トレードができます。

デモ取引をやっていると、いつ本番に移行すればいいのかわからなくなってくるので、大体勝率が60%になったら、1000円くらいで本番エントリーしてみましょう。

また、デモ取引ではメンタルコントロールの練習にもならないので、以降するタイミングはあらかじめ決めておくといいですよ。

感情的な取引をしない

バイナリーオプションをギャンブルにしないコツは、感情的な取引をしないという点にあります。

感情的な取引→ギャンブル、感情的ではない取引→投資と位置付けて良いでしょう。

バイナリーオプションは、資金が増えたり減ったりするためついつい感情的になりやすいです。

資金を増やしたい・大勝したいという欲が出てしまうと、相場が自身の都合よく見えてしまい、無茶な取引をしてしまいます。

バイナリーオプションで負ける人の大半が感情的な取引による資金管理の乱れによるものです。

相場に私情は持ち込まず、淡々とした取引を常に心がけていきましょう。

ハイロートレーダー待望のサインツールが完成!

ハイロー取引で勝てない、分析の仕方がわからない人も多いだろう。
朗報だ。
バイナリーオプション攻略の最終兵器【幕末サインツール】が販売中だ。

\ ハイロー取引完全対応 /

サインが出たタイミングでエントリーするだけ!
パソコンさえあれば導入も簡単よ。

数量限定で販売中よ!
是非試してみてね。

トレーダー必見!幕末ライン@提供開始

バイナリーオプショントレーダーに朗報です。

幕末バイナリーオプションでは、トレーダー攻略情報提供のため幕末ライン@を開設しました。

幕末ライン@では、バイナリーオプション攻略情報だけでなく、バイナリーオプション攻略ツールや業者のボーナスキャンペーン情報を不定期で発信しています。

友達になっておけば、攻略に役立つツールやお得なボーナスの情報をいち早く入手できるぞ。

私達と一緒にバイナリーオプションを攻略しましょう。
友だち登録よろしくね。

この記事を書いた人

会社員でありバイナリーオプショントレーダーでもあるマサヒラでござる。自分が得たバイナリーの知識をアウトプットするだけでなく、バイナリーオプションについてもっと知ってもらい、これから始める人の参考になればとても嬉しいでござるよ!
"小学生にもわかるように"をモットーに、楽しく記事を執筆しておる!

運営者情報を詳しく見る

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次