MENU
ハイローのサイドバナー用
  • 口座開設で5,000円ボーナス!
  • 海外バイナリー業者人気No.1
  • クレジットカードで簡単入金!
サインツールでハイローを攻略!
幕末サインツールの画像

バイナリーオプション専用!幕末サインツールで安定して勝つ!

幕末ライン@で攻略情報をGET

幕末ライン@では、バイナリーオプションのツールや攻略情報を無料で発信中!

友達登録してトレーダー必見の情報を受け取ろう

【完全無料】バイナリーオプションのデモトレードを試す

ハイローオーストラリアがついに閉鎖・撤退する可能性【サービス終了】

\ 5,000円キャッシュバック開催中 /

ハイローオーストラリアは、長年海外バイナリーサービスとして人気を博してきました。

そんなハイローオーストラリアですが、サービス終了、撤退するのではないかという噂が立っているのです。

本記事では噂の真相や、ハイローオーストラリアがサイト閉鎖、日本撤退する可能性について詳しく解説をしていきます。

関連する人気記事をチェック!
目次

ハイローオーストラリア撤退・閉鎖の可能性がある

ハイローオーストラリアは、海外バイナリーオプションサービスとして最も人気の高い会社です。

ハイローオーストラリアは10年以上の運営実績を誇り、高い安全性の元で多くのユーザーを抱えています。

しかし、ハイローオーストラリアの運営形態に限界が近づいていると予測され、サイトの閉鎖、日本撤退が近いと予想されています。

バイナリーオプションは、顧客の負けが会社の利益に直結するシステムです。
つまり、ハイローオーストラリアの存続は多くのトレーダーの屍の上に成り立っているのです。

  • 海外FX業者→取引毎にかかるスプレッド(手数料)が会社の利益になる
  • バイナリーオプション業者→顧客が負ければ利益、顧客が勝てば損失

海外FX業者でも、顧客の勝ち負けが会社の利益に直結する仕組みのケースも一部では存在します。

しかし、ほとんどのFX業者がスプレッドによって利益を出している事から、透明性の高い取引形態と言われているので

対してバイナリーオプションは、市場に注文が流れるわけではないので、取引は顧客と会社の1対1で完結します。

つまり、ハイローオーストラリアは長年運営できていたのは、顧客の負け金額>顧客の勝ち金額という構造であったからと言えるでしょう。

その構図に限界が近づき、ハイローオーストラリアの日本撤退が噂されているのです。

ハイローオーストラリアに撤退の噂が立つ理由

次は、ハイローオーストラリアに撤退の噂が立つ理由を紹介していきます。

ハイローオーストラリアは、過去に何度も撤退や閉鎖されるのではないかという噂が立ってきたものです。

現在では特に信ぴょう性の高いものと語られていますが、ハイローの撤退理由について深堀りしていきましょう。

サービス低下による顧客離れ

まずは、ハイローオーストラリアのサービス内容低下が撤退疑惑の大きな要因です。

特に2021年のGOLDとAUD/NZDが取引できなくなったのは、多くのトレーダーが離れてしまう要因になったと言えるでしょう。

同じ海外バイナリーである、ザオプションやBi-wininigなどでは、これまで通りGOLDやAUD/NZDの取引ができます。

これを機会に違うバイナリーオプション業者へ移行したという方も少なくはないだろうな。

トレーダーによって得意銘柄、不得意の銘柄は存在します。

しかし、GOLDとAUD/NZDはどんなトレーダーでも好成績を残せる銘柄であったため、ハイローで取引できないとなると魅力を感じなくなる方も多いです。

サービス低下によって顧客が離れてしまうと、ハイローの利益もなくなってしまう事から撤退の噂が立ったものと思われます。

口座凍結の続出

ハイロー撤退疑惑の次の要因は、口座凍結者の続出です。

ハイローオーストラリアの口座凍結は別ページを読んでほしい。
トラブルもまったくないとは言えないのじゃ。

口座凍結

規約違反などが要因で口座そのものが使えなくなる措置のこと。

ハイローオーストラリアの規約違反は、主に以下のような行為が該当します。

  • 自動売買
  • 集団取引
  • コピートレード

これらの行為は、ハイロー側で禁止されているにも関わらず、多くの方が使ってしまった行為です。
口座凍結により口座そのものが使えなくなった方や、エントリーの制限、利益の没収といった処罰を与えられた方はかなり多くなっています。

口座凍結をするようなトレーダーは、それまでアクティブであった顧客という事だ。

口座そのものが使えなくなる事で、「ハイローでの取引を禁じられた」事にも繋がるわよね。

ハイローオーストラリアは、1人1口座までしか保有ができません。

ハイローオーストラリアの取引を諦める方が続出した事も撤退の噂が立つ要因と言えるでしょう。

また、口座凍結者の中にはエントリー金額が5000円に制限されるケースもあります。

それまで、10万円20万円の高額取引をした方が5000円の制限を課されては、面白味が見出せないので違うバイナリーオプション業者だけではなく、FXなどに移行する方も増えたのです。

勝てるトレーダーが増えた

ハイローオーストラリア撤退の噂には、勝てるトレーダーが増加した事も要因の1つとして言われています。

近年では、バックテスト技術の進化によって、過去統計に基づいた強い手法などが続々と生み出されていったのです。

勝てる手法が生み出される事は当然ですが、攻略手法は世の中に広まっていった事が大きな問題とされています。

バイナリーオプションの仕組みは、顧客と会社の関係が決してWInWinではないの、勝てるトレーダーは増えるという事はそれだけ会社にとっても顧客にとっても損害となるのです。

勝てるトレーダーが増える=ハイロが儲からなくなることから、撤退するのではないかという噂が立っています。

しかし、トレーダーの技術の向上は、昔も同じよう内容の噂があることも多かった。

基本的にバイナリーオプションで強い手法を発見しても公にはせず、自分だけの攻略手法として使うようにしましょう。

悪質なバイナリーオプション業者の摘発

悪質なバイナリーオプション業者の摘発も、ハイローオーストラリアが撤退する要因と言われています。

悪質なバイナリーオプション業者
  • 勝てない自動売買ツールを販売する業者
  • 勝率を偽る配信グループとの提携
  • 素人のコピートレードを推奨

このような業者は、「初心者でもハイローで勝てるようになる」という、甘い言葉を使って勧誘をしていました。

SNS上で見かけた方も多いでしょう。
当然全てが禁止取引となっているので、口座凍結の要因となります。

しかし、、悪質な攻略手法を使ってハイローオーストラリアで出した損失は、ハイローオーストラリアのの利益となっていたのです。

負けるトレーダーが多ければ多いほどハイローオーストラリアはは利益を出せる。

悪質な勧誘が少なくなっている事は、ハイローオーストラリアにとって大きな打撃なのね。

顧客からすればいい事ですが、運営元には痛い状況であることが撤退の噂に繋がっているのです。

ハイローオーストラリアのサービスが低下中

ハイローオーストラリアを長く続けているトレーダーには、「昔の方が稼ぎやすかった」と言う方が多いです。

ハイローオーストラリアの撤退の予測理由の一つが、サービス内容の改悪です。

前述したように、ハイローオーストラリアは顧客の負け取引で利益を出しています。

つまり、攻略法などが世の中に浸透して、勝てるトレーダーが増えてくると、顧客を負けさせる会社側に有利なルール変更を実施してきたのです。

サービス内容の変化を見てみると、ハイロー終了が近いのではと噂されることも納得できます。

同値引き分けが負け扱いに

ハイローオーストラリアは2021年にはすでに、同値で取引が終わった際に負け扱いとなってしまいます。

同値とは

エントリー数値と判定時間の数値が同じ値で終わる事

ハイローオーストラリアでは、過去には引き分けとして返金されるシステムでした。

為替相場は常に売買が行われていますが、全く動きがなく同じ数値で終わるというケースも少なくありません。

  • 値動きの少ない深夜や日中
  • 値幅の小さい通貨や銘柄

上記のような状況では、値動きがなく同値で負けてしまうケースがあります。

顧客を負けさせるための対策で、ハイローオーストラリアユーザーにとっては大きな痛手となるルール変更であったと言えるでしょう。

また、値動きがないだけでなく、大きく動いた状況でも価格戻しで同値になるケースがあります。

上チャート画像のように、十字線が出現した箇所は同値になる場面です。
珍しいケースではなく、ハイローオーストラリアでは頻繁に起こり得る事項となっています。

取引銘柄の廃止

ハイローオーストラリアでは、度重なるルール変更が実施されていますが、2021年には取引銘柄の変更を行った事が大きな話題となりました。

  • AUD/NZD(豪ドル/NZドル)→全ての判定時間での取引がなくなる
  • GOLD(ゴールド)→1日判定のみ残り、15分取引の廃止

上記2銘柄は、ハイローオーストラリアの中でも人気の高かった銘柄ですが、廃止されました。

特に逆張りのトレーダーに人気で、高確率で反発が見込める銘柄でした。

しかし、2021年に両方の15分取引が廃止されてしまい、ハイローユーザーたちに大きな混乱を与えたのです。

AUDNZDとGOLDしか狙わないというトレーダーも多かったため、このルール変更により顧客離れが進んでいる状況となっています。

勝率の高い銘柄をなくしていきたいという、ハイローオーストラリア側の策略と言えるでしょう。

また、予告なしでこのルール変更を実施したことも、顧客の不信感を生む結果になりました。

ペイアウト変更

ハイローオーストラリアが人気のバイナリーオプションサービスとなったのは、ペイアウトの高さも要因の一つです。

最大2.30倍ほど高いペイアウトが付くので、勝率に対する損益分岐点が高いと高評価でした。

ザオプションやファイブスターオプションといった、人気の海外バイナリーと比べても高い水準です。

関連する人気記事をチェック!

しかし年々、ハイローオーストラリアはペイアウトの変更を実施してきました。

過去には15分取引で1.88倍ついていましたが、現在では1.85倍にまで引き下げられています。

たったの0.03倍と感じるかもしれませんが、勝率ベースで見ると大きな問題です。

ペイアウト損益分岐点
1.85倍勝率54.05%以上
1.88倍勝率約53.19%以上

ペイアウトが0.03倍違うだけで、約1%も勝率が変わる事を意味します。

バイナリーオプションは勝率を淡々と上げる事が重要となるほか、取引回数が多ければ多いほど、この損益分岐点も変わる仕組みです。

そのため、ペイアウトの引き下げは顧客にとって死活問題となってしまうのだ。

もちろん、下がるだけではなく上がる事もありますが、人気の取引形態から下げられている状況です。

スプレッドの発生

ハイローオーストラリアでは、以下4種類の取引形態があります。

  • HIGHLOW取引
  • HIGHLOWスプレッド取引
  • Turbo取引
  • Turboスプレッド取引

スプレッドは、スプレッド取引でしか発生しないものと考えられています。

しかし現在では、通常のHighLow取引でもスプレッドが発生している現状です。

  • 人気のエントリーポイント
  • 約定が集中する箇所
  • エントリー金額が多く集中した箇所

上記のようなポイントでは、スプレッド取引と同じくらいのスプレッドが発生するのです。

短期売買であるバイナリーオプションは、スプレッドが少し広がるだけでも大きく勝率を落とす要因となります。

チャート上では勝てているというポイントでも、実際のハイロー画面を見ると負けていたなんて事も少なくはないです。

スプレッドは、ハイローオーストラリアのTurbo取引以外では全て出るものであると覚えておきましょう。
1時間取引や24時間取引であっても発生するものです。

約定する前に数値を見て、「スプレッドが発生している」と分かったら、無茶な金額での取引は避けるのが賢明と言えるでしょう。

2024年にハイローオーストラリアの撤退の可能性は低い

ハイローオーストラリアの撤退やサービス終了に関する噂などについて紹介しました。

しかし、結論を言うと2024年にハイローオーストラリアが撤退する可能性はとても低いと見ていいでしょう。

ハイローオーストラリアの撤退の可能性が低い理由は、どのような状況であっても負け顧客が常に存在することが要因です。

ハイローオーストラリア撤退の噂は、10年以上前から同じ事が言われています。

サービス運営当初からすぐに終了すると予測されていたにも関わらず、現在で問題なく運営ができている状況です。

バイナリーオプションを始めた方のうち、7割の方は1年以内に辞めてしまっているというデータがあります。

常に負け顧客のほうが多いのは間違いないので、長年に渡ってハイロー側には利益が出ていると考えていいでしょう。

2022年~2023年は負けトレーダーが多かった可能性あり

2022年~2023年は、ハイローオーストラリアで負けるトレーダーが多かった事が予想されます。
これは、ハイローオーストラリア側の対策ではなく、為替相場全体での影響です。

為替相場は年々変化しています。

これは、USD/JPY月足で見たものです。
2016年~2021年はレンジ気味に推移していましたが、2022年より極端なトレンドが発生していることがわかります。

ハイローオーストラリアでは、圧倒的に逆張り手法を使う人が多いため、レンジ相場が形成されている方が高い勝率が出せるという方が多いです。

2022年から現在にかけては円安の影響で各通貨でトレンドが発生しており、これまでに勝てていた手法も勝ちにくくなっていると言えるでしょう。

相場状況は年々変化するので、常に新しい手法をアップデートすることが重要です。

現に、2016年以降はバイナリーが勝ちやすいと高い人気でしたが、現在は過去ほど稼げる相場ではないので、ハイローオーストラリア側も大きな損失は出していないと考えられます。

海外業者が増加もハイローが人気No1を維持

近年、様々な海外バイナリー業者が日本でのサービスを展開しています。
これまでは安全性の低い会社も多くありましたが、現在は一定の安全性が担保された会社が増えてきました。

しかし、依然としてハイローオーストラリアの人気がNo1です。

ハイローオーストラリアの人気が高い理由
  • ペイアウトが業界最高水準
  • ボーナスが高額かつ利用しやすい
  • 取引ルールや出金条件がシンプル
  • 出金速度が速くサポート体制も万全

特にトレーダーの多くはペイアウトを重視しており、ハイローオーストラリアを超える業者は未だにないのが現状です。

負けるトレーダーが多い時期が続いていても、バイナリー業界でトップの人気は維持しているので、運営自体は問題なく行えていると考えられます。

2024年以降に日本がバイナリー規制を強化する可能性はある

現在、海外の多くの国でバイナリーオプションに対する規制が強化されています。
FXや株式とは違い、ギャンブル性の高い取引としてEUを中心に規制が広がっている現状です。

ハイローオーストラリアを利用できる国も少ないことから、現状のハイローは日本人トレーダーが利用しているからこそ成り立っているとも言えるでしょう。

そのため、ハイローオーストラリアが日本市場を自ら手放すとは考えにくいです。
しかし、日本が海外のように海外バイナリーオプションを規制する可能性はゼロではないと言えます。

海外バイナリーオプションの問題
  • 国内業者の利用者が海外業者に流れてしまう
  • 金融庁の取り決めが適用されない
  • 詐欺業者や詐欺ツールの勧誘による被害の増加

上記のような問題が深刻となれば、金融庁を中心とした関連機関が規制強化に動く可能性は充分にあります。

現時点でハイローオーストラリアが撤退する可能性は低いですが、もしも利用できなくなるとすれば規制強化による動きが原因になると言えるでしょう。

今後も永久的に利用できるとは限らないので、あくまでも余剰資金でコツコツと行うことが重要です。

関連する人気記事をチェック!

今すぐ無料で試してみよう♪↓↓
バイナリーオプションのでも取引はこちら

\\10秒で始められる!/

ハイロートレーダー待望のサインツールが完成!

ハイロー取引で勝てない、分析の仕方がわからない人も多いだろう。
朗報だ。
バイナリーオプション攻略の最終兵器【幕末サインツール】が販売中だ。

\ ハイロー取引完全対応 /

サインが出たタイミングでエントリーするだけ!
パソコンさえあれば導入も簡単よ。

数量限定で販売中よ!
是非試してみてね。

トレーダー必見!幕末ライン@提供開始

バイナリーオプショントレーダーに朗報です。

幕末バイナリーオプションでは、トレーダー攻略情報提供のため幕末ライン@を開設しました。

幕末ライン@では、バイナリーオプション攻略情報だけでなく、バイナリーオプション攻略ツールや業者のボーナスキャンペーン情報を不定期で発信しています。

友達になっておけば、攻略に役立つツールやお得なボーナスの情報をいち早く入手できるぞ。

私達と一緒にバイナリーオプションを攻略しましょう。
友だち登録よろしくね。

この記事を書いた人

会社員でありバイナリーオプショントレーダーでもあるマサヒラでござる。自分が得たバイナリーの知識をアウトプットするだけでなく、バイナリーオプションについてもっと知ってもらい、これから始める人の参考になればとても嬉しいでござるよ!
"小学生にもわかるように"をモットーに、楽しく記事を執筆しておる!

運営者情報を詳しく見る

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次