MENU
幕末ライン@で攻略情報をGET

幕末ライン@では、バイナリーオプションで使えるサインツールを無料プレゼント中!

デモ取引を試してみよう
ハイローのサイドバナー用
  • 口座開設で5,000円ボーナス!
  • 海外バイナリー業者人気No.1
  • クレジットカードで簡単入金!
LINE@で幕末サインツール無料プレゼント中

バイナリーオプションの雲(一目均衡表)を使った攻略法

\ 5,000円キャッシュバック開催中 /

バイナリーオプションの分析では、MT4やMT5などのプラットフォームから分析する事が一般的です。

本記事で紹介するのは、そんなMT4・MT5に標準搭載されている、一目均衡表というインジゲーターになります。

一目均衡表の使い方や攻略法をマスターして、精度の高いバイナリー分析を行ってみてください。

目次

一目均衡表とは

一目均衡表とは、別名で雲とも呼ばれているMT4やMT5に標準搭載されたインジゲーターです。

都新聞の商況部長をしていた細田悟一氏という方が、一目仙人というペンネームで1936年に考案したテクニカル指標になります。

日本生まれの指標ではありますが、為替の分野だけでなく株式相場の分析にも役立つという事で、世界中のトレーダーに愛用されている傾向です。

MT4・MT5への挿入方法
  1. MT4・MT5上部にある「挿入」をクリック
  2. インディケータをクリック
  3. トレンドをクリック
  4. Ichimoku Kinko Hyoをクリック

上記の手順で挿入ができます。
インジゲーターの分類ではトレンドの項目にあるので、トレンド相場の強弱を示すのに有効とされています。

下のチャート画像は、実際に一目均衡表を表示したものです。

それぞれの線の内容と役割について見ていきましょう。

基準線と抵抗線

チャート上に表示された赤い線は転換線、青い線は基準線と呼ばれる線です。

基準線は過去に発生したローソク足の最高値と最安値の平均を算出したものになります。
移動平均線のようなものと覚えておきましょう。

ただし、移動平均線は終値の平均値を示すのに対して、基準線は最高値と最安値の平均値から算出されています。

価格のばらつきに敏感となることから、階段状の線を作ることが一般的です。

転換線は、基準線よりも短い期間で算出された平均価格を示す線となります。
上チャートを見ても分かるように、転換線は青い基準線に比べてもローソク足の位置に近い位置を推移します。

転換線の見方としては、ローソク足よりも下か上にあるかの2パターンに分かれる。

「転換線が基準線の上にあれば上昇が強い」「転換線が基準線の下にあれば下落が強い」といった環境認識で用いられます。

転換線の計算方法
(直近9日間の最高値+最安値) ÷2(9日間の中心値)
基準線の計算方法
(直近26日間の最高値+最安値)÷2(26日間の中心値

先行スパンと遅行スパン

一目均衡表では、合計で5本の線が表示されています。

そのうちの3本が先行スパンと遅行スパンというものです。

上下に激しく変動している緑の線が遅行スパンと言われるものです。

遅行スパンは、相場の強弱を表していると覚えておきましょう。

現に上のチャートで見ても、ローソク足の平均値が大きくなっているポイントで、緑の線が激しく動いていることが分かります。

遅行スパンがローソク足の下にあれば強い相場、上にあれば強い相場が形成されていると判断できます。

遅行スパンの計算方法

遅行スパン (遅行線)当日の終値を26日前に記入

次に注目するのは先行スパンです。
一目均衡表で呼ばれている雲は、この2本の先行スパンで形成されたものになります。

チャート上に表示された、雲のような枠を見て相場分析に役立てます。

先行スパン1と先行スパン2で形成されたものが雲のような形に見える事から、別名でとも呼ばれているのです。

先行スパン1の方が2よりも短期の動きを表しており、雲がローソク足よりも下にあるときには支持線(別名:下雲)、上にあるときには抵抗線(別名:上雲)となります。

雲の向きが上にあると上昇トレンド、下にあれば下落トレンドとして意識されますが、雲の形状や大きさは相場状況によって異なるので、チャートを見て主観で判断しないといけません。

また、雲抜けというパターンでは、トレンドの前兆と判断されます。

雲をローソク足が上抜けすると上昇トレンド、下抜けすると下落トレンドといった分析にも使われています。

先行スパン1の計算方法
(転換値+基準値)÷2⇒26日先に記入
先行スパン2の計算方法
(直近52日間の最高値+最安値)÷2⇒26日先に記入

バイナリーオプションでの一目均衡表の使い方

一目均衡表の線がどのような意図で構成されているかが分かったところで、次は一目均衡表のバイナリーオプションでの使い方について見ていきます。

トレンド分析に役立てられるものではありますが、どのようにして相場判断をしていけばいいのかを詳しく見ていきましょう。

三役好転

一目均衡表では、三役好転というパターンが意識されるものです。

三役好転とは、以下の3つのシグナルが重なったポイントを指します。

  • 転換線が基準線を上に抜いた時
  • 遅行スパンがローソク足を上に抜いた時
  • ローソク足が雲を上に抜いた時

上記全ての役割を担う線が上方向にシフトした時が、相場上昇のシグナルとされているのです。

実際のチャートを見てみましょう。

青い〇は ・遅行スパンをローソク足が上に抜いた箇所、黒い〇は転換線が基準線を上に抜いた箇所、赤い〇がローソク足が雲を抜いた箇所になります。

このパターンは、一目均衡表でいうと強い上昇シグナルを示すパターンです。

順番は前後しても問題なく、長期的な上昇トレンドを判断する際に有効と言えるでしょう。

また、バイナリーオプションでは相場の方向性を分析する際に有効となります。

上昇シグナルが出た時点でハイエントリーに絞る、もしくは上昇トレンドの出現と判断して逆張りは控えるといった環境認識で使用しましょう。

三役逆転

三役逆転は三役好転の逆パターンを指します。

  1. ①遅行スパンがローソク足を下に抜いた時
  2. ②転換線が基準線を下に抜いた時
  3. ③ローソク足が雲を下に抜いた時

先ほどの、三役好転とは逆で下落のシグナルが強くなることを指します。

バイナリーオプションで使う際には下落トレンドを狙う場合、エントリー方向を定めた環境認識で使うと良いでしょう。

一目均衡表を使ったバイナリーオプション攻略法

次は、一目均衡表を使ったバイナリーオプションの攻略法について解説していきます。

一目均衡表はFXの長期的な分析で使用されるのが一般的ですが、バイナリーオプションでも有効に活かせます。

具体的な手法や、相性の良いインジゲーターとの併用についても解説していくので、下記を参考にしてみてください。

レンジ相場の環境認識として使う方法

最初に紹介するのは、 一目均衡表 レンジ相場の環境認識として使う攻略法です。

一目均衡表は、トレンドだけではなくレンジ相場を認識する際にも有効となります。

STEP
一目均衡表とストキャスティクスをチャートへ挿入

最初に、一目均衡表とストキャスティクスをチャートへ挿入させましょう。
設定方法はデフォルト表示で構いません。

一目均衡表→転換線9、基準線26、先行スパン52で表示させます。

ストキャスティクスは、%K5、%D3、スローイング3で表示しましょう。

チャートの時間足は5分足で設定しておいてください。

STEP
一目均衡表の雲がねじれてきたのを確認

次は、一目均衡表の雲にねじれが生じたポイントを確認します。

一目均衡表の雲にねじれが確認出来たら、レンジ相場を形成する確率が高まります。

レンジの前兆となる、ねじれのポイントを狙っていきましょう。

しかし、ねじれが確認出来た後に明らかなトレンドが発生していればスルーしてください。

STEP
ねじれ確認後、ストキャスティクス反応で逆張りエントリー

雲のねじれが確認出来て、レンジ相場を作ってきたとします。

その後ストキャスティクスが反応してきたところで、逆張りのエントリーをしましょう。

判定時間は次足の5分がベストです。

注意点として、遅行スパンの位置に注目してあげる必要があります。

遅行スパン(チャート上ではピンクの線)がローソク足から離れすぎていると、トレンドの前兆もしくは平均値の小さい相場になると判断が可能です。

レンジ相場であったとしても、充分な売買のないポイントでは逆張り勝率も落ちてしまうので、ローソク足と遅行スパンの位置は重視するようにしてください。

一目均衡表の雲と遅行スパンの分析をすれば、上記のようにレンジ相場での取引でも活用可能です。

しかし、レンジ後にトレンドを組んできたら注意して下さい。
レンジ相場内であれば一目均衡表とストキャスティクスの愛称は良いですが、ストキャスティクスはトレンド相場で全く機能しなくなるので、相性の悪いインジゲーターへと変化してしまいます。

レンジ相場内でだけ使用して、トレンドを作ってきたら違う手法に切り替えることが重要です。

一目均衡表とトレンド前兆を組み合わせた手法

次に紹介するのは、一目均衡表とトレンドの前兆を組み合わせた攻略手法です。

使用するインジゲーターは一目均衡表のみとなります。

STEP
直近の高安値に水平線を引く

最初に、チャートを5分足か15分足で表示させて、直近の高安値にラインを引いておきましょう。

重要となるのは、あくまでも直近のラインです。

為替取引では前日高安値や2日前高安値などにラインを引くケースもありますが、この場合は近い価格帯の高安値だけに注目をしておきます。

STEP
ローソク足の平均値が小さくなってきたことを確認

次は、ローソク足の平均値が小さくなってきたことを確認してください。

コマ足や十字線を作り出したらチャンスと言えるでしょう。

STEP
三役好転の確認

ローソク足の平均値が小さくなってきたら、一目均衡表にも注目しましょう。

遅行スパンが上抜け、ローソク足が雲抜け、 転換線が基準線を上に抜く3つの条件が揃った、三役好転ができているかを確認します。

1つでも条件を満たしていない場合はスルーです。

全て条件を満たしている場合は、そのままバイナリーオプション取引画面で通貨選択をして準備しましょう。

STEP
直近高安値を抜けたら、1時間判定の順張りエントリー

全ての条件を満たして、先ほどのラインを抜けてきたところがエントリーポイントとなります。

1時間ほどの長い判定時間でエントリーしましょう。

ラインちょうどでのエントリーでは、その後の反発する可能性があるので注意です。

必ず、ラインをしっかりブレイクしてきてから狙うようにしてください。

上昇時の例を解説しましたが、下落局面でも同じです。

下落の時は、三役逆転のパターンで直近安値ラインを抜けてきたところがエントリーポイントになります。

1時間判定は、判定時間が明確に決まっているバイナリーオプション業者の方が多いので、エントリーする際は注意して下さい。

例えばハイローオーストラリアを例に見ると、1時間ごとに定められた判定時間が1時間判定です。

一目均衡表を使った順張り手法では、判定時間がより長い方が有利となるので、30分以上判定までの時間がある時のみを狙うようにしましょう。

(例)12時台にチャンスが来た場合

12時30分までのチャンス→13時判定でエントリー
12時30分以降のチャンス→スルー

一目均衡表の3つの注意点

最後に、一目均衡表をバイナリーオプションで使う上での注意点について紹介します。

バイナリーオプションの分析で活用したい方は、下記の点を注意して使うようにしてください。

明確な使い方は公表されていない

一目均衡表はFXや株式の世界でも、上級者向けのインジゲーターと言われています。

その上、参加者の少ないバイナリーオプションでの使い道は少なく、情報はほとんど出回っていません。

一目均衡表は複雑に計算された5つの線で構成されたインジゲーターです。

その使い道や分析方法に関して明確なのは、本記事で紹介した三役好転や三役逆転のみとなっています。

また、雲の形状でも使用するトレーダーによって分析方法が変わります。

雲が大きいと判断するトレーダーもいれば、小さいと判断するトレーダーもいるという事です。

一目均衡表を活用する際は、計算式や5本の線それぞれの役割を理解した上で、自身なりのバイナリーオプションでの使い方をマスターしていかなければいけません。

ローソク足の形状が見にくくなる

一目均衡表はトレンド相場を分析するという習性から、移動平均線やボリンジャーバンドといったトレンド系指標との相性が良いです。

しかし、一目均衡表だけで5本の線が表示されているので、追加でトレンド系指標を追加してしまうとチャートが見にくくなってしまいます。

上のチャート画像は、一目均衡表にボリンジャーバンドを追加挿入した画像です。

黄色の点線がボリンジャーバンドですが、チャートが複雑になって分かりづらくなっていることが確認できます。

トレンド系指標は、RSIやストキャスティクスのようにサブチャートに表示されるのではなく、メインチャートに表示されるものがほとんどです。

バイナリーオプションではローソク足の形状を分析した方が精度の増したエントリーに繋がるので、バイナリーオプション分析のメインで使うチャートに一目均衡表を表示するのは適さないと言えるでしょう。

短い時間足ではだましが多い

バイナリーオプションでは、短い時間足での分析が重要となります。

FXでは1時間足や日足といった上位足での分析をする方が多いですが、一目均衡表を短期足で使うとだましが増える懸念があります。

仮に、本記事で紹介した三役好転や三役逆転が出現したとしても、短期足であればトレンドにならずレンジを組む可能性が高まってしまうのです。

レンジ相場での環境認識や、三角持ち合いといったトレンドの前兆を組み合わせた手法であれば有効ですが、一目均衡表のみの分析では負ける回数も増えてしまうので注意しましょう。

「雲」を使ったバイナリーオプション攻略実践結果

一目均衡表の「雲」を駆使して、実際に取引をしてみました。

今回の取引を動画で確認したい方はこちらから👇

一目均衡表は上級者向きのインジケーターですが、攻略法次第では初心者でも使いこなすことができます。
比較的分かりやすく、勝率の高い方法を試してみました。

バイナリーオプション業者ハイローオーストラリア
判定時間Turbo5分
取引通貨NZD/JPY、BTC/USD、ETH/USD
使用インジケーター一目均衡表、ストキャスティクス
「雲」を使った攻略法

はたして利益は出せるのでしょうか…?

一目均衡表取引実践1回目

最初は、別の記事で紹介している「一目均衡表×ストキャスティクス」の分析方法を実践します。
詳しい実践方法はこちらの記事を参照してください。

エントリーポイントは、ローソク足が雲の中に隠れている状態で、ストキャスティクスが反応している地点です。

MT4で4つのチャートを観察していると、条件に一致した現象が現れました。チャートはNZDJPYです。

雲の中にローソク足があるのでレンジ相場だと判断できます。
その上でストキャスティクスが80を超えた箇所で、逆張りのLowエントリーを入れました。

判定時間は5分だ。結果を見ていこう。

結果は成功!
ペイアウト率は1.87倍で10,000円でエントリーしていたので、8,700円の純利益が出ました。

雲の中にローソク足があると、相場の方向性が決まっていないんですね。

つまりストキャスティクスの反応地点で反発しやすいのだ。

一目均衡表取引実践2,3回目

次は「雲」だけを根拠にエントリーしてみます。

ローソク足が雲を下抜けすると下降トレンド、ローソク足が雲を上抜けすると上昇トレンドとして分析することができます。

BTC/USDでローソク足が雲を上抜けしていたので、確定して次足に入ったタイミングでHighを入れました。

同時にもう1つ同じ現象が起こっているチャートがありました。ETH/USDです。
ここでも同じようにHighエントリーをしていきましょう。

この2つのチャートは動きが似ていますね。

どちらも仮想通貨で、同じUSDを含む通貨ペアだからな。

5分後の判定時間まで結果を待ちます。

結果はどちらも成功!
予想通りチャートは上昇しました。

一目均衡表取引実践4回目

1回目に逆張りエントリーをしたチャートがまだ雲内を推移しており、今度はストキャスティクスの「買われすぎ」範囲に突入しました。

逆張りでHighエントリーですね!

結果は成功!

インジケーターの組み合わせを使った攻略法は、根拠が複数必要になりエントリーポイントは減ります。
しかし、その分勝率が高くなることを実感できますね。

一目均衡表取引実践5,6回目

次は、「三役好転」と「三役逆転」を使った取引をしていきます。
該当するチャートがあったので見ていきましょう。

まずはBTC/USDのチャートです。

これは…「三役好転」でしょうか?

先ほども確認しましたが、ローソク足が雲を上抜けしています。
また、その少し前には赤い転換線が青い基準線を上抜けしていますね。

この2点に加えて、先ほど更新した遅行スパンがローソク足を上に抜きました。

3つのシグナルが上方向にシフトした。相場上昇のシグナルだな。

こちらと同じ現象が起きているチャートがもう1つありました。

似た動きをしているETH/USDでも、三役好転が発生していますね。

本来こちらの現象はあくまで「上昇の力が強い」という環境認識に使用するべきです。
ただ、今回は検証も含まれますので、ローソク足が確定した段階でHighを入れてみました。

結果は2つとも成功!
しかし、エントリーポイントがそこまで良くなかったので少々ギリギリの成功になりました。

上昇トレンドと見て押し目買いを狙うと良いだろうな。

一目均衡表取引実践7,8回目

先ほどまで雲の内部にいて、ストキャスティクスでエントリーを判断していたNZD/JPYのチャートに動きがありました。

ローソク足が雲を上抜けしていますね。
5,6回目の取引と同じく、こちらでも「三役好転」が発生しています。

できれば先ほどの分析を活かして押し目でエントリーしたいのですが、このチャートはあまり反発せず緩やかに上昇しています。少し狙いにくいですが、停滞してきたところを狙ってHighを入れました。

予想通りチャートは上昇しましたが、一時的に反発して下落してきました。
エントリーはギリギリ成功です。

下落してきた…ということは、押し目なのでHighが狙えますね!

判定が出たと同時に、追ってHighエントリーを入れます。

しかしチャートはさらに下降。上昇することはなく、エントリーは失敗してしまいました。

上昇トレンドの発生と見て冷静に安値ラインを引いてみると、どちらのエントリーもこのラインには届いていなかったと判断できます。

最終的な結果を見ていくぞ。

勝敗7勝1敗
勝率87.5%
損益+59,950円
一目均衡表を使った取引結果

主に一目均衡表の「雲」を使って取引しましたが、かなり高い勝率を叩き出すことができました。

ただ、やはり「三役好転」と「三役逆転」についてはエントリーポイントとは言いづらく、環境認識として使用するのが良いかと思います。

トレンドの発生と見てライントレードをする、などだな。

逆張りを控えたり、オシレーター系インジケーターに惑わされないよう注意することもできそうです!

一目均衡表はメインチャートがごちゃごちゃしているのでつい難しそうと感じてしまうかもしれませんが、紐解いてみればそんなことはありません。

長期的な分析で使用できるので、ストキャスティクスやCCIなどと組み合わせて勝率を上げましょう。

ハイロートレーダー待望のサインツールが完成!

ハイロー取引で勝てない、分析の仕方がわからない人も多いだろう。
朗報だ。
バイナリーオプション攻略の最終兵器【幕末サインツール】が販売中だ。

\ ハイロー取引完全対応 /

サインが出たタイミングでエントリーするだけ!
パソコンさえあれば導入も簡単よ。

数量限定で販売中よ!
是非試してみてね。

トレーダー必見!幕末ライン@提供開始

バイナリーオプショントレーダーに朗報です。

幕末バイナリーオプションでは、トレーダー攻略情報提供のため幕末ライン@を開設しました。

幕末ライン@では、バイナリーオプション攻略情報だけでなく、バイナリーオプション攻略ツールや業者のボーナスキャンペーン情報を不定期で発信しています。

友達になっておけば、攻略に役立つツールやお得なボーナスの情報をいち早く入手できるぞ。

私達と一緒にバイナリーオプションを攻略しましょう。
友だち登録よろしくね。

この記事を書いた人

会社員でありバイナリーオプショントレーダーでもあるマサヒラでござる。自分が得たバイナリーの知識をアウトプットするだけでなく、バイナリーオプションについてもっと知ってもらい、これから始める人の参考になればとても嬉しいでござるよ!
"小学生にもわかるように"をモットーに、楽しく記事を執筆しておる!

運営者情報を詳しく見る

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次