MENU
ハイローのサイドバナー用
  • 口座開設で5,000円ボーナス!
  • 海外バイナリー業者人気No.1
  • クレジットカードで簡単入金!
サインツールでハイローを攻略!
幕末サインツールの画像

バイナリーオプション専用!幕末サインツールで安定して勝つ!

幕末ライン@で攻略情報をGET

幕末ライン@では、バイナリーオプションのツールや攻略情報を無料で発信中!

友達登録してトレーダー必見の情報を受け取ろう

【完全無料】バイナリーオプションのデモトレードを試す

バイナリーオプションのトレンドを見極める方法をわかりやすく解説

\ 5,000円キャッシュバック開催中 /

バイナリーオプションでは、トレンド相場での手法を極めることで、高い勝率が安定して出せる可能性があります。

ただし、金融市場でのトレンド相場は永遠に続くわけではないので、トレンドの転換点となる反発ポイントの見極めも重要です。

本記事では、トレンド発生とトレンド転換の見極め方と、バイナリーオプションでの活かし方について詳しく解説していきます。

目次

トレンド相場の見極め方

そもそもトレンドとは、為替や株、仮想通貨などの金融市場で一方方向に伸びる相場を指す言葉です。

・上方向に大きく伸びる相場→上昇トレンド
・下方向に大きく伸びる相場→下降トレンド

為替相場を例にすると、相場全体でのトレンドは3割程度で、残りの7割は明確な方向性のないレンジ相場を形成すると言われています。

トレンド相場は、買いと売りの力が均衡せずに、買い売りのいずれかに注文をする投資家の集中によって発生するものです。

バイナリーオプションでは、トレンド発生は順張り、トレンド転換は逆張りで有効な環境認識の分析です。

トレンドの見極め方の基本情報として、トレンド発生とトレンド転換の見極め方2パターンを見ていきましょう。

トレンドが発生するパターンの見極め

まずは、トレンド相場が発生するパターンについて見ていきます。
バイナリーオプションで逆張りを狙う場合は、トレンドの発生により勝率を落としやすいです。

また、トレンドが発生するタイミングや方向は予測しにくいため、順張りであっても注意すべき相場と言えるでしょう。

トレンドが発生するパターンを理解して、危険な相場の回避につなげてみてください。

三角持ち合いのパターン

為替相場では、レンジ相場が長く続くとトレンド相場が発生しやすいです。

価格の平均値が低くなる相場が長くなり、停滞した相場が続くと、投資家達が「次にトレンドが発生したポイントでトレンド方向に沿ったエントリーをしたい」という心理になります。

相場の高安値が徐々に小さくなり、相場を線で結ぶと三角の形になることから、三角持ち合いとも呼ばれるパターンです。

三角持ち合いは高確率でその後のトレンド発生を示唆する前兆になりやすく、バイナリーオプションの取引では注意が必要になります。

経済指標起点でのトレンド発生

トレンドは、経済指標が起点となって発生するパターンもあります。

上図のように、指標時に大きく上昇したとします。
その後は、特にレンジや反発を見せることなく、上昇方向へ一方的に伸びるパターンです。

経済指標は直後こそ大きな相場変動を見せるものと考えられがちですが、以下のような注目度の高い指標ではトレンドの前兆になるケースもあります。

・FOMC
・米国雇用統計
・主要国の政策金利発表
・主要国のGDP発表
・米消費者物価指数

指標発表後に、「まだまだ伸びる」と判断する投資家が多いと、売買の集中により発生するケースが多いです。
指標後に反発がなく価格が伸びてきたら、長期トレンドの発生と判断しても良いでしょう。

市場参加者の流入によるトレンド発生

為替相場は平日の24時間売買が行われていますが、各時間帯で市場参加者の数は異なります。
市場参加者が多い時間帯こそトレンドの発生しやすい時間で、為替相場が大きく一方方向に伸びるケースが多くなります。

特に、トレンドが発生しやすいのは、夕方のヨーロッパ市場が参加する時間です。
夕方16時(夏時間は15時)になると、イギリスのロンドン市場がオープンします。

イギリスは世界的に見ても為替に流入する金額が大きく、市場のトレンドを招く要因になりやすいです。
日中でレンジ相場を形成しており、夕方になって大きく動くと「市場参加者の流入によるトレンドである」と判断ができます。

トレンド転換の見極め方

次に、トレンドの転換を見極める方法について見ていきます。
トレンド転換の見極め方が分かると、ハイローオーストラリアでの逆張りに活かせます。

ハイローオーストラリアでは、相場の天底を狙う逆張りが効果的とされていますが、トレンド転換では特に値幅が抜けやすく高い勝率が見込めるものです。

トレンド転換に繋がりやすいパターンを詳しく見ていきましょう。

酒田五法での分析

トレンドの転換点では、ローソク足のパターンである酒田五法での分析が効果的です。
酒田五法におけるトレンド転換のパターンは、以下のようなものがあります。

山尊
三山
三空
逆三尊

上昇トレンドの場合は高値へ3回の挑戦、下降トレンドの場合は安値へ3回の挑戦をしてから転換するというおパターンになります。

為替の市場でも投資家達の間で意識されやすいパターンであることから、トレンド転換の目安になりやすいです。

関連する人気記事をチェック!

高安値で2回の反発

トレンドが出現後に高安値で2回の反発をしたポイントは、トレンドの転換点になりやすいです。
ダブルトップやダブルボトムとも呼ばれるパターンであり、為替相場では意識されやすいポイントになります。

2回の反発は同じラインで発生していることが条件で、その後のトレンド継続がないとポジションを解消する投資家が増えやすいです。

そのままレンジを形成することも珍しくはありません。
トレンド後にダブルトップ・ダブルボトムの発生によりできたレンジ相場では、RSIやストキャスティクスなどのオシレーター勝率の高い相場になります。

トレンドの天底でローソク足が停滞

トレンドは、トレンドの天底でローソク足が停滞したポイントも転換のチャンスになります。

上図のように、上昇トレンドの過程でローソク足が小さく推移したとしましょう。
コマ足・十字線が頻発したポイントですが、「投資家達が迷っている」状態になります。

また、停滞が長く続くことで、トレンド方向にポジションを保有していた投資家達が一気に決済をし始めるポイントです。

結果、トレンドが転換する前兆となり、逆方向へのトレンド出現かレンジ相場を形成しやすくなります。

押し目・戻り売りラインのブレイク

トレンドでは、押し目・戻り売りというポイントが意識されやすいです。

押し目:上昇トレンド過程で一時的な下落をするポイント
戻り売り:下降トレンド過程で一時的な上昇をするポイント

押し目や戻り売りは、直近の高安値ラインが強く意識されます。
ラインで反発をすれば再度トレンドが継続すると判断できますが、ラインを更新してきたらトレンドの転換と見極められるでしょう。

ラインを更新した時点で、投資家達の意識もトレンド終了と判断する人が増え、一気に相場が逆方向に進みやすくなります。

トレンド過程でのブレイク

トレンド相場が出現して、トレンド方向に大きくブレイクしたら転換のチャンスです。
上昇トレンドを例に解説します。

上図では、上昇トレンドが形成された後に、さらに大きく上昇しているポイントがあります。
さらに大きく上昇したポイントがトレンドの転換点になっていることが見て取れるでしょう。

トレンド過程でのブレイクは、「トレンド方向への力を使いきった」サインになりやすいです。

結果的に、トレンド相場の終着点となり、その後は逆方向に伸びるケースが多くなります。

同じ値幅での上昇・下降

トレンド相場の逆張りでは、値幅トレードが有効なケースもあります。
以下のチャートをご覧ください。

上昇トレンドが発生して、1度はトレンド過程での押し目を形成しています。
その後2回目の上昇をして、トレンド転換を迎えた相場です。

1回目と2回目の上昇幅を図るとほとんど同じポイントになりますが、このように値幅が強く意識されたポイントが転換点になるケースもあります。

手法ごとのトレンドの見極め方

続いて、バイナリーオプションでの手法ごとに分けたトレンドの見極め方を解説します。

バイナリーオプションでは、相場が逆方向に予想する逆張りと、トレンド方向に逆らわない順張りの手法があります。

トレンド相場の形状によって、逆張りと順張りどちらが有効かが変わってくるのです。
具体的に見ていきましょう。

順張りが強いトレンド

順張りでは、「強いトレンドの継続」を見極める必要があります。
転換しやすい、または反発しやすいトレンドで勝負してはいけません。

順張りでは、以下のようなトレンドを狙いましょう。

・ローソク足のサイズが小さい
・押し目・戻り売りをすることなく、波のないトレンドを形成している
・トレンドの角度が緩やか

小さいローソク足でだらだらとトレンドが形成されている相場が狙い目です。
波がなく、角度の緩やかなトレンドを形成すると反発の確率が低い長期トレンドになりやすい傾向にあります。

ただし、値動きが少ないことから同値負けのリスクもあるので注意です。
値幅の小さい銘柄で狙う際は、スプレッド取引などではなく通常の取引方法を使いましょう。

また、上図のようなトレンドが発生したとしても、絶対に反発をしないわけではなく、いつかはトレンド転換を迎えるので注意してください。

逆張りが強いトレンド

逆張りが強いトレンドは、以下のような相場です。

・トレンドの角度が比較的急な角度
・トレンド過程で押し目・戻り売りの反発を繰り返している
・トレンド方向へのローソク足が大きい

トレンドの角度は比較的急なものは、早めに転換する可能性が高いです。
また、順張り時のトレンドとは違い、トレンド過程で数回の反発をしていることが分かります。

規則正しく波を付けたトレンドは、反発確率が高く、長続きしないトレンドになりやすいです。

トレンド相場を逆張りで狙う際は、上図のようなトレンドが形成されているかを確認しておきましょう。

トレンドの見極めはインジゲーターがおすすめ

トレンド相場は、MT4・MT5に標準搭載されている各種インジゲーターでの見極めがおすすめです。

MT4・MT5のインディケータをクリックすると、トレンドの項目からトレンド系インジゲーターが選択できます。

トレンド系インジゲーターはその名の通り、トレンド相場の分析に特化したものです。
各種インジゲーターで使い方は異なりますが、基本的には全てトレンドの強弱を示すものと覚えておきましょう。

上図は、トレンド系で人気のボリンジャーバンドを表示させたチャートです。
メイン画面に3本の線が表示されますが、上下の線の角度や波を見てトレンドの強さが判断できます。

トレンドの発生や転換点を100%正確に予想することはできませんが、強いトレンドが徐々に弱まっているポイントなどを判断する材料にはなるでしょう。

まずは、各種インジゲーターを表示させて、自身の手法に適したトレンド相場の見極めを行ってみてください。

GMMAではトレンドの発生と転換の見極めができる

トレンド転換と発生の見極めをインジゲーターで判断したい場合は、複合型移動平均線のGMMAがおすすめです。

GMMA
短期線3、5、8、10、12、15と、長期線30、35、40、45、50、60の
移動平均線(合計12本)の線を表示させてトレンドの分析を行う。

上図のように、短期線の6本と長期線の6本は色を分けて表示させます。
上図では短期線束を青、長期線束を赤で表示させたものです。

以下の下降トレンドを例に分析方法を見ていきましょう。

①GMMAが横方向に推移→トレンドの前兆
②短期線束と長期線束が離れて平行に推移→強い下降トレンドの形成
③トレンド後に短期線束と長期線束が交わる→トレンドの転換点

上記のように、トレンド発生から転換点の予測が可能です。
ただし、GMMAを表示することでローソク足の形状が見にくくなるので、環境認識の方法としてサブチャートなどで分析すると良いでしょう。

また、短い時間足ではなく、上位足で表示させて大まかな相場方向を見定める際に使用するのも効果的です。


今すぐ無料で試してみよう♪↓↓
バイナリーオプションのでも取引はこちら

\\10秒で始められる!/

ハイロートレーダー待望のサインツールが完成!

ハイロー取引で勝てない、分析の仕方がわからない人も多いだろう。
朗報だ。
バイナリーオプション攻略の最終兵器【幕末サインツール】が販売中だ。

\ ハイロー取引完全対応 /

サインが出たタイミングでエントリーするだけ!
パソコンさえあれば導入も簡単よ。

数量限定で販売中よ!
是非試してみてね。

トレーダー必見!幕末ライン@提供開始

バイナリーオプショントレーダーに朗報です。

幕末バイナリーオプションでは、トレーダー攻略情報提供のため幕末ライン@を開設しました。

幕末ライン@では、バイナリーオプション攻略情報だけでなく、バイナリーオプション攻略ツールや業者のボーナスキャンペーン情報を不定期で発信しています。

友達になっておけば、攻略に役立つツールやお得なボーナスの情報をいち早く入手できるぞ。

私達と一緒にバイナリーオプションを攻略しましょう。
友だち登録よろしくね。

この記事を書いた人

会社員でありバイナリーオプショントレーダーでもあるマサヒラでござる。自分が得たバイナリーの知識をアウトプットするだけでなく、バイナリーオプションについてもっと知ってもらい、これから始める人の参考になればとても嬉しいでござるよ!
"小学生にもわかるように"をモットーに、楽しく記事を執筆しておる!

運営者情報を詳しく見る

目次