MENU
ハイローのサイドバナー用
  • 口座開設で5,000円ボーナス!
  • 海外バイナリー業者人気No.1
  • クレジットカードで簡単入金!
サインツールでハイローを攻略!
幕末サインツールの画像

バイナリーオプション専用!幕末サインツールで安定して勝つ!

幕末ライン@で攻略情報をGET

幕末ライン@では、バイナリーオプションのツールや攻略情報を無料で発信中!

友達登録してトレーダー必見の情報を受け取ろう

【完全無料】バイナリーオプションのデモトレードを試す

バイナリーオプションを攻略できるMACDの設定と使い方を徹底解説

\ 5,000円キャッシュバック開催中 /

バイナリーオプションでは、逆張りと順張りのいずれかに絞って手法を確立するのが一般的です。

しかし、インジゲーターのMACDという指標では、逆張り・順張りの両方に対応するため、取引チャンスの幅を広げることができます。

本記事では、MACDの概要と具体的なバイナリーオプションでの使い方について解説していきます。

関連する人気記事をチェック!
目次

MACD(マックディー)とは

MACD(マックディー)とは、MT4・MT5に標準搭載されているインジゲーターです。
MT4・MT5の上部にある「挿入」→「インディケータ」→「オシレーター」→「MACD」の順にクリックすると表示できます。

サブチャート上に表示された、赤い線をシグナルライン、緑のバーをMACDラインもしくはヒストグラムと言います。

MACDでは、この2つの指標を見て相場の分析を行います。

MACDの計算式

MACDは、以下の計算式から算出されます。

・MACD線=短期移動平均線(EMA)-長期移動平均線(EMA)
・シグナルライン=MACDの単純移動平均線

緑の線であるMACDの線は、短期移動平均線と長期移動平均線を引いたものから算出されています。
シグナルラインは、MACDの単純移動平均線で構成されている仕組みです。

MACDのおすすめ設定

MACDを表示する際の設定画面を開くと、以下のような画面が表示されます。

短期EMAと長期EMA、シグナル(MACDの単純移動平均線)の設定が可能です。
移動平均線やシグナルの数値を上げると反応が鈍くなり、短くすると敏感な反応になります。

MACDのおすすめ設定は以下の通りです。

短期EMA12
長期EMA26
シグナル9
適用価格Close

設定は基本変えることなく、デフォルトでの設定がおすすめです。
どうしても手法に合わない方は、数値を変えて試してみてください。

MACDは、分類上ではオシレーター系の指標ですが、各移動平均線を使うという特徴から、トレンド系のインジゲーターとしても利用可能です。

バイナリーオプションにおけるMACDの使い方

次に、バイナリーオプションにおけるMACDの使い方を紹介していきます。
MACDは、各オシレーター系指標やトレンド系指標に比べて使い方が比較的難しいです。

基本的な見方から使い方を見ていきましょう。

相場の方向性を確認する

MACDは、バイナリーオプションにおいて相場の環境認識に活用可能です。
シグナルの線の位置を見ることで、相場の方向性が判断できます。

①シグナルラインが上方向を推移→上昇トレンドの形成
②シグナルラインが下方向を推移→下降トレンドの形成

上記のような判断が可能です。
また、ラインの角度や動きの違いを見ることで、トレンドの強さが判断できます。

上位足などでMACDを表示して、相場の方向性を絞ったトレードをする際にも有効と言えるでしょう。

シグナルライン(赤線)だけではなく、緑のバーの大きさを見ることでも、トレンドの強弱が判断できます。

レンジ相場の環境認識

MACDは、トレンド相場だけではなくレンジ相場の環境認識にも利用できます。
MACDラインが中央に近いほど、レンジを形成していると判断できるでしょう。

上チャートのように、シグナルのラインが中央付近に推移したポイントがレンジ相場です。
また、緑のバーを見ると、大きなバーではなく比較的小さいバーが表示されていることが分かります。

緑のバーは相場の流動性を示しやすいため、以下のような判断が可能です。

・短いバーで推移→持ち合い相場のレンジ
・長いバーで推移→上下の激しく動くレンジ

バイナリーオプションの逆張りでは、後者の上下に激しく動くレンジ相場が有効となります。
同じレンジ相場であったとしても、MACDの動向から相場を分析しましょう。

また、仮に緑のバーが短い相場であったとしても、上下を何度も行き来している相場であれば、逆張りの強いレンジ相場であると判断可能です。

トレンドの転換点

MACDは、トレンドの転換点を分析する際にも有効です。
トレンドの転換時には、MACDが以下のような動きになります。

下降トレンドが発生している相場でしたが、トレンドが終了し上昇方向へ推移しています。
転換のタイミングでは、下方向を推移したMACDが中央の0ラインを更新しています。

トレンドの転換点では、MACDのクロスが発生しやすいです。
MACDがクロスした時点でトレンド相場の終わりになる可能性があり、レンジ形成や逆方向へのトレンド発生になる合図となります。

バイナリーオプションのMACD攻略手法

次に、バイナリーオプションでのMACD攻略手法について解説します。
MACDはレンジ相場・トレンド相場の両方で利用できますが、明確な手法がないとダマシに合う可能性が高いです。

MACDを使いたい方は、ぜひ以下の手法を参考にしてみてください。

トレンド後のレンジを狙う手法

最初に紹介するのは、トレンド後のレンジを狙った手法です。
MACDは明確なエントリーポイントではなく、相場の環境認識として使用します。

チャートを以下の設定で準備しておきましょう。

チャートの設定方法
  • ローソク足:5分足表示
  • 表示するインジゲーター:ストキャスティクスデフォルト表示、MACDデフォルト表示

サブチャートに二つのインジゲーターを表示すると見にくくなるという方は、チャートを分けて表示しても良いでしょう。

MACDでは使い方で紹介した、トレンドの転換するポイントを分析していきます。
5分足で表示させてトレンドが出現していないかを確認しましょう。

その後、トレンドが落ち着いてきたらエントリーの準備をします。

エントリーポイントの根拠を、以下の3つで見ていきます。

①MACDがクロスした後の相場
②ストキャスティクスが上限・下限いずれかで反応
③下降トレンドが終了してローソク足が陽線を形成したポイント

下降トレンドを例にすると、①のようにトレンドが終了しMACDがクロスしたポイントに絞りましょう。
その後、ストキャスティクスが反応したローソク足の出現で、逆張りのローエントリーです。

下降トレンドが落ち着いた後に、下落方向でストキャスティクスが反応することもありますが、トレンド継続のサインになりやすいので、必ずトレンドとは逆に相場が進んだポイントを狙いましょう。

判定時間は5分エントリーで行い、仮に負けたとしても追わないようにしてください。

持ち合い相場からのトレンド発生を狙った順張り

次に紹介するには、持ち合い相場からのトレンド発生を狙った順張り手法です。
チャートは以下の設定で準備をしておきましょう。

チャートの設定方法
  • ローソク足:1分足表示
  • 表示するインジゲーター:MACDデフォルト表示

MACD以外には、表示するインジゲーターはありません。
本手法では、持ち合い相場という流動性の低下したポイントを狙っていきます。

上図を見ると、ローソク足とMACDともに横ばいで推移している事が分かります。
また、ローソク足のサイズは小さい状態です。

取引量の少ない相場で出現しやすい停滞した相場を持ち合い相場と言い(保ち合い相場とも言う)、トレンドが発生する前兆になりやすいです。

しかし、この時点でどちらの方向にトレンドが発生するかは分からないので、チャートの高値と安値の両方には基準となるライン(水平線)を引いておくと良いでしょう。

矢印のポイントで、順張りのローエントリーを狙っていきます。
エントリーの根拠は以下の通りです。

・ローソク足→停滞した相場の出現後に直近安値をブレイク
・MACD→中央のラインを下回って下方向に推移したポイント

トレンドの前兆が見えたポイントで、流れに逆らわないエントリーをする流れです。
1分足で分析を行いますが、判定時間は10~15分程度の長め判定で狙うようにしてください。

直近の高安値にタッチしたポイントではなく、明確にラインを更新したポイントが狙い目となります。

ダイバージェンスを狙った逆張り

最後に紹介するのは、MACDのダイバージェンスを狙った逆張りです。
チャートは以下の設定で準備をしましょう。

チャートの設定方法
  • ローソク足:1分足表示
  • 表示するインジゲーター:
    MACDデフォルト表示
    RSIデフォルト表示

MACDと一緒に、オシレーター系指標であるRSIもデフォルトで表示させていきます。

こちらも、サブチャート上に2つのインジゲーターを表示させるので、見にくい方はチャートを分けた方が良いでしょう。

本手法では、インジゲーターとローソク足の逆行現象であるダイバージェンスを狙っていきます。

チャートを見ると、ローソク足は安値更新の下降トレンドを形成しているのに対して、MACDは切り上がりとなっている事が分かります。

このような逆行現象をダイバージェンスと言い、相場の転換を狙った逆張りに有効です。

エントリーと書かれた〇のポイントで逆張りを狙います。
MACDとRSIの両方で切り上がりのダイバージェンスが出現しているポイントです。

2つの根拠を入れることで、トレンド転換をより高い精度で狙う事ができます。
判定時間は5~10分程度で狙っていきましょう。

MACDを使う際に注意すべきポイント

MACDは、エントリーの精度を高めたい方に最適なインジゲーターですが、弱点も多いので注意しなくてはいけません。

以下で、弱点や使用する際のポイントを紹介するので、MACDでバイナリーオプションを攻略したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

トレンド発生時のダマシが多い

MACDは、トレンド相場で特有のダマシ発生が多いインジゲーターです。

まず左側の相場で上昇トレンドが発生している事が分かります。
その後、トレンドが一時的に落ち着いてMACDのラインがクロスをしました。(黒い〇のポイント)

しかし、クロス後に転換することはなく、相場は再度上昇に転じてダマシとなります。
トレンド相場では、一時的な反発を見せる押し目・戻り売りが発生しやすいです。

そのため、MACDでトレンド転換を予想したとしても、トレンドの継続によるダマシに合う可能性があります。

瞬間的な反発を予想しにくい

MACDは、オシレーター系の指標に分類されますが、瞬間的な反発は予想しにくいです。
オシレーターには、RSIやストキャスティクスといったものがあります。

RSIやストキャスティクスでは、直近価格に対して相場が買われすぎか売られすぎかを判断できます。

しかし、MACDでは移動平均線が計算式に用いられている事から、買われすぎや売られすぎを判断できません。

瞬時の反発を予想しにくいため、30秒や1分といった短期判定に不向きです。
相場の大まかな方向感を分析する際や、長期判定で用いるものとなります。

トレンド系指標との相性が良くない

MACDは、トレンド系の指標とはあまり相性が良くないといった弱点があります。

そもそも、MACDには移動平均線が計算式に用いられているため、チャート上に移動平均線を表示させても、根拠が被る可能性があるのです。

また、ボリンジャーバンドなどのトレンド系指標と併用しても、MACDとボリンジャーバンドの両方でトレンドの強弱を判断する事になります。

相場の環境認識に複数のインジゲーターで分析するのは効率が悪いので、併用する際はオシレーター系指標の方がおすすめです。


今すぐ無料で試してみよう♪↓↓
バイナリーオプションのでも取引はこちら

\\10秒で始められる!/

ハイロートレーダー待望のサインツールが完成!

ハイロー取引で勝てない、分析の仕方がわからない人も多いだろう。
朗報だ。
バイナリーオプション攻略の最終兵器【幕末サインツール】が販売中だ。

\ ハイロー取引完全対応 /

サインが出たタイミングでエントリーするだけ!
パソコンさえあれば導入も簡単よ。

数量限定で販売中よ!
是非試してみてね。

トレーダー必見!幕末ライン@提供開始

バイナリーオプショントレーダーに朗報です。

幕末バイナリーオプションでは、トレーダー攻略情報提供のため幕末ライン@を開設しました。

幕末ライン@では、バイナリーオプション攻略情報だけでなく、バイナリーオプション攻略ツールや業者のボーナスキャンペーン情報を不定期で発信しています。

友達になっておけば、攻略に役立つツールやお得なボーナスの情報をいち早く入手できるぞ。

私達と一緒にバイナリーオプションを攻略しましょう。
友だち登録よろしくね。

この記事を書いた人

会社員でありバイナリーオプショントレーダーでもあるマサヒラでござる。自分が得たバイナリーの知識をアウトプットするだけでなく、バイナリーオプションについてもっと知ってもらい、これから始める人の参考になればとても嬉しいでござるよ!
"小学生にもわかるように"をモットーに、楽しく記事を執筆しておる!

運営者情報を詳しく見る

目次