MENU
幕末ライン@で攻略情報をGET

幕末ライン@では、バイナリーオプションで使えるサインツールを無料プレゼント中!

デモ取引を試してみよう
ハイローのサイドバナー用
  • 口座開設で5,000円ボーナス!
  • 海外バイナリー業者人気No.1
  • クレジットカードで簡単入金!
LINE@で幕末サインツール無料プレゼント中

バイナリーオプションのMT5おすすめ業者を解説【2024年最新版】

\ 5,000円キャッシュバック開催中 /

バイナリーオプションでは、別途プラットフォームを用意して分析するのが一般的です。
中でも、高機能分析ツールであるMT5は高い人気を誇ります。

本記事では、バイナリーオプションに利用できるおすすめMT5や選定のポイントについて詳しく解説していきます。

関連する人気記事をチェック!
目次

バイナリーオプションでMT5を選ぶポイント

MT5とは、ロシアのメタクォーツ社が開発した高機能為替プラットフォームです。

バイナリーオプションでは、同社の提供するMT4を使う方が多いですが、今後主流となるのはMT5です。

関連する人気記事をチェック!

上位互換ツールであるMT5は以下のような特徴があります。

MT5のメリット
MT5のデメリット
  • MT4よりも動作スピードが早い
  • 時間足が豊富
  • ミニチャートや経済指標表示などの独自機能が多い
  • 現在でも開発が進められている(MT4は開発終了)
  • カスタムインディケータは少なめ

MT4に比べて高水準の環境で分析できることから、バイナリーオプションでの取引も有利に行えます。
しかし、MT5を利用するためにはMT5を提供している海外FX業者のアカウントを解説する必要があります。

デモアカウントがあれば稼働できるため、無料で使用することが可能です。

ただし、MT5という大枠は一緒でも、提供するFX会社によって若干の違いがあります。
まずは、MT5を使うために必要となるFX会社の選定ポイントについて見ていきましょう。

通貨ペア数で選ぶ

MT5を使用する際は、各FX会社の通貨ペア数に注目しておきましょう。
海外FXでは、各社によって通貨ペア数が異なります。

MT5も提供するFX会社によって、通貨ペア数が異なります。
バイナリーオプションで取引したい銘柄の対応をしていない可能性があるので注意しましょう。

現在は、様々な海外バイナリーオプション会社がありますが、バイナリーオプションの会社によっても銘柄数が大きく変わります。

ハイローオーストラリアやザオプションなどの会社は、メジャー通貨のみの取り扱いとなっているので、基本的にはどのFX会社のMT5を選択しても問題ないと言えるでしょう。

しかし、BubingaやBi-winningのように、仮想通貨や株式、株価指数を豊富に扱っている会社では、MT5で特定銘柄の表示ができない可能性があります。

提供するFX会社の銘柄が、取引をしたいバイナリーオプション会社で扱っているかどうかは事前に把握しておきましょう。

土日に対応しているかどうか

近年のバイナリーオプション会社では、土日の取引に対応している会社も多いです。

土日の取引に対応しているバイナリーオプション会社

仮想通貨は土日でも市場が動いているので、一部の会社では土日でも取引ができる仕組みです。

MT5は各FX会社によって提供されていますが、FX会社でも土日の取引に対応している会社と非対応の会社に分かれているので注意です。

土日の取引に対応していない会社は、MT5も稼動しておらず分析ができません。

もしも、バイナリーオプションの取引を土日に行いたいという方は、土日に対応しているMT5を提供する会社を選択しましょう。

採用しているサーバーのスペック

MT5を選択する際は、各FX会社の採用しているサーバーのスペックを見てあげると良いです。
FX会社では、同じMT5というプラットフォームを提供しているにしても、値動きに若干の違いがあります。

値動きの違いは、各社で採用しているサーバーが異なることから起きる現象です。
スペックの低いサーバーを採用している会社では、相場の急変動時に値動きが追い付かない可能性があります。

バイナリーオプションの分析用としてMT5を使っているのに、値動きの反映が遅れてしまっては意味がありません。

値動きの反映が遅れにくいかどうかは、各社の約定力を見てあげると良いです。
約定力が高い会社ほど値動きのズレが発生しにくい会社であると判断できます。

バイナリーオプションにおすすめのMT5

前述した選定ポイントを踏まえたうえで、バイナリーオプションにおすすめのMT5を紹介していきます。

なお、バイナリーオプションの分析をするだけであれば、MT5はデモ口座のみで問題ないです。
FX取引をするわけではないので、リアル口座を開設する必要はありません。

以下を参考にして、自身の取引スタイルに最適なバイナリーオプション会社を選択していきましょう。

各表内の約定力は低・中・高の3段階で独自に評価しておるぞ。

約定力が高い会社ほど、急変動時でも値動きの反映遅れが少ない会社と捉えてください!

Exness

プラットフォームMT4、MT5
通貨ペア127銘柄
仮想通貨11銘柄
株式31銘柄
株価指数13銘柄
土日の取引対応
約定力

Exnessは、豊富な通貨ペアを扱っている海外FX業者です。
外国為替の銘柄数は127銘柄とかなり多く、マイナーな通貨の分析にも適していると言えるでしょう。

海外バイナリーオプションの会社によっては、メジャー通貨ペアだけではなく、流動性の低いマイナー通貨を扱っている会社も多いです。

Exnessであれば、ほとんどの外国為替を網羅しているので、外国為替中心でMT5を使いたい方に適していると言えるでしょう。

また、仮想通貨銘柄も扱っており土日に対応していますが、日本円とのペアなども多いため、ビットコインやイーサリアム以外の通貨での分析には適していません。

FXGT

プラットフォームMT4、MT5
通貨ペア55銘柄
仮想通貨41銘柄
株式50銘柄
株価指数13銘柄
土日の取引対応
約定力

FXGTは、バイナリーオプションで仮想通貨・株式の取引をしたい方に適しています。
プラットフォームは、MT4とMT5の2つを提供しています。

仮想通貨・株式共に50種類以上の銘柄を取り扱っており、仮想通貨は土日の取引にも対応しています。
FXGTは海外FX中でも、取り扱い銘柄の追加に積極な会社です。

一部のバイナリーオプション会社でも様々な仮想通貨銘柄が続々と追加されていますが、FXGTであれば新規銘柄にも対応できる可能性が高いと言えるでしょう。

AXIORY

プラットフォームMT4、MT5、ctrader
通貨ペア62銘柄
仮想通貨なし
株式157銘柄
株価指数10銘柄
土日の取引非対応
約定力

AXIORYでは、MT5に加えてMT4やcTraderを提供している海外FX会社です。
cTraderは、プラットフォームの中ではマイナーですが、動作スピードの早さや板情報の閲覧ができるなど、幅広い取引に適しています。

詳しくは、cTraderを使ったバイナリーオプション攻略法記事で解説しているぞ。

AXIORYの特徴は、豊富な株式を提供しているという点にあります。
米国を中心に157もの銘柄を扱っており、MT5での表示も可能です。

Bi-winningやBuingaといった会社で豊富な株式をMT5で分析したいという方に適していると言えるでしょう。

その反面、仮想通貨の取り扱いはなく、土日の取引にも対応していません。
外国為替はメジャー通貨を中心に扱っているので、MT5で為替や株式をメインに取引する際に使用してみてください。

XM Trading

プラットフォームMT4、MT5、
通貨ペア55銘柄
仮想通貨31銘柄
株式なし
株価指数24銘柄
土日の取引対応
約定力

XMは、海外FXで日本人人気No1の会社です。
銘柄数は特筆したものがありませんが、全ての銘柄でバランスよく扱っています。

通貨ペア数は55銘柄とメジャー通貨中心のため、通常の海外バイナリーオプションで取引する分には問題ないでしょう。

また、株価指数も有名どころを扱っているので、ハイローオーストラリアやザオプションといったメジャー通貨中心のバイナリー会社での分析に適しています。

仮想通貨は31種類扱っており、土日にも対応しているので、仮想通貨メインで分析したい方にもおすすめできます。

ただし、株式の銘柄は一切扱っていないので注意してください。

TitanFX

プラットフォームMT4、MT5、
通貨ペア60銘柄
仮想通貨35銘柄
株式100銘柄
株価指数21銘柄
土日の取引非対応
約定力

TitanFXは、強固なサーバーを適している事から、MT5・MT4共に動作スピードの早さに定評があります。
変動幅の荒い通貨や流動性の低い通貨での取引に適している会社です。

値動きの反映も他社に比べて早いので、バイナリーオプションのような短期売買に適していると言えるでしょう。

銘柄数は、通貨ペア60種類、株価指数21種類と平均以上の水準です。
株式の扱いは多く、100銘柄とアメリカを中心とした大手企業の銘柄で分析ができます。

変動の激しい銘柄で取引したい方や、株式中心にバイナリーオプションの取引をしたい方に最適と言えるでしょう。

仮想通貨は35銘柄の取り扱いですが、土日の取引には対応していないので注意してください。
TitanFXのMT5で土日に仮想通貨を表示させても、値動きが反映されません。

FXCM社はMT5非対応

海外バイナリーオプション業者は様々な会社がありますが、多くの方は人気No1のハイローオーストラリアを使っている傾向です。

そんなハイローオーストラリアでは、FXCM社のレートを参考にしていると公表しています。
しかし、FXCM社はMT4のみの提供でMT5は提供していません。

FXCM は MetaTrader 5 を提供していますか?
現在、FXCM は MetaTrader 5 プラットフォームでの取引を提供していません。 

引用元:FXCM公式サイト

公式サイト上でもMT5は対応していないと明記されており、より近いレートで分析するにはMT4を利用するほかありません。

大まかな価格動向はどのMT5でも同様に表示される

バイナリーオプションでは、ハイローオーストラリアとFXCM社の関係のように、参考レートを公表している会社のMT5を使うと良いと考える方が多いです。

しかし、どの会社のMT5を使っても価格動向に大きなズレが生じることは少ないと言えるでしょう。

A社ではローソク足が陰線、B社ではローソク足が陽線だったという現象は基本ありません。
ローソク足の形状や大きさの若干の違いは見られる場合もあります。

そのため、本記事で紹介した銘柄数、土日対応、動作スピードなどから使いたいMT5を判断すると良いです。

ただし、各バイナリーオプション業者の取引画面と各FX会社のMT5では、通貨価格の数値が同一になることはほとんどありません。

各社で異なるサーバーを採用していることから、完全に一致した数値のMT5はないです。
MT5は価格変動の分析を行うツールとして使用し、明確な価格の数値は各バイナリーオプション会社のプラットフォームから確認をしましょう。

ハイロートレーダー待望のサインツールが完成!

ハイロー取引で勝てない、分析の仕方がわからない人も多いだろう。
朗報だ。
バイナリーオプション攻略の最終兵器【幕末サインツール】が販売中だ。

\ ハイロー取引完全対応 /

サインが出たタイミングでエントリーするだけ!
パソコンさえあれば導入も簡単よ。

数量限定で販売中よ!
是非試してみてね。

トレーダー必見!幕末ライン@提供開始

バイナリーオプショントレーダーに朗報です。

幕末バイナリーオプションでは、トレーダー攻略情報提供のため幕末ライン@を開設しました。

幕末ライン@では、バイナリーオプション攻略情報だけでなく、バイナリーオプション攻略ツールや業者のボーナスキャンペーン情報を不定期で発信しています。

友達になっておけば、攻略に役立つツールやお得なボーナスの情報をいち早く入手できるぞ。

私達と一緒にバイナリーオプションを攻略しましょう。
友だち登録よろしくね。

この記事を書いた人

会社員でありバイナリーオプショントレーダーでもあるマサヒラでござる。自分が得たバイナリーの知識をアウトプットするだけでなく、バイナリーオプションについてもっと知ってもらい、これから始める人の参考になればとても嬉しいでござるよ!
"小学生にもわかるように"をモットーに、楽しく記事を執筆しておる!

運営者情報を詳しく見る

目次