MENU
ハイローのサイドバナー用
  • 口座開設で5,000円ボーナス!
  • 海外バイナリー業者人気No.1
  • クレジットカードで簡単入金!
サインツールでハイローを攻略!
幕末サインツールの画像

バイナリーオプション専用!幕末サインツールで安定して勝つ!

幕末ライン@で攻略情報をGET

幕末ライン@では、バイナリーオプションのツールや攻略情報を無料で発信中!

友達登録してトレーダー必見の情報を受け取ろう

【完全無料】バイナリーオプションのデモトレードを試す

ハイローオーストラリアのレート遠隔操作の実態【判定がズレる?おかしい?】

\ 5,000円キャッシュバック開催中 /

ハイローオーストラリアはレート操作をしているという噂が気になっている人は多いです。

本当にレート操作をしていれば、利益を得るのは難しくなります。
実態を確認して、安心取引をしたいと思うのは当然です。

本記事では、ハイローオーストラリアのレート操作の噂や、真相について詳しく解説していきます。

目次

ハイローオーストラリアでレート操作が噂される理由

ハイローオーストラリアの取引は、FXと違って会社と顧客が1対1で取引を行う構図です。

FX取引
ハイロー取引
  • 為替の市場からFX業者を通じて顧客が取引を行う
  • ハイローオーストラリアの提示するレートを元に顧客が取引を行う

FXの場合は明確な市場があるので、レート操作はできないとされています。

しかし、ハイローオーストラリアのようなバイナリーオプションは、業者側が提示したレートを元に取引するので、会社側の思惑で不正を行うことが事実上可能です。

ハイローオーストラリアで不正なレート操作が出たという噂の数々は、上記のような取引の仕組みが原因で出ている噂となります。

現に過去には、不正なレート操作を行って顧客を負けさせる悪質な会社も多く存在していたぞ。

不正なレート操作をする会社はすぐに悪い口コミが広まり破綻する傾向ですが、長きに渡って日本でのサービスを展開するハイローオーストラリアも、一部ではレート操作の噂が絶えません。

過去には不正操作のデマ記事が出たことも

2021年4月ごろに、ハイローオーストラリアでは価格を不正操作しているという記事が拡散されたことがあります。

不正操作による記事の内容

ハイローオーストラリアや、FX業者のXM・TitanFXなどが、日本人向けプラットフォームで不正に価格操作をしているとの内容。

本記事が出た当初は、SNSやネット上が荒れてしまいました。

しかし、本記事の内容は出どころが不明な点や、情報更新されていない点、ソースがないなどの理由ですぐにデマ認定されています。

ハイローオーストラリアと共に名指しされた海外FXで人気No1のXMも事実無根との声明を出したことで話題となりました。

しかし、悪質なデマ記事であっても、マイナスなイメージを与えるきっかけになったことは事実です。
バイナリーオプション・海外FX=悪という印象を植えつけてしまったことで、現在でも根強く不正操作の噂が多い傾向にあります。

ハイローオーストラリアのおかしいレート操作に関する口コミ

X(旧)ツイッターから「ハイローオーストラリアがレート操作しているのでは」というポストを集めてみました。

高勝率が無意味

過去のデータを取って高勝率なのに無意味というツイートです。

どのようにデータを取ったかはわかりませんが、せっかくの高勝率の手法がリアルで機能しなかったことへのツイートだと思います。
デモでは勝てた手法が、リアルのレート操作で負けたという内容ではないでしょうか。

デモだと勝てるがリアルだと負けるという声はよく聞かれます。

しかし、今回のツイートは高勝率という言葉を利用していました。
どのような回数のデータで勝率を計算したかはわかりません。

高勝率だったにも関わらずリアルのレート操作で負けたのならば怒りを覚えるのは当然です。

レート操作の疑い

レート操作を疑う軽いツイートもありました。

何を見てレート操作と感じたかはわかりませんが、ツイートをされています。
ツイッターで噂をしている人は多くいますが、どうしてそう感じたかを説明せずツイートする人も多く見られました。

なにかしらの根拠があり、ハイローオーストラリア側に文句を言われない準備(証拠)があるかわかりません。
簡単にツイートする人もいるので、詳しく説明していない人の意見は、話半分で聞くことをおすすめします。

終了間際にレート操作が入る

前向きなツイートに見えますが、ハイローオーストラリアのレート操作を疑っています。

レート操作が入るとハッキリ言われています。
操作されてドローになるということです。

おそらく、ハイローオーストラリアがAIを利用してレート操作を実行していると考えているのではないでしょうか。

トレーダー1人ひとりのレート操作をスタッフが行うのは物理的に不可能です。
「微妙ならドローになるようシステムを組んで行っている」と、考えていることがわかります。

ハッキリ言われているので、何かしらの証拠を掴んでいるのかもしれませんが、その点は公表されていませんでした。

勝てるけどレート操作を認めている

「しっかりと分析すれば遠隔操作で負けることはない」というツイートもありました。

勝てるけど、ハイローオーストラリア側のレート操作を決めつけているツイートです。

遠隔操作とはどういうのを考えられているのでしょうか。
やはりシステム構築でしょうか。

レートが近ければドローで負けるような設定をしていると考えている人が多いようです。

デモとリアルの見比べ画像つき

ツイートの中に、リアルとデモを見比べている画像付きのものもありました。

確かに、確かにチャートが違うことがわかります。
あからさまな操作と言われていますが、この差で負けるのは「反発力のあるポイントを見つけていないから」という先ほどのツイートを思い出しました。

圧倒的なレート差を利用した手法ならば、問題のない差かもしれません。

ハイローオーストラリアのデモとリアルの違いは別記事でもまとめていますので、よければ御覧ください。

ハイローのレート操作はおかしいのかを調査してみた

ハイローオーストラリアがレート操作をしているかどうかを調査していきましょう。

ただしチャートの確定時間は、業者によって異なるので、同じ動きをしません。

ハイローオーストラリアのよくある質問では配信元をトレーダーに公表することでチャートの操作を疑われないようにしています。

HighLowの15分取引で調査

HighLowの15分取引をリアルとデモで見比べてみます。

数カ所リアルとデモで違うチャートを描いています。

さらにトレーダース・チョイスも違う数値を示していました。
しかし、本当に若干です。

ツイッターで噂されるような決定的な証拠とは思えません。

負けたとしても、テクニカル分析が甘かったと思えるぐらいの誤差ではないでしょうか。

ハイローではなく、超短期取引で負けている人がレート操作を噂しているのかもしれません。
超短期取引のTurbo30秒も見比べてみます。

Turboの30秒取引で調査

Turboの30秒取引で見ていきます。

15分と同様に若干の違いがあるくらいです。

ハイローのチャートは、アップデートされており、昔と今では違う画面になっています。
以下は、昔のハイロー画面で、デモとリアルを見比べたものです。

ハイローオーストラリアのレート画像

昔のチャートでは、異なるポイントが多いように感じますね。
現在ではデモとリアル口座でのチャート乖離も少なくなってきています。

ツイートでの噂を見ていると、負けるようにリアル版だけ操作していると考える人が多いように思ったわ。

見比べて違うことはわかりましたが、それがレート操作の要因につながるかは疑問です。
「リアルでエントリーすることで、微妙な判定時にドローになると考えている人が多い」ように、ツイッターの噂を見ていると感じます。

ならば、MT4とハイローオーストラリアのリアルを見比べてみましょう。

FXCM社のMT4とハイローオーストラリアのリアル口座を調査

USD/JPYのFXCM社のMT4と、ハイローオーストラリアの画像です。

価格は、ハイローで149.351、FXCM社のMT4で149.343と大きく異なりますね。

チャートで見ても細かい動きに反応しているので、MT4との違いはないと判断ができます。

過去のハイローチャートとMT4チャートで確認

ハイローオーストラリアのチャートは今と昔では仕様が変わっています。
念のため昔の例も見てみましょう。

ハイローオーストラリアとMT4
  • ①:ロウソク足は上下にヒゲのある上昇です。ハイローオーストラリアのチャートをロウソク足に直すと、下ヒゲは出現しないように見えます
  • ②:ロウソク足とハイローオーストラリアのチャートは下ヒゲだけが付いているので、概ね同じことがわかります。
  • ③:ロウソク足の下ヒゲが若干足りないように見えます。

レートの価格も違いますが、概ねMT4と同じ値動きをしていました。
2つのMT4と見比べましたが、今も昔もレート操作をしているようには見えません。

関連する人気記事をチェック!

レート操作が噂される原因

ハイローオーストラリアが意図的に不正なチャート操作をしているとは考えにくいです。
しかし、MT4やデモと見比べると、多少のズレが生じるのは少なからずあり得る話と言えるでしょう。

以下では、ハイローオーストラリアで遠隔操作があると噂される原因について解説します。

デモとリアル口座ではサーバーが異なる可能性

デモ口座とリアル口座でチャートに若干の違いがあるのは、それぞれで異なるサーバーが採用されている可能性があります。

取引量の違いでサーバーにかかる負荷がことなり、チャートを変化させているのならば理由が通るのではないか。

デモ口座はあくまでも練習用の口座であるため、本口座のように取引量が活発になることはありません。
しかし、リアル口座では一部時間帯や銘柄次第で取引量が活発になるケースがあります。

注文が多くなれば、処理するサーバーに負担がかかり、遅れるのは当然です。

サーバーを強化すれば大量な注文も無難にさばけますが、サーバーの維持費が上がるので、経費を削減しなくてはいけません。

「ペイアウト率」「ボーナスの付与」「デモ口座の削除」「電話サポートの削除」など、何かしらのサービスを削ることで、経費は捻出できるはずです。

しかし、毎回レートずれるわけではありません。
取引が盛んな時間帯だけで、他はスムーズな取引がされています。

ほんの数時間のために、常に強化されたサーバーをレンタルするのは無駄な経費です。
ペイアウト率など、サービスを低下させてまでやることではありません。

ずれる原因の1つにサーバーが関係していると言えそうね。

だからと言って、レートを操作しているとまでは言えないけどな。

スプレッドの発生

ハイローオーストラリアではHighLowやTurboにスプレッドの付く取引形態があります。

スプレッドと付いた取引でしかスプレッドはつかないと考えられがちですが、実は通常のHIghLow取引でもスプレッドが出るケースもあるのです。

スプレッドが付くケース
  • 相場変動の激しいポイント
  • トレーダーの注文が集中するポイント
  • 1つのエントリーポイントに金額が集中しているポイント

上記のポイントでは、スプレッドが付いてレート操作のように感じる場合があります。

約定の集中を避けるため、あまり手法などは口外しない方が良いと言えるでしょう。

トレーダー側の問題の可能性

ハイローオーストラリアのレートがトレーダー側の問題でずれることもあります。

トレーダー側の問題でチャートが変わるケース
  • 使用しているパソコンやスマホのスペックが低い
  • ネット環境が不安定なケース

利用しているパソコンのスペックが低いと、チャートがずれます。

MT4やハイローオーストラリアの同時利用はCPUも大変です。
負荷が多くかかり、処理スピードに影響がでます。その結果、ずれが生じてしまいます。

パソコンのスペックが低い場合は、ハイローオーストラリアをスマホで開くなど、別の端末を利用してみましょう。

また、パソコン本体ではなく、ネット環境が不安定でずれる場合も考えられます。

自宅がWi-Fiを利用している場合、家族がスマホでYouTubeを見ていると負荷かかかるのは当然です。

自宅のネット環境も確認をしておきましょう。
新たに回線を引くか、Wi-Fiの接続を家族に止めてもらうしか方法はありません。

ハイローオーストラリアがレート操作をしていないと言える理由

ここまで、ハイローオーストラリアの遠隔操作についての噂を解説してきましたが、結論として悪質な操作はしていないと言えます。

遠隔操作をしていないと言える理由について、以下で詳しく見ていきましょう。

判定レートを公表している

ハイローオーストラリアでは、毎回の取引における判定レートを公表しています。

公式サイト上には、取引における時間やレートが随時更新されているので、トレーダーはチェックが可能です。

もしも、遠隔での操作をしているのであれば、実際の為替レートとの乖離をチェックすることで、裏付けが取れてすぐに指摘されてしまうのです。

判定レートの公表は、ハイロー側が操作をしていないという裏付けになると言えるでしょう。

ハイローが二者択一の取引であること

ハイローオーストラリアは、為替のレートが上がるか下がるかを予想する二者択一の取引です。
相場状況や銘柄によっては、ハイエントリーしている方もいればローエントリーしている方もいます。

仮に、ハイエントリーをして遠隔操作により負けた方がいるのであれば、同じ判定でローエントリーしている方は勝っていることになるでしょう。

ハイローオーストラリアは、トレーダーの負けが会社の利益となる仕組みですが、遠隔操作をしたとしても、裏で勝てているトレーダーがいるのであれば、特に操作するメリットはないと言えるでしょう。

取引をしていると、MT4上では負けているのにハイローでの取引は勝っていたというケースもあります。

バイナリー業界で長い実績を誇る

日本で海外バイナリーと言えばハイローオーストラリアと言われるほど、ハイローは実績のある会社です。

これがもし、遠隔操作を頻繁に行う会社であれば、現時点でハイローオーストラリアは存続していないと言えるでしょう。

遠隔操作しているという噂は、ハイローで勝てていない人が流している傾向だ。

そもそも、遠隔操作をしていると断言するのであれば、即座にハイローの取引を辞めればいいだけです。
悪い噂を流している方の中には、ハイローにマイナスなイメージを植えつけることが目的として、他の投資案件に流入させようとする方もいます。

ハイローの判定がおかしいと感じた時の対策

ハイローオーストラリアでは過去にレート操作ではなく、システムエラーによりチャートが動かなくなる、判定がおかしくなるという事例がありました。

・エラーを利用して荒稼ぎした人→利益没収
・エラーと気づかずに負けた人→返金

ハイローオーストラリア側の過失であったため、上記のような対策が取られています。
明らかなサーバーエラー時は、取引を取りやめるのが最善です。

ハイローの復旧を待つようにしましょう。

しかし、少しのズレやサーバーエラーか分からない状態で、「レート操作をしている!」や「判定がおかしい」と感じた時は、次の対策を行ってください。

判定時刻の長い取引をする

ハイローの判定がおかしいと感じる方は、短い判定での取引している傾向です。
30秒や1分の取引では、変動幅が小さく判定がおかしいと感じる方も多いでしょう。

ハイローオーストラリアでは、5分や15分といった長めの判定時間も提供されています。

短期の判定に比べて高い勝率も見込めるので、短期ではなく長期判定メインで活用すると良いでしょう。

ボラティリティの高い時間に取引をする

エントリーと判定時刻のレート差をだすために、ボラティリティの高い時間で取引をしましょう。

ツイートなどの噂を見ると、微妙な判定で引き分けにされるという内容がありました。
ならば市場の開いている時間帯など、ボラティリティが高くなる時間で取引をするべきです。

長い取引時間と、ボラティリティの2つを意識して取引を行いましょう。

関連する人気記事をチェック!

今すぐ無料で試してみよう♪↓↓
バイナリーオプションのでも取引はこちら

\\10秒で始められる!/

ハイロートレーダー待望のサインツールが完成!

ハイロー取引で勝てない、分析の仕方がわからない人も多いだろう。
朗報だ。
バイナリーオプション攻略の最終兵器【幕末サインツール】が販売中だ。

\ ハイロー取引完全対応 /

サインが出たタイミングでエントリーするだけ!
パソコンさえあれば導入も簡単よ。

数量限定で販売中よ!
是非試してみてね。

トレーダー必見!幕末ライン@提供開始

バイナリーオプショントレーダーに朗報です。

幕末バイナリーオプションでは、トレーダー攻略情報提供のため幕末ライン@を開設しました。

幕末ライン@では、バイナリーオプション攻略情報だけでなく、バイナリーオプション攻略ツールや業者のボーナスキャンペーン情報を不定期で発信しています。

友達になっておけば、攻略に役立つツールやお得なボーナスの情報をいち早く入手できるぞ。

私達と一緒にバイナリーオプションを攻略しましょう。
友だち登録よろしくね。

この記事を書いた人

会社員でありバイナリーオプショントレーダーでもあるマサヒラでござる。自分が得たバイナリーの知識をアウトプットするだけでなく、バイナリーオプションについてもっと知ってもらい、これから始める人の参考になればとても嬉しいでござるよ!
"小学生にもわかるように"をモットーに、楽しく記事を執筆しておる!

運営者情報を詳しく見る

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次