MENU
幕末ライン@で攻略情報をGET

幕末ライン@では、バイナリーオプションで使えるサインツールを無料プレゼント中!

デモ取引を試してみよう
ハイローのサイドバナー用
  • 口座開設で5,000円ボーナス!
  • 海外バイナリー業者人気No.1
  • クレジットカードで簡単入金!
LINE@で幕末サインツール無料プレゼント中

ザオプションの引き分け(ドロー・同値)返金に注意!負け判定の場合も!

ザオプションのアットザマネー

\ 5,000円キャッシュバック開催中 /

バイナリーオプションでは引き分け(同値決済)になることが良くあり、引き分けは「アットザマネー」と呼ばれます。

アットザマネーになった場合、ほとんどの業者では判定は「負け」となりますが、ザオプションには例外があるようです。

ザオプションの取引における引き分けの判定方法と、ザオプション以外の業者の引き分け判定方法について分かりやすく比較・解説していきます。

目次

ザオプションのHIGH/LOW取引は引き分けで返金

ザオプションのアットザマネーの返金方法

ザオプションのアットザマネーの判定方法は次の通りです。

ザオプションでは、短期取引のアットザマネーは購入額没収、HIGH/LOW取引では購入額が返金されます。

バイナリーオプションにおける引き分けの定義を確認しておきます。

バイナリーオプションのおけるアット・ザ・マネーとは、購入時の市場価格と判定時の市場価格が等しく、引き分け状態にあることを指します。

ほとんどのバイナリーオプション業者では、引き分けは負け判定でござる。

「ザオプションは引き分けで返金されるからおすすめ!」

といった内容の記載だけがあるザオプションの紹介サイトがあります。

しかしたとえ引き分けであっても、上述したようにザオプションの短期取引を利用していた場合には購入した分の資金は没収となります。

ザオプションの公式サイトから「よくある質問」を確認すると、引き分けに関して以下の内容を見つけることができます。

短期取引ではアット・ザ・マネー判定時は購入額が回収されます。HIGH/LOW取引では購入額が返金されます。

ザオプション公式サイト:よくある質問

引き分け判定の返金方法

ザオプションで引き分けになった!そんな場合にどのように返金されるのかを説明しておこう。

ザオプションのHIGH/LOW取引で引き分け判定になった場合、購入金額が即座にアカウント口座に返金されます。

ザオプションでアット・ザ・マネーになった場合に特にトレーダーがやるべきことはありません。

自動的にザオプションのアカウント口座に返金されている状態になるので、すぐに次の取引に進むことができます。

返金は即時反映されるわ!確認してから次の取引を始めましょう!

引き分け判定方法が異なる理由

ザオプションの引き分け判定方法が短期取引とHIGH/LOW取引で異なる理由について考察していきます。

短期取引は判定時刻までの時間が30秒や1分と短く、レートが変動する前にアットザマネーとなり取引が終了することも多いです。

引き分けはザオプションにとって何のメリットもありません。
ザオプションとしてはできるだけ引き分けを減らしたいと考えるのは当然でしょう。

ザオプションの短期取引、HIGH/LOW取引の判定時間を確認してほしい。

ザオプションの短期取引とHIGH/LOW取引の判定時間は以下の通りです。

ザオプションの取引方法ザオプションの判定時間
短期
スプレッド短期
30秒
60秒
2分
3分
5分
HIGH/LOW
スプレッドHIGH/LOW
5分毎
1日毎
ザオプション取引方法と判定時間

ザオプションでは短期取引とHIGH/LOW取引が提供されており、HIGH/LOW取引でのみ引き分け返金となっています。

表から分かる通り、HIGH/LOW取引は購入時からの判定時間が短期取引に比べて長いため、引き分けとなる確率が短期取引に比べて低くなります。

特に市場の相場が動かない時間帯や時期に短期取引をした場合には、相場が動く前に判定時刻となり、引き分けになる確率が高くなります。

引き分けで返金というルールによって勝率があがるため、トレーダーにとっては嬉しいものでござるよ。

海外バイナリーオプション業者の引き分け判定を比較

ザオプションのアットザマネーの判定方法

やっぱり引き分けは返金の方がお得よね!ザオプション以外の業者はどうなっているのかしら?

日本人トレーダーも多く利用している海外バイナリーオプション業者の引き分け判定方法を確認してみましょう。

業者名引き分け判定
ザオプション短期取引は負け
HIGH/LOW取引は返金
ハイローオーストラリア負け
Bi-Winning返金
ファイブスターズマーケッツHIGH/LOW取引は返金

ザオプションと同じくファイブスターズマーケッツではHIGH/LOW取引での引き分けを返金対応しています。

しかし、意外なことに、業界でも圧倒的な人気を誇るハイローオーストラリアは引き分けで負け判定となっています。

ハイローオーストラリアは引き分けが負け判定であっても、約定力の高さに人気があるのでござる。

引き分け返金でもハイローオーストラリアの人気が高い理由

引き分けで没収なのに、どうしてハイローオーストラリアが選ばれるのかしら?

  • 出金手数料がかかる
  • ペイアウト率でハイローに劣る

ザオプションは海外バイナリー業界ではハイローオーストラリアに次ぐ人気です。
単純に考えれば、返金がある業者を選んだほうが勝率を上げることができ、利益を上げやすいように思えます。

しかし、それでもザオプションがハイローオーストラリアを超えることができていません。

出金手数料がかかる

ハイローオーストラリア銀行送金:無料
ザオプション銀行送金:一律2,000円
bitwallet:出金額に対して4%
仮想通貨:無料

ザオプションの仮想通貨での出金は手数料無料ですが、仮想通貨ウォレット(取引所)から日本の銀行への出金に手数料を取られてしまいます。

ハイローオーストラリアの出金手数料は無料です。
しかし、ザオプションでは銀行送金で2,000円、bitwalletで4%の出金手数料がかかります。

手数料が取られてしまうのであれば、出金手数料が無料のハイローオーストラリアを利用するのは当然といえます。

口座レベルによっては出金が無料になるザオプションですが、それでもハイローオーストラリアは出金に関して一切の手数料がかからないという点で有利です。

ハイローオーストラリアにペイアウト率で劣る

ハイローオーストラリアは他社を寄せ付けない圧倒的なペイアウト率を誇ります。

ザオプションの取引で引き分け返金対応があったとしても、バイナリーオプション業者選びの最重要ポイントはペイアウト率です。

ペイアウト率でハイローを上回らない限り、ハイローオーストラリアの人気を超えることは難しいでしょう。

ザオプションを使うべきタイミングも

引き分けで返金になるザオプションを使うべきタイミングもあるでござる。

ザオプションはペイアウト率でハイローに劣るとはいえ、時間帯や時期によってはザオプションを利用すべきタイミングも存在します。

相場がほとんど動かない時期にはアット・ザ・マネーの確率が高くなり、ハイローとのペイアウト率の差を埋める可能性があります。

ハイローとザオプションのペイアウト率には差がありますが、差は大きくても5%ほどです。

引き分け判定の確率が高い一部の時期にはザオプション、通常期にはハイローオーストラリアという使い分けをすることで、勝率をさらに上げることができます。

取引時間、取引時期によってトレーダーにとって最も有利な業者を見極めることが大切なのでござる。

ザオプションで引き分けを回避する方法

ザオプションではHighLow取引でこそ引き分けで返金されますが、短期では返金になりません。
また、仮にHighLowでも引き分けで勝ちになるわけではないので、できるだけ同値は避けたいポイントです。

そこで以下では、ザオプションで引き分けを回避する方法を解説します。

値幅の大きい銘柄を狙う

ザオプションで引き分けを回避するには、値幅の大きい銘柄を狙うと良いです。

ザオプションで取引できる値幅の大きな銘柄
  • ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨
  • GOLD
  • ポンド関連銘柄

上記のような銘柄に絞って狙うと、引き分けになりにくいです。
相場変動が激しいことから、値幅も大きく抜ける可能性もあり、勝てる場合は余裕を持った取引になるでしょう。

USD/JPYなどの流動性が高い通貨やAUD/NZDなどの相関性がある通貨は値幅が抜けにくく、相場次第では引き分けを招く可能性もあります。

値幅の大きい銘柄は約定拒否が発生する場合もあるので、取引する際は充分注意してください。

関連する人気記事をチェック!

夕方~夜の時間帯を狙う

ザオプションで引き分けを避けるには、時間帯を意識しましょう。

おすすめの時間帯
  • 夕方
  • 経済指標後、マーケットオープン前後など

夕方~夜はヨーロッパ市場やニューヨーク市場の開場となるため、市場に資金が入りやすいです。

そのため、必然的に大きな相場変動に繫がります。

日中や深夜、早朝の時間帯は市場参加者が少ないため、各通貨でそこまで大きな変動にならず引き分けになる可能性も高いので注意しましょう。

関連する人気記事をチェック!

レンジ相場よりもトレンドを狙う

ザオプションで引き分けを回避するには、レンジ相場よりもトレンド相場を狙った方が良いです。

レンジ相場→価格が一定の幅で行き来する相場
トレンド相場→価格が上昇、下降の一方方向に進む相場

どちらも逆張りの例ですが、トレンド相場の方が大きな値幅を抜きやすいです。

レンジ相場での逆張りではなかなか大きな値幅が抜けない可能性があります。

とは言えども、相場を絞るとチャンスも減ってしまうので、トレンド相場手法は各銘柄で狙い、レンジ相場では値幅を抜けた銘柄に絞るなどして取引をすると良いでしょう。

ハイロートレーダー待望のサインツールが完成!

ハイロー取引で勝てない、分析の仕方がわからない人も多いだろう。
朗報だ。
バイナリーオプション攻略の最終兵器【幕末サインツール】が販売中だ。

\ ハイロー取引完全対応 /

サインが出たタイミングでエントリーするだけ!
パソコンさえあれば導入も簡単よ。

数量限定で販売中よ!
是非試してみてね。

トレーダー必見!幕末ライン@提供開始

バイナリーオプショントレーダーに朗報です。

幕末バイナリーオプションでは、トレーダー攻略情報提供のため幕末ライン@を開設しました。

幕末ライン@では、バイナリーオプション攻略情報だけでなく、バイナリーオプション攻略ツールや業者のボーナスキャンペーン情報を不定期で発信しています。

友達になっておけば、攻略に役立つツールやお得なボーナスの情報をいち早く入手できるぞ。

私達と一緒にバイナリーオプションを攻略しましょう。
友だち登録よろしくね。

この記事を書いた人

会社員でありバイナリーオプショントレーダーでもあるマサヒラでござる。自分が得たバイナリーの知識をアウトプットするだけでなく、バイナリーオプションについてもっと知ってもらい、これから始める人の参考になればとても嬉しいでござるよ!
"小学生にもわかるように"をモットーに、楽しく記事を執筆しておる!

運営者情報を詳しく見る

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次