MENU
ハイローのサイドバナー用
  • 口座開設で5,000円ボーナス!
  • 海外バイナリー業者人気No.1
  • クレジットカードで簡単入金!
サインツールでハイローを攻略!
幕末サインツールの画像

バイナリーオプション専用!幕末サインツールで安定して勝つ!

幕末ライン@で攻略情報をGET

幕末ライン@では、バイナリーオプションのツールや攻略情報を無料で発信中!

友達登録してトレーダー必見の情報を受け取ろう

【完全無料】バイナリーオプションのデモトレードを試す

ゼントレーダーは口座凍結に要注意!【垢BAN事例多数あり】

\ 5,000円キャッシュバック開催中 /

2018年からサービスを開始したゼントレーダーは、出金拒否などの悪評が多い業者です。

\ クリックして公式サイトにジャンプ /

また、口座凍結されるという口コミも多くあり、これまで多くのユーザーが凍結被害にあったという報告が挙がっています。

本記事では、ゼントレーダーの口座凍結というテーマで、凍結の要因や注意点について詳しく解説していきます。

目次

ゼントレーダーは理不尽な口座凍結がある業者?

ゼントレーダーは、SNSや掲示板で多くの口座凍結事例が報告されています。
口座凍結の内容やユーザー層は様々で、特別共通点があるようには感じられません。

また、凍結だけでなく理不尽な出金拒否事例も報告されており、多くのユーザーがゼントレーダーに対して不信感を抱いています。

口座凍結の概要やケースを口コミと共に見ていきましょう。

利益が出たら口座凍結されたケース

ゼントレーダーでは、利益が出たら凍結されるという口コミがとても多いです。

稼ごうと思ってバイナリーオプション取引をしているのに、少し利益が出ただけで口座凍結というのはかなり理不尽な話です。

海外バイナリー業者では稼ぎすぎると口座凍結になるという噂が良く流れますが、その中でもゼントレーダーは口コミを見る限り悪質な方であると言えるでしょう。

稼ぎすぎて凍結される主な理由
  • プロトレーダーのような第三者がアカウントを使用していると疑わている
  • バイナリー業者は勝てるトレーダーが多いほど儲けがなくなるので、口座凍結をして勝率の高いユーザーを減らしたい思惑

主に上記のような要因で、バイナリー業者は利益が出たユーザーの口座を凍結に追い込みます。

またゼントレーダーではトータル負け越しにも関わらず、徐々に勝率が上がってきたタイミングで口座凍結に合ったという報告もありました。

基準が不明なほか、ユーザー動向は無視で意図的な口座凍結をしている可能性があります。

不正取り締まりのための口座凍結の可能性

ゼントレーダーでは、以下のような取引を禁止しています。

ゼントレーダーで規約違反になる取引
  • 第三者によるアドバイスや解説を受けて取引をすること
  • インサイダー取引などの不正な市場操作をすること
  • 他者アカウントの不正利用や異なるユーザーの所在地を隠蔽すること
  • 自動売買ツールを使用した取引
  • アービトラージや、価格の遅延を狙った取引
  • 取引量に急激な変化やサーバーに負荷を与えるような超短期取引

上記のような取引は、ゼントレーダーだけでなく多くのバイナリー業者で禁止されている行為です。

バイナリーの業界では、禁止されていることを分かっていながら、投資助言のコンサルや自動売買ツールの販売をする悪質な専門業者もいます。

口座凍結に合ったユーザーの中には、不正取引ということを知らずに行ってしまったという方も一定数はいるでしょう。

しかし、ゼントレーダーの口座凍結報告はとても多いことから、多くのユーザーは理不尽に凍結されたと考えられます。

凍結されるならまだしも、出金拒否に合う被害も報告されているので、決して安全性が担保された会社とは言えないでしょう。

ゼントレーダー側が不正の濡れ衣を着せて意図的に口座凍結をさせているという可能性もあると言われています。

関連する人気記事をチェック!

ゼントレーダーの口座凍結は2種類

ゼントレーダーでは、主に以下2種類の凍結があります。

・完全凍結
・一部凍結

2つの違いについて見ていきましょう。

完全凍結

完全凍結とは、ゼントレーダーにおいて以下のような罰則を指します。

完全凍結の内容
  • 利益の一部、または入金額を含む全てが出金できなくなる
  • ゼントレーダーの全ての機能が利用できなくなる

ゼントレーダー全ての機能が使えなくなるほか、口座に入った資金(利益や入金額を含む)が出金できくなるケースがあります。

ゼントレーダーは1人につき1アカウントしか保有できないので、完全凍結をされてしまうと後から新規でアカウントを作成することはできません。

つまり、今後二度とゼントレーダーの利用ができなくなるということです。

完全凍結に合ったという事例は多く報告されています。高額の取引をするユーザーだけでなく、少しの利益を出した場合での完全凍結も報告されている傾向です。

完全凍結に合ったユーザーが利益だけでなく入金額までも出金できないという事例もあるので、リスクを考えるとゼントレーダーの利用は推奨できません。

一部凍結

完全凍結よりも軽い凍結として、一部凍結というものもあります。

本来ゼントレーダーでは上限10万円までエントリーができるため高額な利益が見込めますが、最大500円に制限されてしまえばほとんど利益を出すことはできません。

一部凍結は、1回のエントリー額がわずか500円に制限されます。

凍結の対象者に共通点は見当たらず、多くのトレーダーがこの一部凍結の被害に合っています。

また、完全凍結と一部凍結がどのような基準で行われているのかは一切分かっていません。

一部凍結は完全凍結と違って、出金は問題なく申請できるケースが多いです。

しかし、1回の上限が少ない点や1回の取引に対して複数エントリーができないデメリットを考えると、一部凍結されてまでゼントレーダーを利用する価値はありません。

口座凍結の解除方法

ゼントレーダーでの口座凍結解除方法は、未だ報告されていません。

一部では上のような口コミもありましたが、時間が経過してから口座が復活したというのはかなり稀なケースであると言えるでしょう。

・完全凍結→口座が完全に使えないので、以後ゼントレーダーでの取引はできない
・一部凍結→上限500円のエントリー制限のもと、ゼントレーダーが利用できる

完全凍結では一切ゼントレーダーでの取引ができなくなりますが、一部凍結では制限付きでの利用が可能です。

しかし、一部凍結の後に完全凍結されるという可能性も充分あり得るので、特にメリットはありません。

仮に今後凍結解除の情報が公表されたとしても、一部ユーザーのように理不尽な口座凍結に合うようであれば、継続して利用するのは控えた方が良いでしょう。

口座凍結+出金拒否もあり得る

完全凍結と一部凍結は、両方ともゼントレーダーにおける罰則に該当します。

凍結=ユーザー側に不正があったと認識されているため、同時に出金拒否をされる可能性があるのです。

ゼントレーダーでは、凍結の有無に関わらず理不尽な出金拒否情報が出回っています。

凍結と同様、全てのユーザーが本当に不正をしたのかは疑わしいため、理不尽な処置とも言えるでしょう。

口座凍結とセットで、入金額と利益が出金拒否に合うケースは多く報告されています。

現段階では悪評が多く信頼のおける会社とは言えないので、バイナリーオプション取引をしたい方は別の海外バイナリーオプション業社をおすすめします。

関連する人気記事をチェック!

今すぐ無料で試してみよう♪↓↓
バイナリーオプションのでも取引はこちら

\\10秒で始められる!/

ハイロートレーダー待望のサインツールが完成!

ハイロー取引で勝てない、分析の仕方がわからない人も多いだろう。
朗報だ。
バイナリーオプション攻略の最終兵器【幕末サインツール】が販売中だ。

\ ハイロー取引完全対応 /

サインが出たタイミングでエントリーするだけ!
パソコンさえあれば導入も簡単よ。

数量限定で販売中よ!
是非試してみてね。

トレーダー必見!幕末ライン@提供開始

バイナリーオプショントレーダーに朗報です。

幕末バイナリーオプションでは、トレーダー攻略情報提供のため幕末ライン@を開設しました。

幕末ライン@では、バイナリーオプション攻略情報だけでなく、バイナリーオプション攻略ツールや業者のボーナスキャンペーン情報を不定期で発信しています。

友達になっておけば、攻略に役立つツールやお得なボーナスの情報をいち早く入手できるぞ。

私達と一緒にバイナリーオプションを攻略しましょう。
友だち登録よろしくね。

この記事を書いた人

会社員でありバイナリーオプショントレーダーでもあるマサヒラでござる。自分が得たバイナリーの知識をアウトプットするだけでなく、バイナリーオプションについてもっと知ってもらい、これから始める人の参考になればとても嬉しいでござるよ!
"小学生にもわかるように"をモットーに、楽しく記事を執筆しておる!

運営者情報を詳しく見る

コメント

コメント一覧 (1件)

  • ZEN traderについて、ですが?これら本当に口座凍結してますか?
    バンバン利益出してますけど、まったくないですよ。これって単なる風評被害じゃないですか?

コメントする

CAPTCHA


目次